◎あちこち神社◎
topimage

2017-09

▼近江神宮-時計いろいろ▼ - 2017.09.22 Fri

近江神宮・時計01

近江神宮の御祭神である第38代天智天皇が漏刻(水時計)を作り、
大津宮の新台に置いて鐘鼓を打って日本で最初に時報を開始されことに因み、
時計館宝物館館内やの周辺に様々な時計が展示・設置されています。



近江神宮・時計02


ナナモリ(普b-01)sこちらはその日本最初の時計「漏刻」の模型です。

漏刻・水時計の歴史は古く3500年前のエジプト・バビロニアの頃からあり、
中国でも前漢(紀元前206年)の頃の文献や出土品に図形なども残され、
日本に伝わったのはその中国の知識を基に作られたと考えられています。


この水時計は日本・スイス修交百周年を記念して、
昭和39年オメガ社総代理店のシイベルヘグナー社により奉納されたもので、
三層に分かれた枡より漏れ落ちる水の量により時間を計り、
一目盛りはおよそ10分間を示すように作られています。



近江神宮・時計04

近江神宮・時計03近江神宮・時計05近江神宮・時計06



ナナモリ(楽3)s
こちらの紅白二基あるものは日時計で、
朱色の方が「精密日時計」
白い方が「矢橋式日時計」です。



この「精密日時計」の方式は、
よく知られている棒の影が太陽の動きで変わることで時刻を知るというものですが、
文字盤の目盛りが五分刻みという世界最高精度のものとなっております。

「矢橋式日時計」の方式は中央の庇の形をした影が、
午後1時までは右側、午後1時間以後は左側の目盛に移ることで時刻がわかるというもので、
経度差・均時差を半円形の目盛板を左右に回転させて修正することで常に正しい時刻を示せるというものです。

「矢橋式日時計」の文字盤の周囲には白村江や高千穂峰などの、
歴史的場所までの距離が示されています。


近江神宮・時計07

近江神宮・時計08こちらの龍の形をしたものは「古代火時計」です。

この火時計は約4000年前の中国にて主に夜間の時間を計るものとして用いられたもので、
龍の背には14個の銅球が等間隔に吊り下げられており、
糸の下を燃え進む線香の火が糸を焼き切り球が落下してドラが鳴ることで時を告げるというものです。

この時計は1間隔がおよそ2時間を示すように作られており、
日時計などの時刻を伝えるものとは違い時間を長さを伝えるものとなっています。

こちらは1979年の時の記念日にロレックス時計会社(スイス・ジュネーブ)より贈られたものです。





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ









スポンサーサイト

▼近江神宮-栖松遙拝殿と自動車清祓所▼ - 2017.09.18 Mon

栖松遙拝殿と自動車清祓所01

栖松遙拝殿と自動車清祓所02栖松遙拝殿と自動車清祓所03栖松遙拝殿と自動車清祓所04栖松遙拝殿と自動車清祓所05



ナナモリ(喜2)s近江神宮本殿右手にある栖松遙拝殿(せいしょうようはいでん)です。

この社は有栖川宮家の祭祀を継承された高松宮宣仁親王が、
ご成婚の後、東京高輪の宮廷内に創建し、
妃殿下と共に日々礼拝しておられた御霊屋であります。


両陛下の御逝去後、高松宮とご縁の深い近江神宮へお移しすることになり、
有栖川宮の「栖」、高松宮の「松」の一字ずつを拝戴し、
平成18年に移築復元して栖松遙拝殿と名づけられました。


栖松遙拝殿と自動車清祓所06栖松遙拝殿と自動車清祓所07栖松遙拝殿と自動車清祓所08栖松遙拝殿と自動車清祓所09

栖松遙拝殿と自動車清祓所10




栖松遙拝殿と自動車清祓所11

栖松遙拝殿と自動車清祓所12栖松遙拝殿と自動車清祓所13


ナナモリ(楽3)sこちらは本殿左手にある自動車清祓所です。

元は大津裁判所本館車寄で、
明治23年建築の大津地方裁判所の玄関車寄せが、
昭和46年解体建て直しされるにあたり近江神宮に移築され、
自動車清祓所として使われ登録有形文化財にも指定されています。



栖松遙拝殿と自動車清祓所14




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






▼近江神宮-本殿▼ - 2017.09.13 Wed

近江神宮・本殿01

近江神宮・本殿02近江神宮・本殿03近江神宮・本殿04近江神宮・本殿05


ナナモリ(楽2手2)s滋賀県大津市に鎮座する近江神宮(おうみじんぐう)です。

近江神宮は滋賀県西部の大津市中心部に近い琵琶湖西岸の山裾にあり、
天智天皇の古都、近江大津宮(大津京)跡に鎮座する神社です。



創始は新しく1940年(昭和15年)の11月、
天智天皇6年(667年)に同天皇が当地に近江大津宮を営み、
飛鳥から遷都した由緒に因み紀元2600年の佳節にあたる年に創始されました。


