◎あちこち神社◎
topimage

2018-02

熊野古道を歩く 『馬越峠02・登り口から夜鳴き地蔵まで』 - 2018.02.21 Wed

馬越峠道02-01


それでは~馬越峠の海山側登り口から歩いていきます(o´ω`o)ノ

この登り口は前回の道の駅・海山から600mほどの距離で、
また、ここには鷲毛のバス停でありますのでバスならばここまでスィーッっと来られます♪


馬越峠道02-02

馬越峠(まごせとうげ)は三重県北牟婁郡紀北町と尾鷲市の境となっている峠で、
全長は約2.6kmほど、馬越峠の一番高いところの標高は325mです。


馬越峠道02-05

馬越峠道02-03馬越峠道02-04馬越峠道02-06



この馬越峠は熊野古道の中でも特に石畳の保存状態が良く、
約2kmに渡って続くこの道は東紀州各地に残る石畳の中でも、
その美しさは際立っていて当時の石工の技術の高さが窺えます(-_☆)



馬越峠道02-07

登り口から約100mほどで熊野古道のいつものチェックポイントその1です(*゚∀゚)=3

このチェックポイントは大体100m間隔で設置されていますので、
あと21ということは残り2.1kmほどとなります。



馬越峠道02-08

江戸時代に作られたといわれるこの峠道は当時の主要道路であり、
杉や桧が林立する森の中を幅1間半(約2.7m)と紀州藩の駕籠に合わせて道幅は決められています。


馬越峠道02-09

美しい石畳を眺めながらスイスイっと歩いてチェックポイント2を通過~(*´Д`)


馬越峠道02-11

丁寧に間伐や枝打ちされている為、道は明るく、
木々の間から差し込む光が良い感じです(´ー`)安心して歩けますね♪



馬越峠道02-12

馬越峠道02-13
そしてチェックポイント3も通過ーε=(ノ・∀・)ノ

ここまでは道の勾配は然程急では無く、
石畳で舗装されている為楽に歩いてこられました☆



馬越峠道02-14

馬越峠道02-15馬越峠道02-16馬越峠道02-17



ここから少しずつ勾配がきつくなりはじめますけれど(笑

それでも石畳となっていますので、
普通の山道よりは広々として歩きやすいです。


馬越峠道02-19

馬越峠道02-18
そんなかんじの古道を歩いていますとちょっとした広間に到着。

ここはチェックポイント4にある『夜鳴き地蔵』です。


馬越峠道02-20

馬越峠道02-21馬越峠道02-22




この石積みの祠にあるお地蔵さんは、
明治までは旅人の無事を祈る為の石地蔵でありましたが、
いつしか地区の人々が子供の夜鳴き封じを願って「夜鳴き地蔵」と呼ぶようになり、
現在でも哺乳瓶や真新しい涎掛けが備えられています(´ー`)

海山側の登り口から登ってきて最初にある馬越峠の名所です☆

馬越峠道02-23


今回はここまで、次回に続きます(*´∀`)b





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





スポンサーサイト

熊野古道を歩く 『馬越峠01・JR相賀駅から登り口まで』 - 2018.02.16 Fri

馬越峠道01-01

今回は熊野古道の中でも人気の峠「馬越峠」を歩きますヽ(´□`。)ノ

まずは公共交通機関を使った場合の出発点JR相賀駅から歩きまして、
道の駅「海山」近くにある登り口へと向かいます。


馬越峠道01-02

駅を出たら真っ直ぐ歩いて国道42号線へ~

馬越峠道01-04

馬越峠道01-05馬越峠道01-07

駅から相賀の集落の中心街を通り、
200mほどで国道42号線へ出られます。

国道42号線に出ましたら左手、熊野方面へ歩いていきます。

この丁字路の左手に相賀神社が鎮座していますので、
これからの旅の安全をお祈りしても良いでしょう(o´ω`o)わたしはしました♪

相賀神社で参拝した後に境内の写真を撮っていましたら、
掃除されていた神社の方が、わざわざ御案内してくださいまして、
神社の歴史や古い灯篭について教えてくださりとても助かりました、ありがたいことです。


