◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-02

*端島(軍艦島)へゆく・その3* - 2019.02.21 Thu

端島(軍艦島)03-01

それではっ!! ドルフィン桟橋より軍艦島へ上陸~三(ง ˙˘˙ )ว

右端の遠くに見える白い建物は端島小中学校で、
丘の上にある大きな建物は職員住宅の三号棟、
そして、海の中にぽつんぽつんとある建造物は旧積み込み桟橋の橋台跡です。


端島(軍艦島)03-02

70号棟にあたる端島小中学校は、
1~3階には小学校教室と職員室や技術室、
4階と5階には中学校の教室、
6階には講堂兼用の体育館及び図書室と音楽教室があり、
昭和36年に増築された7階には理科室、被服室、料理教室があったそうです。

建築初期の昭和9には木造2階建ての校舎でしたが昭和30年の火事により消失し、
その後すぐ再建されますが同じ年に隣接する病院の火災で延焼したため、
再工事し7階建ての鉄筋コンクリート造の校舎となりました。

端島(軍艦島)03-03

丘の上の3号棟職員住宅がある場所にはかつて5棟ほど職員住宅が建ち並び、
手前の丘下には貯炭場や第四竪坑、大きな積み込み用の大きなクレーンなどが建ち並んでいたそうです。



端島(軍艦島)03-04

そして、原炭ポケットと選炭機があった周辺が見学スポット1となっていまして、
ガイドさんからの説明などを受けます(゚▽゚*)♪


端島(軍艦島)03-05

丘の上にある建物は貯水槽か7号棟のクラブハウスかな?
少し下にある緑のフェンスやコンクリートの壁がある所は山道となっていまして、
この島を縦に真っ直ぐ北と南を繋ぐ道となっています。


端島(軍艦島)03-06

また登場の3号棟・職員社宅跡です(笑

下を真っ直ぐ通っているコンクリートの山道と、
社宅のあった丘の上へ続く階段がよくわかりますね。


端島(軍艦島)03-07

見学スポット1から端島小中学校方面を見るとこんな感じです(*゚∀゚)=3

中央の開けた野原のような空間にはかつて大きな貯炭場があったそうで、
中央左側のトンネルが二つ並んだように見えるのは基礎が残った浮選機室跡かな?
その少し手前には修理工場などがありました。


端島(軍艦島)03-07-02

右側にたくさん並んでいるH形のコンクリートの支柱は、
石炭を運ぶ大きなベルコンベアーがあった跡なのだそうです。


端島(軍艦島)03-08

端島(軍艦島)03-09
見学通路を進み見学スポット2の辺りからみた丘です。

なんとなく山城の跡のようにも見えますね(o´ω`o)


端島(軍艦島)03-11

次の見学スポットへ移動~₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾

見学通路のすぐ側にあるのは第二竪坑や二坑捲座があった場所です。

端島(軍艦島)03-10

手前にある建物は第二竪坑 の桟橋入口跡で、
昭和12年に完成し深さ636mの当時国内最深の竪坑の上には、
島の岩礁よりも 高い鉄骨製の櫓が聳えていましたが、
閉山後すぐに解体され現在では入坑桟橋への入口の建物部分だけが残っています。

上に乗っているように見える四角い建物は、
実際には少し奥にある独立した建物で、
たぶん巻き上げ機があった場所…かな?


端島(軍艦島)03-12

第二竪坑桟橋入口を別の角度から~

さて、それでは次回は一番奥の見学広場へと行き、
軍艦島探訪の最終回になります(o´ω`o)ノ




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト

*端島(軍艦島)へゆく・その2* - 2019.02.15 Fri

端島(軍艦島)02-01

というわけで軍艦島です(o´ω`o)ノ



端島(軍艦島)02-02

さっそく上陸っ!!
と行きたいところですがまずは島の外海側を遊覧です₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

軍艦島は全長480m、幅160mの無人島で、
閉山された1974年から一般の立ち入りは禁止されていましたが、
2009年より上陸が許可され天候などの安全基準が満たされた場合のみ見学ができるようになりました。

