◎あちこち神社◎
topimage

2017-05

▼一宮浅間神社(甲斐)-山宮神社遥拝所・陰陽石・亀ノ松▼ - 2017.05.22 Mon

浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松05

浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松06浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松07

ナナモリ(楽2手2)s浅間神社(の摂社・山宮神社遥拝所です。

この場所から東南約2km、神山の麓に御鎮座する山宮神社は、
当社の摂社であるとともに本宮でもありますが山中のお社であるため、
この場所からもお参りできるよう遥拝所が設けられました。


山宮神社にあった頃は大山祇神・天孫瓊々杵命・木花開耶姫命の三柱がお祀りされていましたが、
富士山噴火鎮護の目的で里宮である浅間神社へは木花開耶姫命のみが遷座されました。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松08


ナナモリ(楽)s山宮神社遥拝所すぐ横にある「陰陽石」です。

御祭神である木花咲耶姫命は子授け・安産・育児の神として広く信仰されているため、
この浅間神社には子授けや安産にまつわる石が多くあり、
代表的なものがこの女性の陰石と男性の陽石が一緒に配置してある陰陽石です。



陰陽石とは道祖神や塞の神として境界に祀られる男女生殖器に見立てられた石のことで、
主に陽石のみが配置されたりお祀りされることが多いですが、
こちらのような陰陽が組になったものは中部・関東地方に多くみられます。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松09

こちらは拝殿正面にある「子持石」という石で、
初宮詣の際に御参りする石です。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松11

こちらは両部鳥居の近くにある「枕石」という石で、
配置されている詳細は不明ですが、もとは子持ち石の横にあったそうです。

現在の浅間神社は富士山噴火鎮護として鎮座した神社ですが、
それ以前は山宮神社を遥拝する子授け・安産の神社であったため、
このように境内に多くの陰陽石があると考えられています。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松10

ナナモリ(普b-01)s社務所前にある「亀ノ松」です。

明治の頃に浅間神社の社家・古屋蜂城 伴希真が蜂城山頂の天神社に籠もって願掛けをし、
その結願の日にいくつかの松の幼木を持って下山し、
境内に植えた松の内の一本がこの松だと伝えられています。


かつてはもう一本「鶴ノ松」があり対を成していたそうです。




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト

▼一宮浅間神社(甲斐)▼ - 2017.05.18 Thu

浅間神社(甲斐)本殿01

浅間神社(甲斐)本殿03浅間神社(甲斐)本殿04浅間神社(甲斐)本殿05浅間神社(甲斐)本殿06

ナナモリ(普b-01)s山梨県笛吹市一宮町一宮にある浅間神社(あさまじんじゃ)です。

延喜式神名帳の「甲斐国八代郡 浅間神社」の論社のうちの一社で、
古くは甲斐国一宮であり旧社格は国幣中社、現在は神社本庁の別表神社になっています。

こちらの浅間神社は一般的によく読まれる「せんげん」ではなく「あさま」と読みます。



浅間神社(甲斐)本殿08

浅間神社(甲斐)本殿07浅間神社(甲斐)本殿09浅間神社(甲斐)本殿10浅間神社(甲斐)本殿11


ナナモリ(楽2手2)s社伝によりますと垂仁天皇8年に神山の麓(現 摂社・山宮神社)に創建の後、現在の場所に遷座。

遷座の理由は『日本三代実録』によりますと、
貞観6年(864)から貞観8年(866)に富士山の「貞観大噴火」が発生し、
この噴火が「富士山本宮浅間大社」の祀怠慢が原因と見られたため、
朝廷の指示により甲斐国にも浅間神をお祀りする事となり貞観7年(865年)に遷座されます。

この後、浅間神社は駿河国(静岡県)だけでなく、
甲斐国(山梨県)にも多く創建される事となりました。


浅間神社(甲斐)本殿15

浅間神社(甲斐)本殿13浅間神社(甲斐)本殿14浅間神社(甲斐)本殿12浅間神社(甲斐)本殿18


ナナモリ(楽3)s神は木花開耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)

木花開耶姫命は富士山を神格化した神であり、
旧社地である山宮神社に祀られていた3柱のうちの1柱で、
木花開耶姫命のみこちらの浅間神社へと遷座されました。


戦国時代には武田氏からの崇敬が篤く関係文書も多く伝わっており、
武田信玄奉納の「国次の太刀」や自詠の短冊などのほか、
当時から当社を一宮とする史料や当地にあった「一宮庄」の記載のある文書が保存されています。


浅間神社(甲斐)本殿19


浅間神社(甲斐)本殿16浅間神社(甲斐)本殿17浅間神社(甲斐)本殿20浅間神社(甲斐)本殿21



ナナモリ(喜)s当社を代表するりとして「大神幸」があります。

甲府盆地底部は笛吹川と釜無川両河川の氾濫原であったため、
古来から大雨による水害が発生する地域となっており、
そのことから始まった川除(水防)で、
竜王三社神社(信玄堤上)に神輿が渡御するお祭りです。


