◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2018-12

▼飛騨一宮 水無神社-本殿▼ - 2018.12.10 Mon

水無神社-本殿01

水無神社-本殿02水無神社-本殿03水無神社-本殿04水無神社-本殿05



ナナモリ(普b-01)s岐阜県高山市にある水無神社(みなしじんじゃ)です。

岐阜県高山市の市街地南方に鎮座する神社し、
延喜式では小社に列格しする飛騨国一宮で、
西南方ある位山(くらいやま、標高1,529m)を神体山とし、
飛騨国の鎮守として朝廷からも崇敬された神社です。



水無神社-本殿06

水無神社-本殿07水無神社-本殿08水無神社-本殿09水無神社-本殿10



ナナモリ(楽)s御祭神は水無神として御年大神(みとしのおおかみ)

また水無大神(みなしのおおかみ)として主神と、
大己貴命、三穗津姫命、応神天皇、高降姫命、神武天皇、須沼比命、
天火明命、少彦名命、高照光姫命、天熊人命、天照皇大神、豊受姫大神、大歳神、大八椅命
を総称しまして水無大神(みなしのおおかみ)と呼ばれています。


創建の年代は不詳ですが歴史上にあらわれるのは清和天皇の時代、
貞観9年(867年)に従五位上の神位を授けられた記事に始まり、
延喜式では小社に列格し飛騨国の一宮とされ、
神仏習合の鎌倉時代には「水無大菩薩」と称し、
両部神道として社僧を置き本地堂一宇を建てて釈迦像を安置し社僧が奉仕していました。


水無神社-本殿12

水無神社-本殿11水無神社-本殿13水無神社-本殿17


ナナモリ(普b)s明治元年には神仏判然令に基づき神仏分離を進め、
社内にある仏像や仏教関係の古文書等多くが撤去され国幣小社に列格し、
昭和12年には神衹院の国営工事として前社殿の大造営がはじまり、
戦中、戦後の克服し昭和24年にほぼ現在の形に完成されました。



また第二次世界大戦末期の1945年7月31日に昭和天皇は内大臣木戸幸一を呼び、
草薙剣を疎開させる意向を伝え疎開先や時期を政府内で協議するように指示し、
8月5,6日に陸軍や宮内省関係者が水無神社周辺の山林を視察したといいます。

実際、疎開が行われたのは終戦後の8月22日、
宮内省の勅使が熱田神宮本殿で新調した木箱に剣を収め、
陸軍の協力で運び出し、9月19日まで水無神社に安置されました。

約一ヶ月ほどこの神社に安置された後、
草薙剣は熱田神宮の神職が抱えて高山本線の電車で運ばれ帰ったそうです。


水無神社-本殿21


水無神社-本殿14水無神社-本殿15水無神社-本殿19水無神社-本殿20




ナナモリ(笑)s
水無神社のお祭りの中では「生きびな祭」というのが有名で、
蚕糸業が盛んだったこの地方の春の養蚕業祭に、
寒冷地のためにひと月遅れて行われるひな祭りをとり入れ、
絹に象徴される女性の気品と幸福を祈念するために始まった祭りです。


「生きびな」に選ばれるのはすべて女性で、
選ばれた女性は左大臣、右大臣、内裏、后、五人官女の平安衣装を纏い、
総勢100名余りの平安の昔を偲ばせる煌びやかな祭行列は、
雅楽が奏でられる中、表参道から境内までを練り歩き、
特設舞台にて生きびな様の紹介や1年の豊作を祈願して生きびな様による餅投げが行われます。

このお祭りは『氷菓』というタイトルのアニメでモチーフとして登場し、
最終回のエピソード「遠まわりする雛」では水梨(みずなし)神社のお祭りとして、
この「生きびな祭」の様子が画かれています。


水無神社-本殿22







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







スポンサーサイト

*サツマイモのハチミツ檸檬煮的ななにか* - 2018.12.05 Wed

サツマイモのハチミツ檸檬煮01


甥っ子が幼稚舎の芋掘りでいっぱい掘ってきたサツマイモを沢山いただきましたヽ(´□`。)ノ・゚
大きなものから根っ子の様に見えるものまでいろいろあります(笑

というわけで今回は『サツマイモハチミツ檸檬煮』を作ってみました。

材料は~

サツマイモハチミツ檸檬煮』

サツマイモ 200gほど
・水 200cc
ハチミツ 大匙4
檸檬 輪切りにしたもの2つ、またはレモン汁大匙1



サツマイモのハチミツ檸檬煮02


サツマイモは1cm幅ぐらいの輪切りにし、
水に漬けて軽く表面を洗います。

サツマイモは輪切りにて煮ますので、
今回は形の悪いものや筋があって硬そうなものを使いました。



サツマイモのハチミツ檸檬煮03

そして秘密兵器の電気圧力鍋登場(-_☆)ちょっと買ってみました。
タイマー設定しておくだけで煮込み料理が短時間で完成するんです、素晴らしい♪

これでたぶん、おせち料理の仕込が楽になるはずです(笑


サツマイモのハチミツ檸檬煮04


材料をすべて圧力鍋の中に入れて、2分沸騰させて加熱して、
あとは自然に圧力が下がるまで放置します。


サツマイモのハチミツ檸檬煮05


圧力が下がって蓋を開けたら完成です、楽だわ~(*´Д`)



