◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼近江神宮-近江勤学館▼ - 2017.09.26 Tue

近江神宮・近江勤学館01

近江神宮・近江勤学館13近江神宮・近江勤学館02近江神宮・近江勤学館03



ナナモリ(楽2)s近江神宮の北側にある「近江勧学館」です。

近江神宮の関連団体・一般財団法人天智聖徳文教財団によって研修センターとして創設され、
かるた関連行事など青少年研修事業のほか結婚披露宴会場としても使われ、
各種団体の研修、一般観光客の宿泊施設としても用いられています。




近江神宮・近江勤学館04

近江神宮・近江勤学館05近江神宮・近江勤学館06近江神宮・近江勤学館07


ナナモリ(楽2手2)s
近江神宮の御祭神・天智天皇が小倉百人一首の巻頭に、
「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ」と御製を残され、
その縁から「かるたの殿堂」とも称され毎年お正月に「かるた祭・かるた開きの儀」が執り行われます。



かるた祭の後には「高松宮記念杯近江神宮全国競技かるた大会」が開催されたり、
競技かるたの日本一を競う「競技かるた名人位・クイーン位決定戦」、
夏には「かるたの甲子園」とも称される全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会など、
競技かるたの大会が盛んに開催されています。


近年では漫画「ちはやふる」の人気もあって益々盛んになり、
熱戦が繰りひろげられているそうです。


近江神宮・近江勤学館08


かるた競技の選手になりきって写真撮影の出来るスペースも設置されています。


近江神宮・近江勤学館09

近江神宮・近江勤学館10近江神宮・近江勤学館11近江神宮・近江勤学館12



ナナモリ(笑)s近江勧学館の入り口にある受付はお土産の売店にもなっていて、
漫画「ちはやふる」に因んだお土産やかるた関連の商品など、
限定品も含めていろいろと販売されています。

受付前のショーケースには「ちはやふる」原作者の直筆サインや台本なども陳列されていました。



近江神宮・近江勤学館14


○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト

▼近江神宮-時計いろいろ▼ - 2017.09.22 Fri

近江神宮・時計01

近江神宮の御祭神である第38代天智天皇が漏刻(水時計)を作り、
大津宮の新台に置いて鐘鼓を打って日本で最初に時報を開始されことに因み、
時計館宝物館館内やの周辺に様々な時計が展示・設置されています。



近江神宮・時計02


ナナモリ(普b-01)sこちらはその日本最初の時計「漏刻」の模型です。

漏刻・水時計の歴史は古く3500年前のエジプト・バビロニアの頃からあり、
中国でも前漢(紀元前206年)の頃の文献や出土品に図形なども残され、
日本に伝わったのはその中国の知識を基に作られたと考えられています。


この水時計は日本・スイス修交百周年を記念して、
昭和39年オメガ社総代理店のシイベルヘグナー社により奉納されたもので、
三層に分かれた枡より漏れ落ちる水の量により時間を計り、
一目盛りはおよそ10分間を示すように作られています。



近江神宮・時計04

近江神宮・時計03近江神宮・時計05近江神宮・時計06



ナナモリ(楽3)s
こちらの紅白二基あるものは日時計で、
朱色の方が「精密日時計」
白い方が「矢橋式日時計」です。



この「精密日時計」の方式は、
よく知られている棒の影が太陽の動きで変わることで時刻を知るというものですが、
文字盤の目盛りが五分刻みという世界最高精度のものとなっております。

「矢橋式日時計」の方式は中央の庇の形をした影が、
午後1時までは右側、午後1時間以後は左側の目盛に移ることで時刻がわかるというもので、
経度差・均時差を半円形の目盛板を左右に回転させて修正することで常に正しい時刻を示せるというものです。

「矢橋式日時計」の文字盤の周囲には白村江や高千穂峰などの、
歴史的場所までの距離が示されています。


近江神宮・時計07

近江神宮・時計08こちらの龍の形をしたものは「古代火時計」です。

この火時計は約4000年前の中国にて主に夜間の時間を計るものとして用いられたもので、
龍の背には14個の銅球が等間隔に吊り下げられており、
糸の下を燃え進む線香の火が糸を焼き切り球が落下してドラが鳴ることで時を告げるというものです。

この時計は1間隔がおよそ2時間を示すように作られており、
日時計などの時刻を伝えるものとは違い時間を長さを伝えるものとなっています。

こちらは1979年の時の記念日にロレックス時計会社(スイス・ジュネーブ)より贈られたものです。





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ









▼近江神宮-栖松遙拝殿と自動車清祓所▼ - 2017.09.18 Mon

栖松遙拝殿と自動車清祓所01

栖松遙拝殿と自動車清祓所02栖松遙拝殿と自動車清祓所03栖松遙拝殿と自動車清祓所04栖松遙拝殿と自動車清祓所05



ナナモリ(喜2)s近江神宮本殿右手にある栖松遙拝殿(せいしょうようはいでん)です。

この社は有栖川宮家の祭祀を継承された高松宮宣仁親王が、
ご成婚の後、東京高輪の宮廷内に創建し、
妃殿下と共に日々礼拝しておられた御霊屋であります。


両陛下の御逝去後、高松宮とご縁の深い近江神宮へお移しすることになり、
有栖川宮の「栖」、高松宮の「松」の一字ずつを拝戴し、
平成18年に移築復元して栖松遙拝殿と名づけられました。


