◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-12

▼大和神社-御旅所・御旅所坐神社▼ - 2019.12.07 Sat

大和神社御旅所01

大和神社御旅所02大和神社御旅所03大和神社御旅所04


ナナモリ(普b-01)s奈良天理市中山町にある御旅所坐神社です。

この神社天理市新泉町星山に鎮座する大和神社の北西にある境外末社で、
大和神社の例祭「ちゃんちゃん祭り」では本社と摂社である増御子神社の両神輿が大和神社を出発し、
旧大和郷に該当する9町の氏子を中心とした約100人の時代装束を着た人達により、
2kmほどの道のりを歩いてここまで運ばれ祭礼がおこなわれます。


渡御祭・通称「ちゃんちゃん祭り」は、
「祭り始めは ちゃんちゃん祭り、祭り納めはおん祭り」と里謡に歌われる大和の代表的な祭りで、
氏子の頭屋・雅児を先頭に夫々の町内人供奉し行列順に各執物を捧持し、
ちゃんちゃん鐘を合図に成願寺・岸田を経てこの大塚山の御旅所まで約2kmを往復渡御し、
この御旅所では翁舞・龍の口舞の田楽舞が奉納されるそうです。



大和神社御旅所06

大和神社御旅所05大和神社御旅所07大和神社御旅所12



ナナモリ(楽2手2)s御旅所坐神社の御祭神は伊怒姫命(いぬひめのみこと)八十矛戈大神(やちほこのおおかみ)

大和神社御旅所は明治の初めまでは中山大塚古墳の小高地にあったそうで
その南麓である現社地に観音堂と庫裡があったようですが神仏分離で廃され、
その跡に社殿を遷したのが当社となっています。


日本書紀の巻第五・崇神天皇に、
「これより先、天照大神と倭大国魂の二神を皇居内に祀った。
しかし神の勢を畏れ、共に住むには不安があった。
そこで天照大神は豊鍬入姫命に託して大和の笠縫邑に祭り、堅固な石の神籬をつくった。
また日本大国魂神を淳名城入姫命に託して祭らせた・・・・」
とあるように伊勢神宮の天照大神と共に皇居内で祀るには神威が強く畏れ多いとして、
皇居外に鎮座地を探し祀ったのが大和神社の倭大国魂で、
当社の御祭神はその母神であります。



大和神社御旅所08

大和神社御旅所09大和神社御旅所10大和神社御旅所11大和神社御旅所16





ナナモリ(驚)sこちらは共に鎮座する歯定神社です。

御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)・少彦名神(すくなひこなのかみ)
農業・特に葉物野菜の種蒔きに際して、当社に豊作を祈願したともいう説もあり、
古くは、“葉状神社”とも呼ばれていました。


また医療の神、少彦名神を祀ることから“歯の神”とも言われ、
拝殿前に、注連縄(しめなわ)をまいた歯の形をした石が3個据えられています。


大和神社御旅所15

この神社の境内は中山大塚古墳の一部でもあり、
神社のあるこの場所が古墳の南麓部分となっています。


大和神社御旅所13

この公園の奥の部分からが古墳です。

中山大塚古墳は大和古墳群のひとつであり、
古墳時代初頭に築かれた前方後円墳で、
全長130メートル・後円部径67メートル・後円部の高さ15メートルの大きさがあります。

出土遺物では銅鏡や鉄器などが発見されたそうです。

大和神社御旅所17





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト



今日より師走の候、十二月です。 - 2019.12.01 Sun

2019紅葉01

早いもので、もう師走、
朝夕の寒さがひとしお身にしみるころとなりました。

とはいえ秋の紅葉がやっと来た感じで、
年末年始の準備はぼちぼち始まっておりますが、
なんとなく年末という気がしてきません(ノ∀`)

しかし、新年間近になって慌てることの無い様、
しっかり準備にとりかかりたいと思います(`・ω・´)