サツマイモのハチミツ檸檬煮06

ほくほくになったサツマイモにハチミツの甘さが加わり、
檸檬の香りともにしっとりとした甘さで美味しいです(*´艸`*)色も良い感じに出来ました☆

冷蔵庫に入れておけば3・4日ぐらいは日持ちします。






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





今日より明冷の候、十二月です。 - 2018.12.01 Sat

2018紅葉01

今日より12月です。

はやいもので今年も最後の月となり、
街はクリスマスのイルミネーションに彩られ、
クリスマスソングがにぎやかに鳴り響くころとなりました。

今月は気忙しい月ではありますが楽しさも沢山ある月ですね(o´ω`o)

日中の気温は12月とは思えないほど穏やかな温度ですが、
朝晩はやはり帥走の寒風が身にしみるという感じがします。

インフルエンザなどの流行病の感染が広がる頃ですし、
くれぐれもお体にはお気をつけくださいませ。

年賀状などの新年のご用意もお忘れなきよう(笑


それでは今月もどうぞよろしくお願いしまっす(ノシ 'ω')ノシ





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






道の駅「奥伊勢おおだい」で「おいしかバーガー」 - 2018.11.21 Wed

おいしかバーガー01

頭之宮四方神社へお参りした後、
同じ三重県の多気郡大台町内にある道の駅「奥伊勢おおだい」へ行ってきました(o´ω`o)ノ

大台町には他にも滝原宮近くにある道の駅「奥伊勢木つつき館」もありますが、
そちらは熊野古道を歩いたときや滝原宮へお参りしたときに寄ったので今回はこちらにしました。

大台町は三重県下最大の河川「宮川」の源流域から中流域に沿って東西に細長く広がり、
町の中心を走る国道42号線沿いには熊野古道がいつくも点在しています。

ちなみに道の駅「奥伊勢おおだい」は大台町役場のすぐ隣です。

おいしかバーガー02

ちょっとお腹が空きましたので道の駅の中のレストランで、
なにか名物っぽいものをいただこうかと思っていましたら…

外の屋台に気になる美味しそうな食べ物が色々と…ヽ(´□`。)ノ・゚


おいしかバーガー03

というわけでご当地バーガーの「おいしかバーガー」に決めました、即断です(笑


おいしかバーガー04

この「おいしかバーガー」は地産地消と獣害対策の一環で開発されたバーガーで、
大台茶の粉末を練りこんだ緑色のバンズに大台町産の鹿肉と豚肉を使ったパテ、
そこに地元で採れたわさび葉茎の醤油漬け入りの特製手作りマヨネーズが使用されています。

お茶を練りこんだパンが柔らかくふわふわで、
脂っこくない鹿肉とわさびマヨネーズが良く合い、
ボリュームもたっぷりで美味しかったです(*´艸`*)


ちなみにこの「おいしかバーガー」は、
全国1093の道の駅から「道の駅グルメ日本一」を決定するというイベントで、
東海地区で唯一賞を取ったバーガーなのだそうです♪



おいしかバーガー05

この包み紙にもこだわりがあって、
キャラクター絵はなんとっ!近隣の小学生がデザインしたものが採用されているそうです☆
かわいぃ+.゚(*´∀`)b゚+.゚





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





▼頭之宮四方神社-お頭さん・頭之水▼ - 2018.11.16 Fri


頭之宮四方神社02-01


ナナモリ(楽2)s

頭之宮四方神社にはいくつか名所があり、
本殿右手にある「奉石所」横にある鳥居から、
頭之石と頭之水のある場所へと続く脇道があります。




「奉石所」というのは願掛けの石を奉納する場所で、、
頭之宮四方神社には古くから石を奉る風習があり、
お願いを掛ける時は「白石」に祈念し努力の誓いを立て、
成就した時には太陽の下で黒々と健康に豊かに働けることを願って「黒石」を奉納する場所となっています。

現在では石を用意できない方の為に「無地絵馬」(絵の描かれていない絵馬)が用意してあり、
無地絵馬発祥の神社でもあります。


頭之宮四方神社02-03

頭之宮四方神社02-02頭之宮四方神社02-05頭之宮四方神社02-06頭之宮四方神社02-08


ナナモリ(笑)s本殿脇の道を川のほうへ下っていきますと、
小さな広場がありそこに頭之石と頭之水はあります。

ここに湧き出ている水は「頭之水」または「知恵の水」とも言われ、
慶事万来・開運守護に霊験あらたかとされ毎年2月第1日曜日には「水取神事」が行われます。


また若返りを有する水、「若水」に相通ずる聖水信仰である「変若水(おちみず)」としても信仰されており、
お正月には「知恵の水」を若水として汲み、
この水で作ったお雑煮や正月一番茶をいただくことで一年間の無病息災を願う風習があります。


頭之宮四方神社02-04


ナナモリ(驚)sこちらは「頭之石」または「お頭さん(おかしらさん)」と呼ばれる撫石です。

神域内の唐子川より拾い上げられた石で、
よく見ますと幾つかのお顔を持っているようにも見えます。



当神社の御神体もこの川より拾い上げられた「御頭」であることからここに置かれ、
頭や顔、肩や腕、その他ご自分の悪い体の快復を念じて「お頭さん」を撫でてから、
ご自身の頭も撫でられますと御神助をいただけるとされています。


頭之宮四方神社02-09





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示