栖松遙拝殿と自動車清祓所06栖松遙拝殿と自動車清祓所07栖松遙拝殿と自動車清祓所08栖松遙拝殿と自動車清祓所09

栖松遙拝殿と自動車清祓所10




栖松遙拝殿と自動車清祓所11

栖松遙拝殿と自動車清祓所12栖松遙拝殿と自動車清祓所13


ナナモリ(楽3)sこちらは本殿左手にある自動車清祓所です。

元は大津裁判所本館車寄で、
明治23年建築の大津地方裁判所の玄関車寄せが、
昭和46年解体建て直しされるにあたり近江神宮に移築され、
自動車清祓所として使われ登録有形文化財にも指定されています。



栖松遙拝殿と自動車清祓所14




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






▼近江神宮-本殿▼ - 2017.09.13 Wed

近江神宮・本殿01

近江神宮・本殿02近江神宮・本殿03近江神宮・本殿04近江神宮・本殿05


ナナモリ(楽2手2)s滋賀県大津市に鎮座する近江神宮(おうみじんぐう)です。

近江神宮は滋賀県西部の大津市中心部に近い琵琶湖西岸の山裾にあり、
天智天皇の古都、近江大津宮(大津京)跡に鎮座する神社です。



創始は新しく1940年(昭和15年)の11月、
天智天皇6年(667年)に同天皇が当地に近江大津宮を営み、
飛鳥から遷都した由緒に因み紀元2600年の佳節にあたる年に創始されました。


近江神宮・本殿08

近江神宮・本殿06近江神宮・本殿07近江神宮・本殿09近江神宮・本殿10



ナナモリ(普b)s御祭神は天命開別大神(天智天皇)

天智天皇は第34代舒明天皇の皇子で皇太子として藤原鎌足とともに、
蘇我一族の専横を除去し、大化改新(645年)を断行された中大兄皇子であり、
天智称制6年(667年)に都を奈良の飛鳥より近江大津宮へ遷され、
憲法の源をなす「近江令」を制定した天皇陛下として知られています。


天智天皇の御事績は歴代の天皇陛下のなかでも別格の位置におかれ、
歴代天皇の即位に当っての宣命には、かならず天智天皇のことに言及されるなど、
皇室の歴史のなかでも特別崇敬の深い天皇で在られます。

近江神宮・本殿11


近江神宮・本殿12

近江神宮・本殿13近江神宮・本殿14近江神宮・本殿15近江神宮・本殿16



ナナモリ(喜)s
近江神宮は『小倉百人一首』の第1首目の歌を詠んだ天智天皇に因み「かるたの殿堂」とも称され、
毎年お正月に「かるた祭・かるた開きの儀」が執り行われ、
1月には「競技かるた名人位・クイーン位決定戦」、
7月には全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会なども開催されています。



また競技かるたを題材にした漫画・アニメ『ちはやふる』の舞台としても有名で、
石段から楼門を仰ぐ構図がポスターなどでも使われ、
劇中のかるた大会では会場の近江勧学館も登場します。


近江神宮・本殿17

近江神宮・本殿18近江神宮・本殿19近江神宮・本殿20近江神宮・本殿21



ナナモリ(笑)s社殿は「近江造」と呼ばれる独特のもので国の登録有形文化財に登録されています。

本殿など大部分の建物は竣工当時の昭和15年、
神楽殿を中心とする第二期工事部分は昭和19年の建築で、
自動車清祓所(旧大津裁判所本館車寄)は明治23年の建築で昭和46年に移築されたものです。



近江神宮竣工当時はまだ近江大津宮のあった地はわかっていませんでしたが、
昭和49年と、53年の調査の結果、大津京の中心は近江神宮から直線で約400メートルほど南、
錦織2丁目のあたりと判明し近江神宮境内は大津宮の一角ということが確定的となりました。


大津に都があったのは僅か5年あまりで、
壬申の乱の後、都は再び飛鳥に戻された為、多くの謎が残っています。


近江神宮・本殿22






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ









▼一宮浅間神社(甲斐)-夫婦梅・斎田▼ - 2017.05.29 Mon

浅間神社(甲斐夫婦梅03

浅間神社(甲斐夫婦梅01浅間神社(甲斐夫婦梅02浅間神社(甲斐夫婦梅05



ナナモリ(喜)s浅間神社本殿北側にある「夫婦」です。

本樹は地上80cmのところで四本の枝に別れ、
ひとつの花から二つの実を結ぶという珍種のです、
古来より御神徳により子授けの霊験があると伝えられ、
参拝祈願して梅の実を請う方もおられるそうです。

毎年旧暦の四月第二亥日にに梅折(うめのおりえ)の神事が行なわれます。


浅間神社(甲斐夫婦梅09


浅間神社(甲斐夫婦梅07浅間神社(甲斐夫婦梅08



ナナモリ(楽2)s境内末社の神明社と真貞社です。

神明社は御祭神して天照皇大神をお祀し、
真貞社は貞観6年富士山噴火の時の八代郡擬大領、
社家の祖でである伴直真貞を御祭神としています。




浅間神社(甲斐夫婦梅10

ナナモリ(普b-01)s浅間神社の境内斎田です。

幣殿の南側の一角、
授与所と拝殿を繋ぐ廊下の横にある小さな斎田で、
毎年6月にお田植祭が行なわれます。


浅間神社の周辺では昭和40年代初頭に耕作としての田作りは終り、
ほとんどが果樹園となったため貴重な田圃となっています。



浅間神社(甲斐夫婦梅11









○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示