◎あちこち神社◎
fc2ブログ
topimage

2024-04

▼鵜坂神社▼ - 2024.04.16 Tue

鵜坂神社 (2)

鵜坂神社 (1)鵜坂神社 (3)鵜坂神社 (4)鵜坂神社 (22)



ナナモリ(楽3)s富山県富山市婦中町鵜坂にある鵜坂神社(うさかじんじゃ)です。

社伝によりますと創建は崇神天皇の御代652年(白雉2年)、
北陸道将軍・大彦命によって勧請されたのを創祀とされ、
延喜式神名帳では小社に列格しています。


また日本五大奇祭の一つに数えられる「楉祭(しもとまつり・尻打祭)」があります。
平安時代から江戸時代まで行われていた内容は、
安産、縁結び、増産を願い貞操を戒めるために女性の尻を打つという奇祭で、
正月に七草粥を炊いた残りの薪で女性の尻を打つと健康な子が生れるという、
平安朝の公家の遊びが伝わったものだといわれています。

この祭りは明治初年に雌馬の尻を打つ祭に変えられ、
第二次世界大戦終戦ごろに廃絶しましたが、
かつては松尾芭蕉や宝井其角もこの神事を詠んでいるほど日本全国にその名が知られていました。



鵜坂神社 (6)


鵜坂神社 (7)鵜坂神社 (8)鵜坂神社 (9)鵜坂神社 (10)



ナナモリ(普b-01)s御祭神は淤母陀琉神・訶志古泥神

現在は配祀神として鵜坂姉比咩神・鵜坂妻比咩神・大彦命が祀られていますが、
社名の通りの「鵜坂神」が本来の主祭神であり、
配祀神はそれぞれ主祭神の姉神・后神であるとする説が有力であるようです。





鵜坂神社 (11)鵜坂神社 (12)鵜坂神社 (13)鵜坂神社 (14)


鵜坂神社 (5)

鵜坂神社 (15)鵜坂神社 (16)鵜坂神社 (17)鵜坂神社 (18)



ナナモリ(普b)s
七世紀後半の白鳳期には神宮寺として真言宗鵜坂寺が建立され、
広大な土地と七堂伽藍二十四坊が連なり興隆を極めましたが、
戦国時代の天正年間に上杉謙信の兵に焼かれての焼失や、
近くを流れる神通川の水害などにより衰退し1870年の廃仏毀釈により廃寺となり、
現在は境内の一隅に、わずかにその墓石や五輪塔が展示されるのみとなっています。


鵜坂神社 (19)



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





スポンサーサイト



▼射水神社▼ - 2024.04.08 Mon

射水神社 (1)

射水神社 (2)射水神社 (3)射水神社 (4)射水神社 (5)


ナナモリ(普b)s富山県高岡市にある射水神社(いみずじんじゃ)です。

高岡古城公園内にある越中国一宮で延喜式神名帳式内社、
社伝によりますと創建は奈良時代以前の事とされ、
明治8年(1875年)に高岡城本丸跡の現在地に遷座されるまでは、
神奈備としていた二上山の麓に鎮座していました。


承平年間の兵火により社殿が焼失し、のちに戦国時代末期の天正年間にも社殿が焼失しましたが、
江戸時代に入り加賀藩の祈祷所となって復興し加賀藩初代藩主前田利長により御供田が寄進され、
同時に越中4郡から知識米(初穂米)軒別1升2合の徴収が許されました。

この徴収には二上山所属の山伏があたり、
大国様のように袋を担いだ彼らは「ガンマンブロ」と通称されて、
その厳しい取り立ては泣く子も黙るほど民衆に恐れられたそうです。

射水神社 (6)射水神社 (7)射水神社 (8)射水神社 (13)

射水神社 (9)

射水神社 (10)射水神社 (11)射水神社 (12)射水神社 (15)



ナナモリ(普b-01)s御祭神は瓊瓊杵尊

射水神社は二上山を神奈備とし太古よりその麓に鎮座していのましたが、
養老元年(717年)に行基が勅を受けて二上山麓に別当寺を建立し、
二上神を二上権現と称して祀り別当寺は山号を「二上山」、寺号を「養老寺」と言い、
二上山全体を境内として社地殿閣は広大であったと伝えられています。


明治時代に入ると国教政策により神仏分離令が出され、
明治4年(1871年)には旧社格制度により国幣中社に列格されのち、
明治8年(1875年)に高岡城本丸跡の現在地に遷座しました。

高岡城本丸跡への遷座について表向きの理由は、
二上山麓の社地が狭いうえ墓地に隣接して不浄少なからず神徳発揚の地では無い、
と言うものでありましたが『高岡市史 下巻』によりますと、
権宮司 関守一 は数百年にわたる養老寺社僧の専横を憎む余り、
神代からの聖地である二上山麓の故地を捨てて遷座したのだと言われています。



射水神社 (16)射水神社 (14)射水神社 (18)射水神社 (19)


