◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-04

*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 06 * - 2019.04.18 Thu

伊勢古道・竜ヶ峠06-01

はいっそれでは~竜ヶの頂上から矢持町方面へと降りて行きます(o´ω`o)ノ



伊勢古道・竜ヶ峠06-02

頂上から少し下り、二曲がり目にベンチ(*´Д`)
紅葉する樹木が多い感じですので、秋になると良い感じになりそうです♪

こちら側の山道は広く、間伐もされて明るく、
神宮林だった登り側と比べると標識なども多いです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-03

九十九折の道も多少傾斜は付いていますが、
ほぼ平坦で広く歩きやすいです♪


伊勢古道・竜ヶ峠06-04


伊勢古道・竜ヶ峠06-05伊勢古道・竜ヶ峠06-06


峠から下る沢にかかる「辰ヶ橋」です。

最近架け替えられたのでしょうか?
かなり真新しい感じですね~


伊勢古道・竜ヶ峠06-07

伊勢古道・竜ヶ峠06-08辰ヶ橋から少し進みますと「茶屋跡」です。

ここには昔、二軒の茶屋があり、
平家の子孫が代々田を作りながらお店を営んでいたそうで、
明治25年ごろまで営業していたそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-09

ここの茶屋の名物は、
どぶろくのおつまみとして「ヒキガエル・サンショウウオ・クサギムシ」が人気だったとかΣ(゚Д゚;)

カエルは唐揚げと塩焼きっぽいのをいただいたことがありますから丸焼きでなければいけるかな~
クサギムシは、ん~味付けによるかな(笑
サンショウウオは牛肉のような味のする珍味であると昔の本で読んだことがあります。

伊勢古道・竜ヶ峠06-10

茶屋跡にはこのような石垣が綺麗に残されています。

建物の基礎と棚田跡という感じですね。


伊勢古道・竜ヶ峠06-11

伊勢古道・竜ヶ峠06-12伊勢古道・竜ヶ峠06-14



茶屋跡を過ぎ進みますと「六ヶ谷の戦い跡」という場所です。

昔、宇治方面より峠を上り茶屋を訪れた源氏の密偵は、
平家の赤旗を持ち店の者を安心させ、
平家の残党が居るらしい覆盆子谷(ふぼんじだに)の様子を探りに来ましたが、
それを源氏の密偵だと見破った茶店の主人が密かに平家の隠れ里に連絡し、
平家の兵たちがその6人を討ち取った場所がこの辺りなのだそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-15

六ヶ谷の林道右上にあるのは、
六ヶ谷の戦いの時に平家の者たちが待ち伏せをした「かくれ岩」です。


伊勢古道・竜ヶ峠06-16

下から見上げるとなかなかの大岩です(*゚∀゚)=3
ここからなら谷を見渡せ、また隠れて様子を見るのに良さそうですね。

ちなみにそのときの源氏の密偵が持っていた赤旗は、
この山の麓の村にある久昌寺に現在も保管されています。

伊勢古道・竜ヶ峠06-17

六ヶ谷を過ぎしばらく歩いていきますと広々とした道に出ます。


伊勢古道・竜ヶ峠06-18

伊勢古道・竜ヶ峠06-19ここは「茶屋口」という場所で、
矢持町側から竜ヶ峠へ登る登山口でもあります。

かつては菖蒲が群生していたそうで、
ここの地名もずばり「菖蒲」という名になっています(人*´∀`*)

標識にも件の久昌寺の名前が出てきていて、
集落までもうすぐという感じですね☆


伊勢古道・竜ヶ峠06-20

宇治側の登りは大変でしたが矢持町側の山道はあっという間に登山口まで到着しました(笑
ここからは矢持町の久昌寺を目指して歩いていきます三(ง ˙˘˙ )ว






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







スポンサーサイト

*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 05 そして伊勢海老味噌ラーメン* - 2019.04.13 Sat

伊勢古道・竜ヶ峠05-01

はいーそんなこんなで竜ヶ峠の頂上に到着でっす٩( 'ω' )و イェイ


伊勢古道・竜ヶ峠05-02

標高は333mでここには東屋とベンチが数基、
それと大きな頂上標柱・案内板・展望方位盤があります。


伊勢古道・竜ヶ峠05-04

前回、ここに登ってきた道はこんな感じ~


伊勢古道・竜ヶ峠05-05

この頂上が丁度、神宮宮域林と矢持町所有の山林の境目となっており、
かつては海や山の産物を運ぶ商人や薬売り、参宮客や旅人が行き交い、
ここを通行する人々が絶えなかったと伝えられています。

