◎あちこち神社◎
topimage

2018-06

▼吉野水分神社-本殿▼ - 2018.06.20 Wed

吉野水分神社01-01

吉野水分神社01-02吉野水分神社01-03吉野水分神社01-04吉野水分神社01-05



ナナモリ(普b-01)s奈良吉野郡吉野町子守地区にある吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)です。

創建については不詳ですが当社に関する最も古い記録は、
「続日本紀」の文武天皇2年(698年)4月条に芳野水分峰神に馬を奉り祈雨したとの記述があり、
吉野山の上千本に鎮座する大和国四所水分社の一つとして、
葛城水分神社・都祁水分神社・宇太水分神社とともに古くから信仰されてきました。


2004年7月にはユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の一部として登録されました。


吉野水分神社01-10

吉野水分神社01-11吉野水分神社01-12吉野水分神社01-13吉野水分神社01-14


ナナモリ(楽2手2)s御祭神は天之水分大神(あめのみくまりのおおかみ)

配神として高皇産霊神・少名彦神・御子神・天津彦火瓊瓊杵命、
玉依姫命・天萬栲幡千幡比咩命を配祀しています。



延喜式神名帳では「大和国吉野郡 吉野水分神社」として記載され、大社に列し、
古くは吉野川の支流の源流となる吉野山の最奥部、
吉野町、黒滝村、川上村の境に位置する「水分 = 水配り」の地「青根ヶ峰」にあり、
現在の場所へは大同元年(806年)頃に遷座しました。


吉野水分神社01-15吉野水分神社01-16吉野水分神社01-17吉野水分神社01-18吉野水分神社01-22



吉野水分神社01-23


吉野水分神社01-06吉野水分神社01-08吉野水分神社01-09吉野水分神社01-24


ナナモリ(笑)s
平安時代中期からは「子守明神」と呼ばれるようになり、
神仏習合時代には水分神は地蔵菩薩(子守権現)の垂迹とされ、
金峰山の蔵王権現(金峯山寺)に属する神社として修験道の行場の一つとなっていましたが、
明治の神仏分離によって金峯山寺より独立し、村社に列格しました。


当社が子守の神とされるようになった事については、
「水配」が「みくまり」「みこもり」 「こもり」と転訛して子供を護る神 子供を授ける神になったと伝えられています。
また豊臣秀吉も当社を訪れ祈願したところ秀頼を授かったといわれ、
現在の社殿は慶長10年(1605年)に秀頼によって創建されたものです。



吉野水分神社01-25




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





スポンサーサイト

*吉野山を歩く・02* - 2018.06.15 Fri

吉野山02-01

前回の「吉野山を歩く01」の続きです。

吉野山の中心地である中千本から上千本へ続く街道は、
こんな感じに古い町並みが続いています(o´ω`o)いい感じです♪


吉野山02-02

この街道沿いにも世界遺産に登録されているお寺や史跡がいっぱいあります。

とくに調べずに行ったので通り過ぎましたが(ノ∀`)(笑

吉野山02-03

日よけ用の幌が道全体を覆うようになっているのは良いですね~♪

あっ、ちなみに提灯のぶら下がっている門は世界遺産の「東南院(とうなんいん)」というお寺で、
役行者霊蹟札所、金峯山修験本宗別格本山なのだそうです。

吉野山02-04

そんなこんなで「上千本」に到着~(;゚∀゚)=3


吉野山02-05

ここから斜度が上がり、ちょっとキツめの坂っぽくなってきます。
思っていたより大変な道です(;´Д`)


吉野山02-06

吉野山02-07吉野山02-08吉野山02-10吉野山02-11

そんな上千本を少し上がると左手に見えてくるのは「御幸の芝」という場所です。

ここは吉野捨遺によりますと後醍醐天皇が吉野の行宮 におられた頃、
梅雨の雨が続くある日、大勢の供を連れてこの辺りへ御幸されました。
すると空模様が怪しくなったため傍らの観音堂へ入ってしばらく休むこととなり、
そこで「ここはなほ 丹生の社にほど近し、祈らば晴れよ、五月雨の空」という歌を詠ったところ、
急に空が晴れ渡ったという言い伝えのある場所です。


吉野山02-09

こちらは「御幸の芝」と道を挟んで反対側にある「御幸の芝の社」という社で、
かつて後醍醐天皇が休んだという雨師観音堂があった場所です。


吉野山02-12

またしばらく坂道を登って行きますと右手に「花矢倉展望台」という小さな看板が見えてきます。



吉野山02-13

「花矢倉」は源義経の身代りとなって主従を落ち延びさせる為に、
佐藤忠信が一人で踏みとどまり、追いすがる敵を切り防いだ古戦場です。

ここからは遠くに葛城山や金剛山、眼下には吉野の町並みが良く見えます。



吉野山02-14

花矢倉からの見晴らしはこんな感じ~
中央やや右上にある赤茶けた大きな建物が金峯山寺で、
今回の散歩の出発点はその上にちょっとだけ見えている駐車場です(ノシ 'ω')ノ結構歩いてきました。


吉野山02-15

「花矢倉」からさらに登って行きますと今回の目的地が見えてきました(`・ω・´)