年末に向けご多忙のことと存じますが、
お元気で新年をお迎えになりますように、
健康にお気をつけてお過ごしくださいませ。

それでは今年も最後の月となりましたが、
今月もどうぞよろしくお願いします♪


○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



*呉へゆく・歴史の見える丘* - 2019.11.26 Tue

歴史の見える丘00

市での日本遺産・旧鎮守府巡りの締めくくりとしまして、
最後に「歴史の見える丘」と言うところに行きました三(ง ˙˘˙ )ว

駅から国道487号線を宮原方面に登って行き、
海上自衛隊地方総監部を過ぎて「子規句碑前」というバス停のところから、
山側へ登ったところにあります。

この公園は明治以降のが軍港都市から産業都市として、
その歩んだ歴史が一望できる場所として造成され1982(昭和57)年に完成しました。


歴史の見える丘03

歴史の見える丘04歴史の見える丘07

こちらのモニュメントは「噫(ああ)戦艦大和塔」というもので、
戦艦大和を建造した旧海軍工廠を望むこの地に、
1969(昭和44)年の第30回大和進水日(8月8日)を記念して大和会により建てらたそうです。

塔の形は大和の艦橋をかたどったもので、
右に戦艦大和の46センチ主砲徹甲弾(てっこうだん)と、
左には戦艦長門の41センチ主砲徹甲弾展示されています。


歴史の見える丘05

こちらは「造船船渠(せんきょ)記念碑」というもので、
戦艦大和や空母赤城をはじめ商船などを数多く建造した旧呉海軍工廠造船船渠が埋め立てられることになったため、
船渠の壁石を使って船渠の底に下りる階段を再現したものになっています。



歴史の見える丘08

そして、この公園からは歩道橋をわたった先の地点からは、
旧呉海軍工廠(現ジャパン マリンユナイテッド)・日新製鋼・IHIなどの重工業地帯、
その北側の旧呉鎮守府(現・海上自衛隊呉地方総監部)の敷地を一望することができます٩( 'ω' )و


歴史の見える丘11


で、歩道橋を渡った先の景色はこんな感じですヽ(´□`。)ノ・゚ドーーン!!


歴史の見える丘12


右手は呉市中心部方面、
写真中央で遠くに見えるピンクの四角い看板のある白い建物辺りが大和ミュージアムのある地域で、
手前の緑の部分に大きなパラボラアンテナが並んでいる辺りが海上自衛隊呉地方総監部、
そのちょっと奥に赤レンガの旧呉鎮守府庁舎が見えています。

手前のドックでは時々整備中の護衛艦が見られるそうです(꒪˙꒳˙꒪ )!!!

歴史の見える丘13

そして、左手には旧海軍工厰時代の工場群跡などがあり、
大きな屋根の建物が戦艦大和や長門、空母赤城など、
名だたる艦が建造された旧呉海軍工廠造船船渠です(꒪˙꒳˙꒪ )♪

ここにあった呉海軍工廠は東洋一と言われるほどの規模を誇り、
一時期の工員総数は他の三工廠、横須賀、佐世保、舞鶴の合計を越える程だったそうです。


歴史の見える丘14

この旧ドックの大きな屋根組みは軍事秘匿のため目隠し用に作られたもので、
ドック自体は1992年に埋め立てられ鋼板加工用の工場に転用されていますが、
屋根は骨組みは当時のままだが改築されて現存しています。

ちなみに戦艦大和建造時に採用した船体を部分ごとに造るブロック工法や、
部品共通化などの革新的管理システムは後に世界に広まる効率的な日本型生産方式の礎となったそうです。


歴史の見える丘15

というわけで~以上で旧鎮守府巡り・呉編終了でっす((o´ω`o)ノ

まだまだ呉市には旧鎮守府史跡の名所がいっぱいありますが、
とりあえず有名なスポットは大体巡ってご紹介できたかと思います。

今回体験したり見学した場所はどこも興味深いものが充実していまして、
とても満足できる内容の観光となりました♪
また呉に訪れる機会がありましたら今回行けなかった場所も巡ってみたいと思います(人*´∀`*)

歴史の見える丘16

最後に海上自衛隊呉地方総監部として使用されている旧呉鎮守府を外からちらっと見学( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )(笑







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






*呉へゆく・てつのくじら艦と呉氏のぷかぷかフロート* - 2019.11.22 Fri

てつのくじら艦と呉氏パフェ01

大和ミュージアムと道を挟んで建ち並ぶ「海上自衛隊史料館・てつのくじら館」も見学してきました(o´ω`o)ノ

てつのくじら館の前にひときわ目を引くこの潜水艦はなんと本物の潜水艦で、
平成16年まで実際に海上自衛隊で任務についていた潜水艦「あきしお」とのことです。

こちらの「海上自衛隊史料館・てつのくじら館」は2007年に開館した史料館で、
の海上自衛隊の所有する資料の展示・保存を通して、
隊員教育、広く国民への広報活動等を目的として開館しました。

それにしても背後の三階建ての建物が隠れるほどに潜水艦の大きさはすごいインパクトがありますね(꒪˙꒳˙꒪ )!!!