射水神社 (20)



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



今日より春日の候、4月です。 - 2024.04.01 Mon



最近はすっかり暖かくなり、
まさしく春という感じになってきましたね。

それにより各地で桜の開花が始まり、
お花見を楽しんでいる話題をよく聞くようになりました。

短い春のソメイヨシノの咲く頃を存分に楽しみたいですね( 'ω' و( و"♪

日中は春の陽気となりましたが夜はまだまだ冷えますし、
この急な気候の移り変わりでまだ体が追い付かないということもありますので、
みなさま体調には十分お気を付けくださいませ。

それでは今月もよろしくお願いします୧(๑•̀ㅁ•́๑)૭✧




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




富山で富山ブラックラーメンっ!! - 2024.03.26 Tue

富山ブラックラーメン (8)

金沢から今話題の北陸新幹線で富山に移動っ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾


富山ブラックラーメン (9)

富山駅に到着っ!!

富山にも路面電車ってあるんですね~知りませんでした( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )いいなぁ~♪

富山ブラックラーメン (4)

そしてさらに富山駅から高岡駅へ

富山ブラックラーメン (7)

というわけで今回富山ブラックラーメンをいただきに訪れたラーメン屋さんは、
駅から徒歩二分ほどのビルの中にあるこちらの「らぁめん 次元」さんです(。・﹃・。)


富山ブラックラーメン (6)

ご当地グルメセットというのがありましたので迷うことなくこちらを☆


富山ブラックラーメン (3)

来ましたっ!!富山ブラックラーメンっ!!

本来の富山ブラックラーメンはすごく塩辛いものなのだということを聞きましたので、
ラーメン初心者といたしましてはその中でもマイルドで食べやすいといわれるお店を事前に探しまして、
こちらのお店にしました(*´▽`*)

富山ブラックラーメン (2)

ほんとうにすごく黒いです(笑

焦がし醤油とチャーシューの甘辛い煮込みダレを合わせ、
まろやかなブラックラーメンのスープでありながら黒胡椒のパンチもしっかり効いた美味しいラーメンでした♪

元祖富山ブラックラーメンは白ご飯が無いととてもスープを飲めないほど塩辛いものなのだそうですが、
こちらの少し濃いかな?と思う程度で良い塩梅のお味でした。

富山ブラックラーメン (1)

こちらも富山名物の昆布を使った「とろろ昆布おにぎり」で、
とろろ昆布で覆った中はゆかりご飯となっていてとても美味しかったです( *´艸`)

美味しすぎたので「とろろ昆布」は富山の地元スーパーにてお土産として購入しました(笑

富山ブラックラーメン (5)


○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





▼金澤神社(金沢神社)-金城霊沢など▼ - 2024.03.16 Sat

金城霊沢など (1)

金城霊沢など (2)金城霊沢など (3)金城霊沢など (4)金城霊沢など (5)



ナナモリ(普b-01)s金沢神社の境内社・白阿紫稲荷大明神( はくあしいなりだいみょうじん )です。

領内の繁栄を祈願して第十三代藩主前田斉泰が奉斎したのが始まりで、
明治維新の後、一時は東京の前田邸に移されたましたが、
崇敬する旧藩士らの懇請により再び金沢で祀られることとなったそうです。


こちらの居並ぶ朱の鳥居は全て前田邸にあったもので、
そして、白阿紫稲荷大明神に祀られているご神体は隕石であると伝えられています。

しかし、なぜ隕石を御神体にしたのかについては定かではなく、
また「白阿紫」という名前の由来についても謎に包まれています。


金城霊沢など (6)


金城霊沢など (8)


ナナモリ(楽2)sこちらの築山は竹沢御殿ゆかりの「鳳凰山」です。

加賀藩十二代藩主・前田斉広の隠居所である竹沢御殿が竣工した時、
築山に多くの奇石を集めて鳳凰の形に作り上げたことからこの名前が付けられました。



鳳凰山の洞窟の中には「金城霊沢碑」があり、
碑の高さ約1.8メートル、幅約1.2メートル、厚さ33センチで、
根生川石と呼ばれる巨大な伊豆石で造られており、
そこに刻まれている題額は加賀藩十三代藩主・前田斉泰の真筆であるそうです。

ちなみに竹沢御殿の築山としては他に兼六園内に七福神山や蓬莱島があります。


金城霊沢など (9)

金城霊沢など (10)金城霊沢など (11)金城霊沢など (13)


ナナモリ(楽2手2)sそしてこの場所が「金城霊沢(きんじょうれいたく)」です。

金城霊沢は兼六園随身坂付近の金沢神社のそばにあり、
「芋掘り藤五郎譚」という伝説では山で掘り出した芋をここで洗い、
芋に付いた土の中から砂金が沢山現れたことから「金洗いの沢」と呼ばれ、
後に「金沢」という地名の由来となりました。



金城霊沢など (12)



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示