馬越峠道01-09

しばらく歩きますと日本屈指の透明度を誇る「銚子川」と合流します(*゚∀゚)=3


馬越峠道01-10

川を橋の上から見てみると「ゆらゆら帯」がよく見えます☆

左のぼやけているように見えるのが海水で透明なのが淡水の部分で
境界がゆらゆらと揺らめいて見えるため「ゆらゆら帯」と呼ばれています。

どの川にでも汽水域はありますが一般的な川では河口部になりますと濁りが出てくるため、
見るのは困難な貴重な現象です(-_☆)b



馬越峠道01-11馬越峠道01-12馬越峠道01-13馬越峠道01-14

銚子川に架かる橋を渡り、しばらく国道42号線の道沿いに歩道を歩いていきますと、
遠くに道の駅「海山」が見えてくる頃、トンネルほ半分にしたような洞門「ごんべ洞門」というのがあり、
「♪ゴンベが種まきゃ~♪カラスがほじくる~♪」の歌で有名な種まき権兵衛さんの伝承のレリーフがあります(`・ω・´)


馬越峠道01-18

馬越峠道01-15馬越峠道01-16馬越峠道01-17

この民話に登場する権兵衛さんは当地の武士の家に生まれたが、
父の死後、武士の身分を捨て望みであった農家となり荒地の開墾をはじめ、
慣れない農作業に悪戦苦闘しますが諦めずに続け村一番の農家になります。

また鉄砲の腕にも秀でており、その評判は紀州藩主・徳川宗直の耳に届くほどで、
宗直の前で見事3発の弾を標的に命中させ宗直が褒美に田を与えようとしたところ、
権兵衛さんはこれを辞退し、代わりに村人の年貢を免じてもらって村人から喜ばれました。

その後、近隣の村人たちや旅人を襲っていた馬越峠に出るという大蛇の話を聞いた権兵衛さんは、
大蛇を退治するべく猟銃を持って山に入り見事大蛇を仕留めたものの、
自身も大蛇の毒液を浴びてしまい村人の介抱もむなしく1736年(元文元年)12月26日に死去したそうです。

そのことを村人たちはたいそう悲しみ碑を建てて弔い、
恩を忘れぬようにと権兵衛さんの活躍を今も言い伝えています。

馬越峠道01-19

馬越峠道01-20馬越峠道01-21馬越峠道01-23馬越峠道01-24

そんな感じで「ごんべ洞門」を過ぎると馬越峠最寄の道の駅「海山」に到着です(o´ω`o)ノ

この道の駅には近隣の観光案内所やレストランなどもあり、
馬越峠で食べる用のお弁当やオニギリ、飲み物などが買えますので、
手ぶらで来られた方はこちらでいろいろ買い揃えると良いかと思います。

または峠から帰ってきてこちらで食事というのも良いですね~
いろいろな地元の海の幸を使った定食など美味しそうでした☆

写真で見ると山奥のように見えますが、この山の反対側は海です(笑

馬越峠道01-25

この道の駅から登り口までは約600mほどですので、
お車で来られる方はこちらに駐車して熊野古道へ向かわれると良いと思います。

馬越峠道01-26

そして馬越峠の登り口に到着でっすヾ(@^▽^@)ノ
ここから反対側の尾鷲市まで約6.5キロの峠道となっています。


というわけで次回から順を追って馬越峠をご紹介していきます☆

馬越峠道01-27







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






▼相賀神社▼ - 2018.02.11 Sun

相賀神社03

相賀神社01相賀神社02相賀神社04相賀神社05




ナナモリ(普b-01)s三重県北牟婁郡紀北町相賀にある相賀神社(あいがじんじゃ)です。

熊野古道馬越峠の最寄り駅JR相賀駅より徒歩2分、
国道42号線の旧海山町の相賀交差点の東角に鎮座しています。

神社裏の山を削り国道42号線が通っている為道路からは分かりづらくなっています。


相賀神社06

相賀神社07相賀神社10相賀神社08相賀神社09

ナナモリ(楽)s御祭神は國常立尊、國狹槌尊

明治時代に相賀地区の数多くの神社を合祀しているため、
他に田別命、素盞男命、武甕槌命、大山祇命、倉稲魂命、罔象女命、
市杵嶋姫命、迦遇突智命、表筒男命、中筒男命、底筒男命と、
多くの御祭神がお祀りされています。