吉野山02-18

出発点の下千本駐車場からここまでは大体120分ほど。



吉野山02-19

というわけで今回の目的地、世界遺産の「吉野水分神社」へ到着ですヽ(´□`。)ノ・ヤッター

以上、吉野山散歩でした☆





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ













*吉野山を歩く・01* - 2018.06.10 Sun

吉野山01-01

吉野山01-02
というわけで吉野山を歩いてきましたー(ノシ 'ω')ノシ

出発点は下千本駐車場から歩いて上千本へと、
名所に寄ったり寄らなかったりしながら歩いていきます(笑


吉野山01-03

下千本駐車場を出てすぐの所には「昭憲皇太后立碑」のある展望台があり、
ここからは下千本や七曲の桜、遠くに高城山などが良く見えます。

桜の季節でしたら手前の山肌がすべて桜色に染まって…いると思います(*´Д`)

吉野山01-04

吉野山は吉野川(紀の川)から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称で、
その尾根には寺社を中心とした市街が続いています。

古い歴史ある建物や旅館や飲食店、
お土産屋さんなども多くあり見ながら歩いているだけでも楽しいです(´ー`)


吉野山01-05

下千本駐車場から中千本へと向かう道にある朱塗りの橋は吉野三橋のひとつ「大橋」です。

この橋は元弘3年(1333)に大塔宮護良親王が北条幕府に対し、
吉野城に立て篭もった時に空堀に掛けられた端であるため、
一般的な橋の成り立ちとは違い下に流れる川は無く、
谷のもっとも高い場所に架かっています。

もともとは木造の橋でありましたが経年劣化が激しくなったため、
下の空間を埋めて鉄筋コンクリート造りとなり橋の反りに往年の面影を残すのみとなりました。

吉野山01-09


吉野山01-06吉野山01-07吉野山01-08

麓の近鉄吉野駅と山頂駅を繋ぐロープウェイです。

ロープウェイがあるから乗ってまたここまで登ってこようと思いまして、
喜び勇んで麓の近鉄吉野駅まで下山しましたが…

修理中で乗れませんでした(ノ∀`)そして再びここに戻ってきました(笑


吉野山01-10

そんなこんなで歩いていますと~
下千本と中千本の境辺りにある「黒門」が見えてきます。


吉野山01-11

吉野山01-13吉野山01-14吉野山01-15

この「黒門」はこの吉野の中心である金峯山寺の総門で、
城郭によく用いられる高麗門(こうらいもん)という様式で建てられており、
かつてこの門から中へ入る時には公家や大名といえどもここで馬を下り、
槍を伏せ、下馬して通行したと云う格式の高い門であったと伝えられています。

現在の黒門は昭和60年の金峯山寺本堂蔵王堂の大屋根大修理に併せて改築されました。

吉野山01-16

黒門からすこし歩きますと日本三鳥居の1つ「銅の鳥居(かねのとりい)」が見えてきます。

高さ7.6m、柱の径1mの胴の神明鳥居で、
東大寺の大仏を造る時に余った残りの銅で造られたものといわれ、
扁額に弘法大師の筆で「発心門」と書かれています。



吉野山01-17

吉野山の中心として、また世界遺産として有名な金峯山寺ですが、
とくに用事は無いので華麗に素通りしていきます(*´д`*)(笑

ちなみに右手の石垣の上に金峯山寺があります。

吉野山01-18

そして蔵王堂を経て、吉水神社を過ぎ勝手神社から急坂を登り切りますと、
中千本の終盤にある竹林院(ちくりんいん)近くの吉野三橋の一つ「天王橋跡」に到着します。

完全にアスファルトの道路となりかつての面影はありませんが、
周囲の地形に空堀だったときの名残が仄かに感じられます。


吉野山01-19


というわけで次回に続きます(`・ω・´)





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



桑の実、焼酎に漬けてみました。 - 2018.06.05 Tue

桑酒01

さて、今年も果実酒を作る季節となってまいりました(ノシ 'ω')ノシ

定番の梅や夏蜜柑、紫蘇やローズマリーなどをつけたものも美味しいですが、
今回はこの季節によく道に落ちていたりする桑の実焼酎に漬けてみました~
もちろん、落ちている実ではなくて木に生っている桑の実を使います(笑

拾ってきた桑の実は良く洗って水気を拭きとり、
桑の実2に対して氷砂糖1・ホワイトリカー(35度)2の割合で瓶などに漬けます。

桑の実は梅と違い成分がすぐに出てきますので、
完成までに1ヶ月から2ヵ月ぐらいで実を取り出し、
あとは味を見ながら2,3ヶ月ほど熟成させていきますと完成です。



桑酒02

奥のものは氷砂糖で手前のものは蜂蜜を入れて漬けてあります。

今回は甘さ抑え目にするために氷砂糖の量を少なめにしてみました、
きっと甘酸っぱいものが出来ることでしょう(*´艸`*)楽しみです♪


あと、きっと出来上がりの色も凄いことになるでしょう(笑


桑酒03





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







今日より入梅の候、六月です。 - 2018.06.01 Fri

IMG_0119.jpg

今日より水無月です。

はやいもので今年も上半期最後の月、
梅雨の季節となりましました。

本格的な夏を前に木々の緑が色濃くなり、
梅雨間際の雨に濡れた葉の緑がいっそう深みを増しています。

紫陽花も、ちらほらと咲いているのを見かけるようになって来ましたね(o´ω`o)

夏を前に、これから長雨が続きますので自然災害の情報には注意をお払いになり、
また気候による体調管理にも十分お気をつけになって、
どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

それでは今月もバーーンッとよろしくお願いします(ノシ 'ω')ノシ





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示