かつては甲斐国第一の大祭とされたこのお祭りは毎年4月・11月の亥の日に実施され、
一宮の当社とともに二宮の美和神社・三宮の玉諸神社が参加し、
三社が勧請され創建された竜王河原宿の三社神社まで渡御しました。

夏御幸と呼ばれる4月には行列が竜王まで向かうのに対し、
11月の冬御幸の行列は現在の甲府市上石田に鎮座する三社諏訪神社まで向かったそうです。

現在は4月15日の例大祭催行後に行われ、
竜王三社神社へのみ渡御するお祭りとなっています。



浅間神社(甲斐)本殿23

浅間神社(甲斐)本殿22浅間神社(甲斐)本殿24


ナナモリ(笑)sまた新しいお祭りとして「ワインコルク感謝祭」も行われています。

ここ山梨は日本一のワインの産地であり、
ワインコルク感謝祭」はワイナリー数社が集まってお祭りで、
ワインを永い年月守ってくれたコルクを開栓した後、捨てずに一年間貯め、
この祭りの日に感謝を込めての慰労と本年の葡萄の豊作を祈願しお焚き上げします。

多くの神社では御神酒として日本酒が奉納されていますが、
ここ一宮浅間神社では戦後の1965年(昭和40年)から、
山梨県で産出されたワインを御神酒として奉納することが行われており、
日本酒よりワインの方が多く奉納されています。


浅間神社(甲斐)本殿25





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*四尾連湖の朝に* - 2017.05.13 Sat

四尾連湖03-01

四尾連湖03-02四尾連湖03-03

静謐な湖に微かな鳥の囀りの聞こえる四尾連湖の早朝です(o´ω`o)

風も無く水鏡のような湖面に映る景色が美しく、
ミツバツツジが昨日見たときよりも色鮮やかに見えました。


四尾連湖03-04

四尾連湖03-05 四尾連湖03-06



まだちょっと時間がありましたので、
四尾連峠方面にある文学碑公園という所まで、
朝食前にちょっと周囲を散策(*゚∀゚)=3

蛾ヶ岳山頂への登山口もここからのようです。
精進湖まで行けるそうですが……何時間かるのでしょうかこれは(*´Д`)(笑


四尾連湖03-11

四尾連湖03-07四尾連湖03-08四尾連湖03-10



文学碑公園に到着~
先ほどの案内板のあったところからここまで約10分ほどです。

ここには四尾連湖を愛した山梨出身の詩人・野沢一さんの文学碑があり、

「ああ きれど湖のみは
いつもながらの風光に
かげうららかに
桃の枝は云月ち
栗鼡は含いて
小鳥は あのたのしいさわがしい
唱をうたい 山は立ち
水はほとばしりいでて
とこしえに しびれの湖と
たたえられてあれよ」

という詩が刻まれています。

大畠山山頂へはここから更に上のほうへ、
左手に行きますと展望台や市川本町の大門碑公園へと行けます。


四尾連湖03-09

文学碑公園からちらっと見える市川三郷町の「石神沢」「うなぎ沢」とかある方面……だと思います(笑

ここはかつては「烽火台(のろしだい)」があったところだそうで、
それっぽい施設などは見当たりませんでしたが、
東京都水道局の「四尾連人工降雨発煙所」という施設がありましたよ(-_☆)



四尾連湖03-12

帰りは違う道へ~

左の轍の残る道が行きに登ってきた道で、
帰りは右のやや急な道から帰りました。


四尾連湖03-13

木々の間から、ちらちらと見え隠れする蒼い四尾連湖が美しいのです♪


四尾連湖03-14

そして山荘の裏側に到着ー!!

往復20分ほどの林道をゆるやかに登っていく道で、
朝食前のちょっとした運動にちょうど良い感じでした(´ー`)


四尾連湖03-15

四尾連湖にての朝食はこんなかんじなのを作りました(*゚∀゚)=3

フレンチトーストに目玉焼きとソーセージ、
フルーツの盛り合わせにカフェオレ

それはもうみんなで「これは女子力高い、女子力高い」と言いながら、
いっぱい写真を撮りましたよ(*´Д`)(笑

でも、買ってきたホウレン草を調理し忘れて、
後片付け中に出てきたのは秘密です(笑

四尾連湖03-16

そして、今回お借りしたバンガローを掃除しながら後片付けしまして~


四尾連湖03-17

昨夜に、ほうとう作ったり焚き火したところの掃除して、
ゴミを集めて撤収準備完了であります(`・ω・)ゞ


四尾連湖03-18

と言う感じで一泊二日だけでしたが四尾連湖でゆるっとしたキャンプを楽しみました(o´ω`o)

標高850mの山上にある四尾連湖は二つの山荘以外に民家は無く、
静かな湖面のようにとても落ち着いた雰囲気があり、
自然の様々な表情で楽しましてくれる素敵な場所で、
また機会がありましたら是非訪れたいキャンプ場になりました☆


四尾連湖シリーズ・おわり 



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*四尾連湖でアウトドアご飯* - 2017.05.10 Wed

四尾連湖02-18

さて、キャンプでは暗くなる前にご飯の用意です(`・ω・)ゞ
食材の準備や調理は普段の倍ぐらいの時間かかりますからね~

と、その前に四尾連湖へ来る途中の地元スーパーに寄りまして、
食材などと一緒に買ってきた地ワイン(?)の「紅富士」を景気づけに一杯(*´Д`)赤ワインおいしー♪


四尾連湖02-17

最初は一緒に行った友達が作ってくれたダッチオーブン料理っ!!


