◎あちこち神社◎
topimage

2017-11

▼氷上姉子神社-本殿▼ - 2017.11.20 Mon

氷上姉子神社・本殿01

氷上姉子神社・本殿02氷上姉子神社・本殿03氷上姉子神社・本殿04氷上姉子神社・本殿05


ナナモリ(楽2手2)s愛知県名古屋市緑区大高町火上山にある氷上姉子神社(ひかみあねごじんじゃ)です。

「氷上山(火上山・ひかみやま)」と称される丘陵上に鎮座し、
熱田神宮の創祀以前に草薙剣が奉斎された地と伝えられており、
熱田神宮の境外摂社であり延喜式には「火上姉子神社」記される神社です。


名古屋市緑区大高町の氏神様として親しまれており、
地元では「お氷上さん」と呼ばれ信仰されています。


氷上姉子神社・本殿06

氷上姉子神社・本殿07氷上姉子神社・本殿08氷上姉子神社・本殿09氷上姉子神社・本殿10


ナナモリ(普b-01)s御祭神は宮簀媛命(みやずひめのみこと)

宮簀媛命は尾張氏、尾張国造の祖と伝えられており、
『古事記』では「美夜受比売」、『日本書紀』では「宮簀媛」と表記され、
いずれの文献でも日本武尊(第12代景行天皇皇子)の妃になり、
日本武尊が伊吹山へと向かう前に草薙剣を預けた人物として記されています。


創建は仲哀天皇4年、
日本武尊亡き後、この地で祭っていた草薙剣を遷して創祀したのが熱田神宮の始まりで、
宮簀媛命の館跡(現在の氷上姉子神社元宮)に宮簀媛命の神霊を祀ったのが氷上姉子神社の創祀です。
その後、持統天皇4年(690年)に東方の現社地に遷座しました。

この地は往古は火上の里とよばれていましたが、
永徳3年(1382)に社殿が火災にあったため火の字を避けて「氷上」と改め、
火高は「大高」に改めたといわれています。


また『尾張国熱田太神宮縁記』(熱田宮縁記)においては、
日本武尊宮簀媛命を想って詠んだとされる、
「阿由知何多 比加彌阿禰古波 和例許牟止 止許佐留良牟也 阿波禮阿禰古乎」
(愛知潟 氷上姉子は 吾来むと 床避るらむや あはれ姉子を)
という歌が残されています。


氷上姉子神社・本殿11

氷上姉子神社・本殿12氷上姉子神社・本殿13氷上姉子神社・本殿14氷上姉子神社・本殿15


ナナモリ(普b)s
現在の本殿は明治26年に熱田神宮別宮の八剣宮社殿を移築したもので、
かつての熱田神宮は戦火で焼失してしまった為、
現存する数少ない「尾張造(おわりづくり)」という神社建築様式の社殿となっています。



尾張造は本殿(後)、祭文殿(中)、拝殿(前)を回廊で繋いだ左右対称という、
尾張地方独特の建築様式です。


氷上姉子神社・本殿16氷上姉子神社・本殿17氷上姉子神社・本殿18氷上姉子神社・本殿19


氷上姉子神社・本殿20




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
スポンサーサイト

無花果のワイン煮を使っていろいろスイーツっぽい - 2017.11.16 Thu

無花果を使って10

前日作った「無花果のワイン煮」を使いましていろいろ作って見ました♪((o´ω`o)ノ

まずは簡単にパウンドケーキに入れて~
ワイン煮をそのまま使いますとしっとり感が出すぎてしまいますので、
ケーキに入れる前に周りの水分をよく拭き取り使いました。

大きなレーズンが入ったという感じのパウンドケーキです(笑
イチジクの果肉部分の独特なプチプチとした食感が面白いです(人*´∀`*)



無花果を使って01

次は無花果のワイン煮メインという感じではありませんが、
フルーチェを使って簡単なムース風なものを作ってそこにイチジクを乗せました☆

フルーチェは成分内のペクチンと混ぜる牛乳に含まれるカルシウム分が反応してゲル状になるわけですが、
牛乳より少量で多くのカルシウム分を含む生クリームを使うことによってより固めにすることができます。

というわけで今回の分量はフルーチェ1袋に対して生クリーム100mlを使います。
ホイップクリームや植物性クリームでは固まらないので注意です(-_☆)b


無花果を使って02無花果を使って03無花果を使って04無花果を使って06

下に敷く用のビスケットは牛乳で柔らかくしてから容器に敷き詰め、
生クリーム100mlは固めにホイップしてからフルーチェとよく混ぜます。

あとは容器に入れて冷蔵庫で一晩(8時間)ほど冷やせば完成です(´ー`)

無花果を使って07

よく冷えて固まったものは、これぐらい傾けても流れ出してきません(*゚∀゚)=3
フルーチェ生クリームだけでこれだけ固まります。


無花果を使って08

あとはフルーチェのムースの上に半分に切った無花果のワイン煮と、
ワイン煮のシロップに寒天を混ぜたものを上に乗せてまた冷蔵庫で冷やせば完成ヽ(´□`。)ノ・



無花果を使って09

口溶けがよくまるで常温のアイスクリームと言う感じの食感です♪

ちなみにフルーチェのムース風は室温でどんどん柔らかくなってきますので、
素早くいただいてください(*´Д`)(笑







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



*無花果のワイン煮的ななにか* - 2017.11.13 Mon

無花果のワイン煮01

11月も半ばになりましたが、
わが家の無花果の木はまだ秋果をつけます。

ですけれど、日照や気温から成熟具合が微妙なかんじですので、
無花果の赤ワイン煮にしてみました(o´ω`o)


