◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-06

宮島の厳島神社へ行ってきました~♪ - 2019.06.19 Wed

宮島へ01

はいっ、そういうことで広島駅の路面電車乗り場です(ノシ 'ω')ノシ

ここから厳島神社のある宮島へ渡るためのフェリー乗り場がある「宮島口」まで向かいます。

公共交通機関ではJRかバスまたは路面電車で「宮島口」という駅へ、
料金は路面電車が一番安くて280円ぐらいだったと思います。

移動時間ではJRが一番早く、路面電車は駅が多い分結構時間がかかりました(約20分ほど違います)

でも…路面電車を見たら急に好きになったので路面電車で行ってみました(*´д`*)(笑



宮島へ02

宮島へ03宮島へ04

そんなこんなで宮島口駅の前にある宮島行きフェリー乗り場です☆
ちなみにJRですと電車とフェリー両方の料金込みの切符があるのでお得です。

フェリーの運航会社は2社ありますのでどちらでも~
休日や祭日ですと10分おきぐらいに運行されているようでした。


宮島へ05

フェリー乗り場から見える宮島でっす。

遠くに厳島神社の朱の鳥居が見えます(-_☆)

宮島へ06

そしてフェリーに乗ったら当然のように景色の良く見える最上階デッキへ(*゚∀゚)=3(笑

宮島へ08

たぶんこっちが広島駅のある広島市街方面かな?


宮島へ09

こちらはその反対側の岩国方面、あの山のずっと先に山口県です。


宮島へ07

宮島に近づきました(人*´∀`*)鳥居はハッキリとその先に社殿が小さく見えます。


宮島へ10

宮島側のフェリー乗り場へ到着~



宮島へ11

乗ってきたフェリーは小型に見えますが、
車も一緒に運べるすごいやつです٩( 'ω' )و(笑


宮島へ12

宮島へ上陸っ!

修学旅行っぽい学生さん達や外国からの観光客の方も沢山来られていました。
((o´ω`o)さすが世界遺産の島♪

宮島へ13

フェリー乗り場の建物はこんな感じ~
宮島の玄関口に相応しい感じの立派な建物ですね♪


宮島へ14

というわけで次回から宮島の厳島神社と他の名所名物など、
いろいろ巡って参ります三(ง ˙˘˙ )ว







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト

道の駅「かがみの里」で近江牛の竜王カスク - 2019.06.14 Fri

竜王カスク01

滋賀県の鏡神社へお参りした後、
近くにある道の駅「竜王・かがみの里」へ寄りました(o´ω`o)ノ


竜王カスク03

店内には地元の農作物はもちろん、
特産の近江牛を使った商品がいろいろあります。

後から知りましたがこの滋賀県の竜王という土地は、
実はブランド牛である「近江牛」の発祥の地なのだそうですよ(゚▽゚*)♪

その中で今回いただいたのはこちら『竜王カスク』

「カスク」というのはフランス語の「カスクート」の略で、
もともとはサンドイッチや軽食という意味ですが、
日本ではバケットにハムやチーズを挟んだ物という意味で使われています。


竜王カスク05


この「竜王カスク」は店内で焼き上げたバケットに、
竜王産の味噌を使って味付けしソテーした近江牛と、
玉ねぎやニンジン、グリーンリーフなどの野菜が挟まれていまして、
牛鍋のような甘辛い味噌味と近江牛、それに新鮮な野菜がマッチしてとても美味しかったです(*´∀`)b

パンの種類も、やわらかいコッペパンのようなのと、
フランスパンのようなハードなタイプの二種類がありました。

手軽にブランド牛の近江牛が味わえておススメです(-_☆)v

竜王カスク04

他にも近江牛入りコロッケのコロッケパンとか、
近江牛カレー・竜王牛丼などもありました☆

レストランも併設されていますのでいろいろ近江グルメが楽しめそうでした♪

竜王カスク02

という感じの道の駅「かがみの里」でした~

ちなみに、この変わった形の屋根は牛若丸の元服に因んで烏帽子の形だそうです(笑





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



▼鏡神社(滋賀)▼ - 2019.06.09 Sun

鏡神社01

鏡神社02鏡神社03鏡神社04鏡神社05


ナナモリ(楽2手2)s滋賀県蒲生郡竜王町にある鏡神社(かがみじんじゃ)です。

創祀年代は不詳とされますが垂仁天皇3年に新羅国より帰化した天日槍(アメノヒボコ)が、
神宝の日鏡を山上に納めて鏡山と称し、その山裾にて従者に陶器を造らせたと伝えられており、
その天日槍を当地の祖神として崇めたのが起源であるされています。