昭和30年頃まではこの峠が南伊勢や矢持町の人々にとって本街道であったそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠05-06

伊勢古道・竜ヶ峠05-07伊勢古道・竜ヶ峠05-08

竜ヶ峠の東屋です。

山にある東屋ですが、すっごく綺麗です(*´∀`)b
最近建てられたばかりなのか町の方の管理も行き届いている感じですね♪

あとここには思い出ノートやパンフレット、
この峠の事が詳しく書かれたコピー誌のガイドブックが置かれていました。
地元の方が製作された資料は貴重ですので一部いただきました(-_☆)

伊勢古道・竜ヶ峠05-09

東屋の矢持町側は見晴らしが良いように木が整備されていまして、
ベンチもいくつか設置されています。

光の入る方が切り開かれていますので頂上広場がとても明るい感じになっています(´ー`)


伊勢古道・竜ヶ峠05-10

そして、お昼ご飯の時間(人*´∀`*)

サッポロ一番の和ラーシリーズ「三重伊勢海老汁風」ですっ!!

伊勢駅のキヨスクで買いました、なので実質ご当地メニューです(笑

伊勢古道・竜ヶ峠05-11

具はえび団子風かまぼこやキャベツ、あとネギと卵が入っていて、
スープは海老の風味の味噌味になっています。


伊勢古道・竜ヶ峠05-12

山ですごく磯の香りのする食べ物をいただいている不思議(*´Д`)

味はひたすら海老の風味が強い、強すぎる印象でした(笑
あと指定の分量のお湯で作ったのでは、
わたしは味が濃すぎて塩辛かった感じでしたのでちょっとお湯を足して美味しくいただきました☆

麺をいただいた後に御飯を入れて雑炊風にとも蓋に書かれていましたから、
もともと味を濃い目に調整して作ってあるのかもしれませんね。

伊勢古道・竜ヶ峠05-13

東屋横に設置されている方位盤です。

ですが木々が開けているのは南だけですので、
実際はそちら側にある山しか見られません(ノ∀`)

伊勢古道・竜ヶ峠05-14

南側は五ヶ所湾のある方面で、
前方に見えている山は地元の方に「竜ヶ富士」と称されている山なのだそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠05-15

たぶんちょこっと見えている左側の山が竜ヶ富士……かな?


伊勢古道・竜ヶ峠05-16

さて、頂上で十分お昼休憩をとりましたので、
ぼちぼち峠を矢持町方面へ降りていきます三(ง ˙˘˙ )ว


伊勢古道・竜ヶ峠05-17

こちら側はとても歩きやすい道になっていました。
らくらくです(゚▽゚*)♪

伊勢古道・竜ヶ峠05-18

それでは次回からさくさくっと降り道編でっす (ง ˘ω˘ )ว






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





伊勢の宮川堤の桜と桜餡なタイヤキ - 2019.04.08 Mon

宮川の桜2019-05

の季節に伊勢に来ましたので、
「日本さくら名所100選」にも選ばれたの名所「宮川堤」にも行ってきました(o´ω`o)ノ

宮川は伊勢神宮外宮の北西を流れる川で、
花見スポットとして県内外から大勢の花見客が訪れます。
宮川堤へはJR・近鉄山田線伊勢市駅からは、
バスなら松阪駅前、玉城町役場、度会町行きバスで度会橋下車で7分、
徒歩なら伊勢市駅から20分ぐらいです。

この石碑は「宮川堤植碑」というもので、
明治6年(1873)に度会県参事・安岡良亮がの木を下の渡しに150株、
上の渡しに200株を植え今日のの名所の始まりとなったことを記した石碑です。


宮川の桜2019-01

宮川堤には現在は約700本の桜があり、
大部分がサメイヨシノですが一部には山桜の古木もあるそうです。

川に沿って並ぶ満開の桜は圧巻ですねぇ(゚▽゚*)♪

宮川の桜2019-11

この宮川堤には、このように一見すると遊歩道にも見える「水刎堤(みずはねてい)」が4つあり、
そのうち駿河堤と周防堤は元禄と貞享の頃に江戸幕府から資金を受領した遠国奉行の伊勢の山田奉行所が築堤し、
浅間堤は山田寄合衆が延享の頃、棒堤は経緯不明ですが寛保の頃に築堤されました。