無花果ワイン煮』

無花果(小) 12個
・赤ワイン  500ml
・砂糖 大さじ4
・レモン汁 大さじ1




無花果のワイン煮02

無花果のワイン煮03無花果のワイン煮04無花果のワイン煮05


無花果の表面をよく水洗いし皮はそのままでヘタの部分を切り落とし、
底に焦げ付き防止用のクッキングシートを敷いた鍋の中に並べ、
赤ワイン・砂糖をすべて入れて沸騰するまで強火で煮ます。


無花果のワイン煮06


沸騰したら弱火にし丁寧にアクをとっていきます。
30分ほど煮詰めたら火を止め熱が完全に冷めるまでそのままにしておき(3時間ほど)、
冷めたものをまた30分ほど煮詰め、最後にレモン汁を加えれば出来上がりです+.゚(*´∀`)b゚+.゚

無花果の皮が写真のように半透明になれば大体おっけーです☆


無花果のワイン煮07

無花果のワイン煮完成っ!ヾ(@^▽^@)ノ
そのままコンポートとして、またはパンやケーキに使ったり、
肉料理の添え物としてなどいろいろ使えます♪

煮沸消毒した瓶に入れて冷蔵庫などに入れて置きますと、
約三週間ほどならばそのままで保存できます。
しかし、カビにはご注意を(-_☆)b

今回のレシピにシナモンやクローブ、ナツメグなどの香辛料を加えるのも良いかと思います。



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



▼穴師坐兵主神社▼ - 2017.11.08 Wed

穴師坐兵主神社02

穴師坐兵主神社01穴師坐兵主神社03穴師坐兵主神社04穴師坐兵主神社05


ナナモリ(楽3)s奈良県桜井市にある穴師坐兵主神社(あなしにますひょうずじんじゃ)です。

延喜式の式内社であり現在の穴師坐兵主神社は、
元は穴師坐兵主神社(名神大社)、巻向坐若御魂神社(式内大社)、
穴師大兵主神社(式内小社)の3社が室町時代に合祀された神社で、
鎮座地は穴師大兵主神社のあった場所です。

旧鎮座地である「弓月岳」の比定地には竜王山・穴師山・巻向山の3つの説があり定かではありません。


穴師坐兵主神社06穴師坐兵主神社07穴師坐兵主神社08穴師坐兵主神社09


穴師坐兵主神社10

穴師坐兵主神社11穴師坐兵主神社12穴師坐兵主神社13穴師坐兵主神社14



ナナモリ(喜)s御祭神は中殿・兵主神、左社・大兵主神、右殿・若御魂神

元の穴師坐兵主神社の兵主神は崇神天皇の60年に天皇の守護護神として祀られ、
倭姫命が創建され天孫降臨の際の三体の鏡の一体を御神体としています。
また御祭神については御食津神、天鈿女命、素盞嗚尊、天富貴命、建御名方命、
大己貴神の分身伊豆戈命、大倭大国魂神などとする多くの説があります。

左殿の大兵主神はかつて纏向山上の弓月岳にあった穴師大兵主神社祀られ、
中世の頃には穴師坐兵主神社が穴師上社、穴師大兵主神社が穴師下社と呼ばれるようになりましたが、
応仁の乱のときに若御魂神社と穴師上社の社殿が焼失したことから、
この2社を穴師下社(大兵主神社)に合祀することとなり現在の形になりました。

野見宿禰を祀る相撲神社はこちらの摂社となっています。

右殿の若御魂神は稲田姫命のことであるとさていますが、
また豊宇気毘売命の親の和久産巣日神とする説もあり、
御神体は匂玉と鈴で、芸能の神として崇敬を受けられています。


穴師坐兵主神社15


穴師坐兵主神社16穴師坐兵主神社17穴師坐兵主神社18穴師坐兵主神社19


ナナモリ(普b-01)s
他にも境内には天王社・水神社・橘神社・稲荷社、
天一社・祖霊社・祓社・不明一社など数々の境内社や、
「あまくもに ちかくひかりて なるかみの みればかしこみねばかなしも」
と刻まれた万葉歌碑(万葉集:巻7~1369 作者未詳・揮毫:会津八一)もあります。



当社へは「山の辺の道」の穴師の坂道を300メートル程東の山の方へ、
なだらかな坂を登っていきますと神社の入口があり晩秋には見事な紅葉に彩られます。



穴師坐兵主神社20穴師坐兵主神社21



穴師坐兵主神社22





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






松茸の天巻きっぽいの - 2017.11.04 Sat

松茸の天巻き01

さて、立派な松茸をいただきましたので、
今回はちょっと珍しい「松茸天巻き」にしてみました+.゚(*´∀`)b゚+.゚


松茸の天巻き02

松茸はちょっと厚めの薄切りにして天ぷらに~


松茸の天巻き03

ご飯には梅ゆかりふりかけを混ぜまして~


松茸の天巻き04

太巻きの要領で、ババッっと巻きます(`・ω・´)

松茸の天巻き05

という感じに超お手軽に「松茸の天巻き」完成(*゚∀゚)=3

松茸は香りも歯ごたえもありますので、
天巻きの具としても存在感があります(*´艸`*)
紅葉狩りにでもお弁当に入れて持って行きたい感じですね~☆

巻いてある具は天ぷらですが、
ご飯がゆかりご飯ですのでそれほど凭れる感じはありません♪
松茸の代わりに舞茸とかでも美味しいと思います(o´ω`o)





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示