四尾連湖02-19

四尾連湖02-20ビジュアルがすでに美味しそう(*゚∀゚)=3

この料理はミックスハーブと塩を摺りこんだ鶏肉に、
ピラフを詰めてオーブンで45分ほどじっくり蒸し焼きにしたもので、
今回は半身ですが本来は鳥丸ごと使ってつくるそうです。

部位の切り分けはわたくしがいたしました(`・ω・´)


四尾連湖02-21

ピラフから出る水分が鶏肉をやわらかくし、
鶏肉から出る出汁がピラフに染み込んでいましてとても美味しかったです(*´艸`*)

ハーブが効いたパリッと焼けた鶏肉の皮も良い感じです☆ワインよく合います。

四尾連湖02-22

こちらはわたしが作った山梨名物「ほうとう」でっす(o´ω`o)

なんとなく山梨でのキャンプなら作らねばならんという謎の使命感により、
ここに来る途中にいろいろ買い揃えてきました(笑

ほうとうは野菜と一緒に最初から煮るといいと、
どこかで聞いたきがしたので全部入れて作りましたよ(`・ω・´)ほんとうにこれで良かったのでしょうか…(笑

四尾連湖02-23

もーえろよもえろーよー天まで焦がせ~♪((o´ω`o)

四尾連湖02-24

そんなかんじで「ほうとう」完成でっすっ!
今回はガホチャやニンジン、ネギに山菜と豚肉などを入れで作って見ました。

味噌味で炊いたお野菜と、
味の染み込んだほうとうがもっちもっちして美味しかったです(人*´∀`*)

ですが…水加減を失敗してお汁がほとんどありませんでした(笑
まぁこういう失敗もキャンプ料理っぽいので良いということにしておきましょう(ノ∀`)

四尾連湖02-25

というかんじの四尾連湖でのキャンプご飯でした~





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*四尾連湖をぐるっと一周散策* - 2017.05.07 Sun

四尾連湖02-01

四尾連湖02-02四尾連湖02-03四尾連湖02-04四尾連湖02-16

四尾連湖(しびれこ)には「龍雲荘」「水明荘」という二軒の山荘がありまして、
どちらででもキャンプ・バンガローの予約と、
カヌーやBBQ用具などのレンタルができます。

バーベキューや焚き火などの道具も貸し出ししていただけるようでしたので、
ある程度は手ぶらで来てBBQなどのレジャーが楽しめる感じでした(゚▽゚*)♪
たぶん食材以外はなんとかなるかんじです(笑

四尾連湖02-09四尾連湖02-08四尾連湖02-07四尾連湖02-06四尾連湖02-05


パノラマっぽく四尾連湖の全景を撮って見ました(`・ω・´)

カメラにパノラマ撮影機能があると思うのですが…使ったことが無いのでわかりません(笑


四尾連湖02-10

湖の周囲を歩いて散歩できるようになっていましたのでグルッと一周歩いて見ます(*゚∀゚)=3


四尾連湖02-11

この四尾連湖は流入する河川も流出する河川もない内陸湖なのですが、
水の透明度が高く、底に沈んだ木々や落ち葉が良く見えるほど綺麗でした☆

そういえば山荘で釣り道具の貸し出しもありました。
鱒とか釣れるのかな?

四尾連湖02-12

四尾連湖02-14山荘の対岸までやってきました。

こちら側輪はテントサイトになっていまして、
直火可能なサイトや林間など、
好きな場所にテントを設営できるようになっています。


ちなみにこちら側までは車は入って来れませんので、
キャンプ道具などは手押し車を借りて自分で歩いて運ぶか、
ボートを借りて荷物を載せて湖を横断するしかありません(*´Д`)


四尾連湖02-13

四尾連湖にある「尾崎龍王」の石碑です。

四尾連湖は、かつては富士山麓の山中・河口・西・精進・本栖の富士五湖と、
泉端・明見湖と共に龍神を祀り富士内八海の霊場の一つとして数えられ、
この湖には四つの尾を連ねた龍神が住む湖ということで、
「四尾連湖」といわれるようになったという伝説があるそうです。



四尾連湖02-15

そんなかんじで一周して戻ってきましたε=(ノ・∀・)ノ所要時間は30分ほどです。

湖を一周する道沿いには山桜やツツジなどの花々もありまして、
のんびり歩いて楽しめる散策路でした♪


さて、明るいうちにキャンプご飯の準備ですわ(-_☆)
ということで次回に続きます(笑


○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示