水刎堤は宮川の流れが伊勢市内へと向かう右岸の水衝部に設けられ、
水の流れを左岸側へと寄せて堤防に当たる水の勢いを弱める働きをしています。


宮川の桜2019-06

古来よりこの宮川は神聖な川であるとされ、
勅使参向や庶民のおかげ参りの時などには、
この川で禊をし身を清めて神宮へ参拝したそうです。

また現在は順位付けは廃止されましたが、
国土交通省の一級河川水質調査では過去11回(2006年からは6年連続)1位となっていました。


宮川の桜2019-08

宮川の桜2019-07宮川の桜2019-04宮川の桜2019-02宮川の桜2019-09

この日は桜もほぼ満開となっていたようで花見客が大勢訪れていましたよ☆

川沿いの道には多く屋台のお店が出ていまして、
ラーメンの屋台とか肉巻きオニギリとか、
最近はいろいろな出店があるんですねぇ(゚▽゚*)♪


宮川の桜2019-12

そして、おやつタイムとなりましたので宮川の度会橋を渡ってすぐのところにある、
タイヤキの専門店「わらしべ」さんへ~三(ง ˙˘˙ )ว

伊勢の観光雑誌にも採り上げられる事もあって、
ずっと気になっていたお店なのでした(o´ω`o)

宮川の桜2019-13

もちろん季節限定の「桜あんたいやき」で(-_☆)


宮川の桜2019-14

白餡に塩漬けの桜とその風味を合わせた餡が入っていて、
皮は薄皮のようですが外はパリッとして中はポンデリングのようなもちもち食感でした。
皮には伊勢うどんに使う小麦粉と同じものを使っているそうです。

もちろん美味しかったですよ(*´艸`*)

宮川の桜2019-03

そんな感じの宮川堤の桜とタイヤキでしたー(ノシ 'ω')ノシ







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





伊勢神宮・平成感謝の勾玉 - 2019.04.04 Thu

伊勢神宮記帳01

春の伊勢神宮へ行ってきましたー(ノシ 'ω')ノシ

良い天気♪


伊勢神宮記帳05

御正殿前階段の上の木の中にあったんですね~
何年もお参り行っていますが初めて知りました(笑(ノ∀`)山かな?


伊勢神宮記帳06
伊勢神宮記帳07伊勢神宮記帳08伊勢神宮記帳09

内宮の境内にあるいろいろなです(´ー`)

の木の本数自体は少ないのですが、
種類の違うがいつくか植えられているように思います。

ちょうど満開でしたので良い感じでした(人*´∀`*)

伊勢神宮記帳02

さて、今回急に居ても立っても居られずに伊勢神宮へ来た訳は…


伊勢神宮記帳03

ここで「平成感謝の御記帳」が開設されているとニュースで見たたからなのです(`・ω・´)


伊勢神宮記帳04

この度、天皇陛下が御譲位され、
平成から令和へと御代替わりを迎えるにあたり、
この平成の御世に感謝の心を記帳するこの記帳所が開設されました。

ここで記帳されたものは御大礼奉祝委員会により宮内庁へ届けられ納められます。

平成の御世もいろいろ大変なことがありましたが、
とりあえずは無事に生きられていることに感謝し記帳させていただきました(o´ω`o)


伊勢神宮記帳10

ちなみに記帳しますと伊勢の土を使って焼いた、
素焼きの勾玉を記念にいただけますヽ(´□`。)ノ・゚

はい、もちろんこれも今回記帳に訪れた動機のひとつです(笑


このご記帳は4月31日まで開設されていますので、
機会がある方は是非どうぞ~♪




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





今日より桜花爛漫の候、四月です。 - 2019.04.01 Mon

桜2019-01

今日より春爛漫な四月です♪
ソメイヨシノの開花が始まり、
若干肌寒い日もありますが気温も春らしくなってきましたね(o´ω`o)

そしていよいよ今日に新元号の発表がなされ、
一ヵ月後に新しい元号となる準備が始まります。

みなさんもいろいろ新元号の二文字を予想されたりして、
新しい元号の始まりに思いを馳せておられますが、
わたしもとても楽しみです( ˘ω˘ )


花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、
どうぞご自愛くださいませ。

それでは平成最後のこの一ヶ月もどうぞよろしくお願いしまっす٩( 'ω' )و






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示