てつのくじら艦と呉氏パフェ04

というわけでいきなり潜水艦の中です(*´д`*)(笑

ご覧の通りに潜水艦内部の通路は狭く機材や配管が剥き出しになっていて、
通路はギリギリ大人が二人すれ違えるほどの狭さです。


てつのくじら艦と呉氏パフェ02

てつのくじら艦と呉氏パフェ03てつのくじら艦と呉氏パフェ05てつのくじら艦と呉氏パフェ07てつのくじら艦と呉氏パフェ09

通路の左右には細かく区画わけされた部屋がいくつも並び、
乗員用の三段ベットやトイレにシャワー室などがあり、
突き当たりはテーブルのある作戦室?になっていました。

三段ベットの上下の幅がとても狭くて、
絶対一回は頭を打つとおもいました(ノД`)(笑

てつのくじら艦と呉氏パフェ06

こちらは調理室かな?
もちろん艦内で火は使えませんのでスチームで温めたりするぐらいでしょうか?
コンパクトにまとめられていてちょっと使い勝手良さそうかも( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )


てつのくじら艦と呉氏パフェ08

艦内で唯一の個室「艦長室」です。

手前にロッカーや収納型のテーブルと椅子、
奥にはベッドと手の届く位置に無線機などの機材が設置されています。

艦長さんでもこの大きさの個室で総勢75名の乗組員さんと共に任務に当たっていたのですね…大変なお仕事です。


てつのくじら艦と呉氏パフェ11

てつのくじら艦と呉氏パフェ12てつのくじら艦と呉氏パフェ10てつのくじら艦と呉氏パフェ14

一番奥まで来ますと「発令所」、船で言うと艦橋・指揮所にあたる場所です。

映画とかで「ピコーンピコーン」って鳴っているような機材がいっぱい(*゚∀゚)=3
なんだかよくわからないけどすごい(笑

ここでは操舵席の椅子に座れたり、
潜望鏡を覗いて外の様子を見ることもできます♪

てつのくじら艦と呉氏パフェ13


潜望鏡からの景色です(-_☆)
目線は空とぶ潜水艦です♪

この発令所には制服のボランティアガイドさんがいらっしゃいますので、
いろいろ窺うと説明してくださいますので良いですよ☆

てつのくじら艦と呉氏パフェ15

と言う感じの潜水艦「あきしお」の中でした~

今回は潜水艦以外の館内の写真を撮り忘れて「てつのくじら館」こついてはこれだけですが、
建物の方の館内には1階から3階まで「海上自衛隊の歴史」をテーマに資料の数々が所狭しと展示され、
呉と海上自衛隊の歴史を、映像やパネルなどで紹介し、
湾岸戦争時の機雷掃海に使用された数々の機材の実物も展示されていました。

てつのくじら艦と呉氏パフェ16

そして1階のカフェコーナーで休憩しつつ「呉氏のぷかぷかフロート」です+.゚(*´∀`)b゚+.゚

オレンジ風味のシロップ・ブルーキュラソーを使った爽やかな氷に炭酸とアイス、
上には呉市のキャラクター「呉氏」がのクッキーが添えられたフロートです。

冷凍のパイナップルも暑い日の一息に良い感じ(。・﹃・。)全体的に爽快な味で美味しかったですよ♪

他にもこのカフェでは、あきしお第10代艦長認定の「あきしおカレー」などの軽食や、
オリジナルメニューの呉名物がたくさんありました。

ここでしか買えない海上自衛隊グッツもお土産として売られていましたので、
見学後の休憩に最適です٩( 'ω' )و

てつのくじら艦と呉氏パフェ17

駆け足でのご紹介ですが、こんなかんじの「海上自衛隊呉史料館・てつのくじら館」でした(゚▽゚*)♪




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*呉へゆく・大和ミュージアム後編「海底に眠る軍艦」展* - 2019.11.17 Sun