端島(軍艦島)02-03

正面に見えるのは「31号棟」という集合住宅があった場所で、
その左側に残骸になっている感じの場所には映画館だったそうです。

灯台のある丘の右下あたりに炭鉱へ入る「第二竪坑」があります。


端島(軍艦島)02-05

丘の上にある白い灯台は閉山によって島の明かりが無くなったため、
閉山の翌年に立てられたもので正式名称は『肥前端島灯台』と言い、
現在のものは1998年に強化プラスチックで建て替えられたものです。

横の四角い建物は「貯水槽」で、
その周囲はかつて「児童公園」となっていました。


端島(軍艦島)02-06

端島(軍艦島)02-07端島(軍艦島)02-08

この辺りは「鉱員社宅」や「厚生食堂」があった場所で、
日給住宅の16~20号棟が立ち並んでいる島一番のアパート集合地帯です。

島一番のマンモスアパート(300所帯)である65号棟の屋上には保育園がありました。

端島(軍艦島)02-09

島の一番北端には「病院」があったそうですので、
たぶんこれが病院跡の建物だと思います。


端島(軍艦島)02-10

端島(軍艦島)02-11
島の最上部にぽつんとあるのは「端島神社」の神殿です。
現在は神殿だけの姿となっていますが、かつては立派な社殿や拝殿などがあり、
毎年4月の例祭では神輿が島内一長い階段を駆け降りるという勇壮な行事や、
主婦会によるバザーなども開かれていたそうです。


端島神社は昭和11年 (1936)に創建され、
御祭神は大物主神または山ノ神だったといわれています。

ちなみにここがこの島の1号棟になります。

端島(軍艦島)02-12

軍艦島を北側から見た姿は、
本当に軍艦を彷彿とさせる存在感がありますね。

本物の軍艦は見たことありませんけれど(ノ∀`)(笑


端島(軍艦島)02-13

それでは島の南東側へ戻り、
ドルフィン桟橋という島唯一の玄関口から上陸します。

当時もここから島民の為の定期船が出ていたそうです。

端島(軍艦島)02-15

端島(軍艦島)02-14端島(軍艦島)02-16端島(軍艦島)02-17

島へ上陸し建造物を間近に見ますとやはり迫力がありますね(*゚∀゚)=3

ここからは見学通路を通り、
プールや工場などがあった第一・第二見学広場でガイドさんによる説明を受けます。

注意事項としましては島内では傘・日傘の使用はできず、
安全のため、ハイヒール、草履、スリッパ、ビーチサンダルは禁止で、
見学者が許可されている上陸エリアは桟橋、見学広場、見学通路(約220m)のみと条例で決められています。

ですので、もし範囲外にお財布や携帯電話などを落した場合は取りにいくことはできません(-_☆)気をつけましょう。

端島(軍艦島)02-18

見学広場から見られる建物はまた次回に~







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*端島へゆく・その1* - 2019.02.10 Sun

端島(軍艦島)01-01

唐突に長崎港より出航です(笑 三(ง ˙˘˙ )ว



端島(軍艦島)01-02

こういうクレーンや工場のある普通の港町とは違った雰囲気の海沿いの街、
好きです(゚▽゚*)♪

海沿いの工場地帯よりちょっと小高い丘になっているところはグラバー通りとかドンドン坂がある辺りで、
写真の左手のほうにグラバー邸とかがあります、写ってないですが(笑

端島(軍艦島)01-03

海沿いにずっと造船所などの施設が密集してあります。



端島(軍艦島)01-08

端島(軍艦島)01-07端島(軍艦島)01-08端島(軍艦島)01-09

ちょうとグラバー邸などがある丘の向かい側、海を挟んだ対岸には、
三菱重工の大きな造船所地帯があります。

大正4年には民間造船所初の戦艦建造として霧島が建造され、
昭和17年には戦艦・武蔵が生まれた造船所です。

端島(軍艦島)01-10

端島(軍艦島)01-11端島(軍艦島)01-12端島(軍艦島)01-13

現在も海上自衛隊の自衛艦を多く建造し、
湾内に整備改装中の艦が停泊しています。

仲良く並んでいてるのは、
DDG-178 「あしがら」とDD-117 「すずつき」で、
縦に仲良く並んでいるのはDD-119 「あさひ」とDD-120 「しらぬい」という姉妹艦らしいです。