近江神宮・本殿08

近江神宮・本殿06近江神宮・本殿07近江神宮・本殿09近江神宮・本殿10



ナナモリ(普b)s御祭神は天命開別大神(天智天皇)

天智天皇は第34代舒明天皇の皇子で皇太子として藤原鎌足とともに、
蘇我一族の専横を除去し、大化改新(645年)を断行された中大兄皇子であり、
天智称制6年(667年)に都を奈良の飛鳥より近江大津宮へ遷され、
憲法の源をなす「近江令」を制定した天皇陛下として知られています。


天智天皇の御事績は歴代の天皇陛下のなかでも別格の位置におかれ、
歴代天皇の即位に当っての宣命には、かならず天智天皇のことに言及されるなど、
皇室の歴史のなかでも特別崇敬の深い天皇で在られます。

近江神宮・本殿11


近江神宮・本殿12

近江神宮・本殿13近江神宮・本殿14近江神宮・本殿15近江神宮・本殿16



ナナモリ(喜)s
近江神宮は『小倉百人一首』の第1首目の歌を詠んだ天智天皇に因み「かるたの殿堂」とも称され、
毎年お正月に「かるた祭・かるた開きの儀」が執り行われ、
1月には「競技かるた名人位・クイーン位決定戦」、
7月には全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会なども開催されています。



また競技かるたを題材にした漫画・アニメ『ちはやふる』の舞台としても有名で、
石段から楼門を仰ぐ構図がポスターなどでも使われ、
劇中のかるた大会では会場の近江勧学館も登場します。


近江神宮・本殿17

近江神宮・本殿18近江神宮・本殿19近江神宮・本殿20近江神宮・本殿21



ナナモリ(笑)s社殿は「近江造」と呼ばれる独特のもので国の登録有形文化財に登録されています。

本殿など大部分の建物は竣工当時の昭和15年、
神楽殿を中心とする第二期工事部分は昭和19年の建築で、
自動車清祓所(旧大津裁判所本館車寄)は明治23年の建築で昭和46年に移築されたものです。



近江神宮竣工当時はまだ近江大津宮のあった地はわかっていませんでしたが、
昭和49年と、53年の調査の結果、大津京の中心は近江神宮から直線で約400メートルほど南、
錦織2丁目のあたりと判明し近江神宮境内は大津宮の一角ということが確定的となりました。


大津に都があったのは僅か5年あまりで、
壬申の乱の後、都は再び飛鳥に戻された為、多くの謎が残っています。


近江神宮・本殿22






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ









琵琶湖キャンプで燻製も近江牛カレーも - 2017.09.09 Sat

2017琵琶湖キャンプ03

琵琶湖キャンプに行ってきましたーー(o´ω`o)ノ

四尾連湖に続く湖畔キャンプ第二段っ!!
たぶん続きません(笑

2017琵琶湖キャンプ01

2017琵琶湖キャンプ022017琵琶湖キャンプ042017琵琶湖キャンプ052017琵琶湖キャンプ18

今回のキャンプ場は、琵琶湖国定公園内にある休暇村「近江八幡」

ホテルに併設されたキャンプ場で施設が充実していて、
テントも手間のかからない設営済の常設テントなどもあり、
キャンプ初心者や手軽にアウトドアを楽しみたい方におススメのキャンプ場です。
ホテル内にある温泉入浴もプランにセットできるのも良いところ♪

わたしはテントは自分で設置したい派なのでテント持ち込みです(-_☆)v

ちなみに近くには時代劇の撮影などにも使われる「近江八幡の町並み」や、
「安土城址」などもあって歴史観光も楽しめます。


2017琵琶湖キャンプ07

琵琶湖の見えるキャンプ場から歩いてすぐ湖の波打ち際まで行けて、
その自然豊かで美しい琵琶湖の姿を眺められます(人*´∀`*)

ここは遊泳可能となっていまして、
夏には朝から多くの方が泳ぎに来ているようです。


2017琵琶湖キャンプ10

さて、日が暮れる前にテントを設営しまして~
晩御飯の準備です(`・ω・´)今回は友達がダッチオーブン燻製に挑戦っ!
絶対に美味しくなる食材だけを厳選して中に入れて燻しました(笑


2017琵琶湖キャンプ08

燻製の完成まで時間がかかるので燻している間に、
キャンプにはやっぱりカレーということで、
簡単にすぐ作れて食べられるご当地レトルトカレー(*´Д`)しかも近江牛♪やったー