大和ミュージアム02-00

大和ミュージアム後編です(o´ω`o)ノ

大和ミュージアムでは常設展示とは別に企画展というのを毎年内容を変えてやっているのですが、
今年「日本遺産・鎮守府開庁130周年」の記念事業として、
「第27回企画展 海底に眠る軍艦ー「大和」と「武蔵」ー」という企画展をやっていたので見てきました。

ちなみにこのパンフレットの写真は大和と武蔵です(꒪˙꒳˙꒪ )!!!

大和ミュージアム02-001

実は大和ミュージアムへ訪れるにあたって楽しみの一つでした(-_☆)

この企画展では平成28年(2016)に市によって実施された、
戦艦大和潜水調査により撮影された動画や静止画による現在の大和の現状と、
その調査の際に発見された駆逐艦・磯風の状態と引き揚げ品などが展示されていました。


大和ミュージアム02-01

平成28年(2016)では第二艦隊装備品の一部引き揚げが実施され、
引き揚げ品18点について調査した結果、
大和特有の46センチ主砲薬缶などがあったことと回収地が大和付近であったことから、
大和の装備品である可能性が高いと考えられるそうです。

大和ミュージアム02-02

大和ミュージアム02-05大和ミュージアム02-06大和ミュージアム02-07大和ミュージアム02-08



戦艦大和はその名前の有名さに比べて現存資料は少なく、
他の艦艇にくらべて艦尾の形状や艦内の様子など不明な部分が多いそうです。

今回の企画展ではその引き揚げ品のほか、
太平洋戦争のはじまりである真珠湾攻撃とマレー半島コタバル上陸から、
ミッドウェー海戦・マリアナ沖海戦・レイテ沖海戦に焦点をあてて解説もあり、
当時、最高機密資料だった「軍艦大和 一般艤装図 艦外側面」などの貴重な資料展示もされていました。



大和ミュージアム02-03


こちらは最新の潜水調査により判明している海底に眠る大和の状態模型です。

一番大きな残骸が艦橋から艦尾までのもので艦底を上に向けて沈んでいます。
その上の残骸は艦首と第一砲塔周辺部分です。


大和ミュージアム02-09

こちらは「艦船(海防艦以上)喪失一覧圖」です。

大和ミュージアム02-10

こちらは「太平洋戦争中の海戦」があった年月日と地域が記された地図です。

大和ミュージアム02-11

大和の最後の出撃となった「沖縄戦」の部分です。


今回の企画展は2020年1月26日まで開催されていますので、
機会がありましたら是非ご覧になってくださいませ。
大変見応えのある企画展でした。


大和ミュージアム02-12


大和ミュージアム02-13大和ミュージアム02-14大和ミュージアム02-18

こちらは1/10大和のある「大和ひろば」の隣、
大型資料展示室に常設展示されている潜水艇や零式艦上戦闘機です。

特攻兵器「回天」や特殊潜航艇「海龍」、
戦艦大和などで使用された46センチ主砲弾や、
戦艦陸奥などで使用された41センチ主砲弾など各種砲弾の展示もされていました。


大和ミュージアム02-17

大和ミュージアム02-16大和ミュージアム02-15

この展示室で特殊潜航艇「海龍」と並んで目立つ飛行機は、
「零式艦上戦闘機六二型」という艦載機で、
この機体に使われている機体全てを金属で製作する技術、
運動性重視から主翼を片方だけで支える強度維持の技術などは、
日本国内では広海軍工廠からはじまった技術だったそうです。


大和ミュージアム02-19

と言う感じで以上、「大和ミュージアム」でした~(꒪˙꒳˙꒪ )♪


圧巻の大和1/10模型から始まり、
数多くの引き揚げ品や乗員の方が書かれた家族への遺書の展示による戦争の悲惨さの実感や、
当時、軍艦が造られた技術と思想とそこから大戦へと進んでいく歴史が、
大和を通じて判り易く丁寧に思想の偏りなく解説展示されていまして、
鎮守府海軍工廠の成り立ちと戦後民間港としての復興が学べる歴史化学館でした(o´ω`o)






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示