鏡神社06鏡神社07鏡神社08鏡神社09


鏡神社11

鏡神社12鏡神社13鏡神社14鏡神社10



ナナモリ(普b-01)s御祭神は天日槍尊(あめのひぼこのみこと)

天日槍は多くの技術集団を供に近江の国へ入り技術を広め、
神宝の日鏡をこの地に納めたことから「鏡」の地名が生まれ、
書紀にも「近江鏡の谷の陶人は、すなわち天日槍の従人なり」と記されています。


また、当地 「鏡路・鏡山」は万葉の歌枕として150余首詠まれ、
額田王や鏡王女にも所縁の地であり、
「こけら葺き」という建築様式の社殿は国の重要文化財に指定されています。


鏡神社15鏡神社16鏡神社17鏡神社21



鏡神社18

鏡神社19鏡神社20鏡神社22鏡神社24


ナナモリ(楽)s
大正6年11月に大正天皇が当神社境内宮山に行幸され、
陸軍の大演習をこの宮山から親拝されたことから、
当時の知事がそのことを記念し宮山を御幸山と命名したそうです。



登山道を登っていきますと頂上は広場となっており、
琵琶湖や近江の町並みなどの景色が見渡せるようになっています。


鏡神社23


ナナモリ(驚)s
承安4年(1174年)には牛若丸こと源氏の遮那王は京都の鞍馬から奥州へ旅路の途中、
この鏡の宿に泊まり、境内宮山の岩清水を盥に汲み、
自ら烏帽子を着けて元服したと伝えられており、
謡曲「烏帽子折」の題材にもなっています。


そのことから12月の午日には源義経の偉業を偲ぶ行事として、
子供たちがとまらい、上がらい』『ま上がつて、とまらい』と囃して回る、
牛若丸が奥州に下る途中、ここで泊って元服をした故事を伝える「とがらい祭り」が行われます。


鏡神社25




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







ちょっとだけ*竹田城跡* - 2019.06.04 Tue

竹田城2

兵庫県朝来市和田山町竹田にある竹田城跡です(o´ω`o)ノ

数年前から雲海に山城跡が浮かび上がることから、
「天空の城」や「日本のマチュピチュ」とも呼ばれる人気のお城です。


竹田城4

竹田城5竹田城9竹田城10

竹田城は、険しい地形にありながら、曲輪のすべてを石垣で取り囲んだ総石垣の城郭で、
山頂に築かれた城郭としては最後の近世城郭にあたり、
現存する山城として日本屈指の規模となっています。

また城の全容が虎が臥せているように見えることから、
別名・虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)とも呼ばれていたそうです。

竹田城11

この石段を登っていくと本丸跡です。

標高353.7mの古城山(虎臥山)の山頂に築かれたこの城は、
天守台を中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、
北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭があり、
日本屈指の大きさを誇る山城跡となっています。

ほぼ当時のまま残された石垣がとても綺麗な形で残っていますね~(゚▽゚*)♪

映画などの映像作品のロケ地として使われることも多く、
影武者(1980年)・魔界転生 (2003年)・軍師官兵衛 (2014年)などで登場しているようです。



竹田城8

ちなみに件の雲海は秋から冬にかけての日の出前から午前8時頃の間に発生しやすいそうで、
但馬南部地方の天気予報で予測される濃霧注意報が参考になるそうです。



という感じでちょこっとだけ*竹田城跡*でした٩( 'ω' )و おしまい。





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





今日より若葉青葉の候、六月です。 - 2019.06.01 Sat

2019-アジサイ01

今日より6月です。

令和最初の月となった五月はあっという間に過ぎていった感じがします(;゚∀゚)

気温も夏のような暑さになったりしまして、
春を早送りした感じになって半袖姿の人も見かけるようになりましたが、
梅雨が近づくと気温も平常に戻りそうですね。

梅雨冷えの肌寒い日もありますので、
体調をくずされませんようお元気でお過ごしくださいませ。

それでは今月もどうぞよろしくお願いします♪







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示