2017琵琶湖キャンプ09

飯盒で御飯を炊いてカレーを温めて、はいっ完成♪
カレーだけでは寂しいので燻製にする食材をちょっと拝借(笑

レトルトのカレーというを久しぶりにいただきましたが、
この近江牛のカレーは大きいお肉がゴロゴロ入っていてスパイシーで美味しかったです(*´艸`*)

2017琵琶湖キャンプ11

という間に燻製も完成~♪

いい色に仕上がっています(*´Д`)
ちなみに最初に入れたチーズは溶け始めていたので途中で救出しました(笑


2017琵琶湖キャンプ12

もちろんワインもご用意してございます(笑
その名も「琵琶湖」というロゼワイン♪

美味しくできた燻製とワインでまったり静かで楽しい夜を満喫しました(´ー`)素晴らしい

そして温泉に入って就寝ZZzz…

2017琵琶湖キャンプ15

次の日の朝

つい、いつもの早起きの習慣で日が昇り始めるぐらいに起きてしまったので、
簡単に身支度と荷物を纏めて朝の琵琶湖を散歩(o´ω`o)ちょっと雲はあるけど良いお天気♪


2017琵琶湖キャンプ16

これは琵琶湖湖畔からキャンプ場のある山を見た風景~


2017琵琶湖キャンプ14

ここからは琵琶湖最大の島で日本で唯一友人の湖上島「沖島」が見えます。

沖島の歴史は古く延喜式内社として記されている奥津島神社の建立当時、
琵琶湖の航行の安全を守る神の島として崇拝される無人島だったそうで、
その後、保元・平治の乱に敗れた清和源氏の流れを汲む武者が島を開拓し、
定住したのが有人化の始まりと伝えられています。

沖島へは休暇村近くの堀切港から沖島通船が出ています。


2017琵琶湖キャンプ17

朝のキャンプ御飯は簡単にダッチオーブンで焼いたピザと、
燻製で食べきれなかった食材を焼いたものと、
デザートに梨と淹れ立てのドリップコーヒーです(人*´∀`*)

野菜が足らない感じですが…ピザは野菜なので大丈夫です!!(笑

2017琵琶湖キャンプ19

というかんじの今年の夏の琵琶湖キャンプでしたーヾ(@^▽^@)ノ楽しかったです☆


休暇村「」近江八幡」につきましてはこちら↓パンフレット一覧から、
https://www.qkamura.or.jp/ohmi/booklet/
休暇村の各パンフレットをPDF形式のファイルでダウンロードしていただけます。





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




▼秋葉山本宮秋葉神社(上社)・東の神門・西ノ閽の神門▼ - 2017.09.04 Mon

秋葉神社・東門西門01

上社から下社へ続く表参道を少し下った場所にあるのは「東の神門」です。



秋葉神社・東門西門02

秋葉神社・東門西門04秋葉神社・東門西門05秋葉神社・東門西門06秋葉神社・東門西門09



ナナモリ(楽2)sこの東の神門は境内でもっとも古い建造物になります。

昭和18年の大火からの類焼より免れた、
江戸時代の面影を偲ばせる唯一の髄神門で、
当時の朱塗りの鮮烈さや彫刻の精巧さが秋葉山として栄えた頃を思わせます。


入母屋造りで間口五間四尺(約10メートル)・奥行き三間に尺(約6メートル)の門で、
文化9年(1812年)諏訪三郎の作と伝える華やかな彫刻があり、
天保2年(1831年)信州上諏訪の立川流の名工である二代目和四朗冨昌、和蔵父子と、
その弟の次右衛門富保・喜三良父子の手に依って再建されたとの棟札が保存されています。



秋葉神社・東門西門07秋葉神社・東門西門08秋葉神社・東門西門10秋葉神社・東門西門03



この門の周囲には石垣などの古い遺構も残されています。



秋葉神社・東門西門11

上社と第一駐車場を繋ぐ参道にあるのは「西ノ閽の神門」です。



秋葉神社・東門西門12

秋葉神社・東門西門15秋葉神社・東門西門16秋葉神社・東門西門17秋葉神社・東門西門18



ナナモリ(笑)sこの西ノ閽(こん)の神門は平成17年に竣工した境内の中でも新しい建造物です。

御鎮座1,300年記念事業の一環で秋葉杉を主体に地元天竜杉だけを用い、
平成14年より工事を着手し足掛け4年の歳月をかけ完成した神門で、
高さ13メートルの細緻な彫刻の施された門となっています。



神門四隅には南部白雲作の青龍・玄武・朱雀・白虎の四神の彫刻は特に見応えがあります。

秋葉神社・東門西門19秋葉神社・東門西門13秋葉神社・東門西門14







秋葉神社・東門西門20



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示