当社の創始については不詳でありますが「紀伊続風土記」によりますと、
ここ相賀は紀北にあって最も早く集落を形成した地域と伝えられていることから、
当時より村の鎮守として変わらずこの地に鎮座していたと考えられます。


相賀神社13

相賀神社14相賀神社15相賀神社16相賀神社17



ナナモリ(喜)s他に見所としまして拝殿左手奥の竹林に楠の巨樹や、
本殿左右には環境省巨樹データベースにも登録されている杉の巨木、
寛冶8年(1094)の「庄治氏旧紀」に「二天八王子前に石灯籠一基あり」と、
そう記された石灯篭が拝殿右手より回り込んだ場所にあります。

この石灯篭は相賀神社で最も古い建造物となっています。



相賀神社18

江戸時代には、これから熊野古道馬越峠へと向かう多くの巡礼者がお参りして行ったことでしょう。


相賀神社20




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




富士宮の吉原小宿の新名物? 『つけナポリタン』 - 2018.02.07 Wed

つけナポリタン01

静岡県富士宮浅間大社へお参りに行った後になにかご当地グルメをと思いまして、
『つけナポリタン』というのをいただきに行ってました(o´ω`o)ノ

この『つけナポリタン』というのは静岡県富士市の「吉原商店街(旧吉原市地区)」の、
喫茶店や飲食店を中心に提供されているご当地グルメです。

ちなみにこの吉原というのは東海道五十三次の14番目の宿場である「吉原宿」のことです♪


つけナポリタン03

今回は吉原商店街にある「喰物問屋」さんへε=(ノ・∀・)ノ

『つけナポリタン』はトマトソースをベースとしたWスープで、
提供する際は麺とスープを分けた「つけ麺」スタイルという部分以外は、
お店によっていろいろトッピングや麺の種類、トマトソースとあわせるもう一つのソースに違いがあり、
それぞれのお店で味が大きく異なっているのが特徴です。

つけナポリタン04

そしてこちら「喰物問屋」さんの場合は、
パスタに乾燥バジルをからめガーリックオイルで炒めたもので

つけナポリタン05

麺をつけるトマトスープはすこしタバスコか唐辛子を利かしたピリ辛となっていまして、
麺をつけていただくことでアラビアータ風の味になりました(*´艸`*)美味しい♪

富士宮焼きソバで有名な富士宮市ですが、
ちょっと趣向を変えて「つけナポリタン」というのも良い感じですね☆





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






ちょっとだけ恵方巻き、節分汁はあります。 - 2018.02.04 Sun

2018節分01

昨日は節分でした(o´ω`o)ノ ∴

各地で豆撒きなどの節分の行事が行なわれていましたね~
母と妹も節分の豆撒きに行ってきたそうで沢山の豆と御をいただいてきてました(笑

炒り豆が香ばしくてほのかに甘くて大好きです(*´艸`*)美味しい♪

2018節分02

今年はなにやら忙しかったのでちょっとだけ恵方巻きを作りました。
恵方巻きというより…もはや普通の巻き寿司です(*´Д`)(笑

今回は「海の幸巻き」というかんじで左がエビフライ巻きで右が鉄火巻き、
そして真ん中の断面だけ見ると得体の知れない感じなのは~

2018節分03

カキフライを巻いて見ました(人*´∀`*)
タルタルソースとレモン汁をかけて、あとちょっとだけ岩塩を隠し味程度に~
これは間違いの無い美味しさでした(笑

大粒の牡蠣をいただいたのでカキフライにして巻き寿司にしましたが、
バター醤油味の焼き牡蠣にして巻き寿司にしても面白かったかもしれませんね☆

2018節分04

あとは恒例の節分汁ヾ(@^▽^@)ノ
具材は大根・人参・椎茸・昆布・牛蒡・大豆・三つ葉の七種のおすましです。





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示