端島(軍艦島)01-04

さて、さらに長崎湾内を進んで行き大きな橋の下をくぐります。


端島(軍艦島)01-05

この橋は「女神大橋」という橋で愛称は「ヴィーナスウィング」とか。
洒落た名前の橋ですね~(o´ω`o)
なぜ女神なのかはよくわかりません(笑


端島(軍艦島)01-16

長崎港の造船所地帯を過ぎ湾外へ~
右手のほうにちらっと見えている大きなクレーンも三菱重工の造船所で、
先ほどとはまた別の工場です。

端島(軍艦島)01-17

遠見岳と玄牛鼻の間の大中瀬戸という場所を通り先へ進み。

端島(軍艦島)01-18


伊王島大橋の下をくぐります。


端島(軍艦島)01-19


そして、目的の島が見えてきました(-_☆)



端島(軍艦島)01-20


まるで戦艦のようなシルエットを持つ島…


端島(軍艦島)01-21


そう、軍艦島こと端島へ到着ですっ!ヽ(´□`。)ノ・゚

というわけで次回・軍艦島上陸編に続きます♪




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ








節分のエビカツカレー巻きと赤味噌仕立ての節分汁とか~ - 2019.02.04 Mon

2019節分01

今年の節分祭りでは母と妹が頑張っていろいろ拾って来てくれました(笑
豆と御餅は豆まきで拾ったもので、
矢と御幣みたいなのは修験さんが使った後いただいたものだそうです+.゚(*´∀`)b゚+.゚

矢は四方に放って清めるときに使ったもので、
羽の部分の色が違うのはその方角に適応したものだからだとか。

青と水色だから東の青龍と西の白虎ということかな?


2019節分02

そしていつも恵方巻きを準備っ!

お歳暮でいただいた数の子は前日から塩抜きしつつ、
いつもの卵焼きやシイタケ・かんぴょうと、あとは竹の子というかんじです(゚▽゚*)♪


2019節分03

あとカニカマも入れてこれで七種類の具材の恵方巻き


2019節分04

そしてもう1つは変り種のエビカツチーズカレー巻きヽ(´□`。)ノ・゚

もう巻き寿司なのかなんなのかよくわからない状態です(笑

2019節分05

カレーの部分にはこの「井村屋ぎゅ~と簡単おにぎりの具・カレー味」という、
オニギリに入れるペースト状のキーマカレーっぽいものを使いました☆

温かい御飯にはそのまま使いますが、
冷たい寿司飯ですのでちょっと温めて使いました。


2019節分06

という感じで完成~♪

カレー味の方はそのままで、
普通の恵方巻きにはちょっとお醤油と山葵で~(*´艸`*)美味しい

でもカレーの方のチーズがちょっと大きすぎて味を主張しすぎていたのは失敗だったかな?(笑

2019節分07

そして今年の節分汁は赤味噌仕立ての豚汁風にしました♪
猪年ですので(-_☆)









○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







今日より余寒の候、二月です。 - 2019.02.01 Fri

2019氷01

一月もあっという間に過ぎ二月です。
二月は二月で短い月ですから早く過ぎちゃうんですよね三(ง ˙˘˙ )ว

そろそろ梅のつぼみがほころぶ季節となりましたが、
まだ余寒なお厳しいこの頃、
水温む季節はまだ遠い感じですね。

春の訪れが待ち遠しく感じます(o´ω`o)

風邪やインフルエンザが流行っておりますので、
うがい手洗いをいつもより回数多くして、
感染予防に努めて参りましょう(`・ω・´)

それでは今月もどうぞよろしくお願いしまっす♪



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示