◎あちこち神社◎
topimage

2017-11

▼弘前天満宮-枝垂桜▼ - 2012.07.29 Sun

青森_天満宮-シダレサクラ01青森_天満宮-シダレサクラ02青森_天満宮-シダレサクラ03青森_天満宮-シダレサクラ04



ナナモリ(楽2手2)s青森県指定天然記念物に指定されている弘前天満宮の枝垂桜です。

藩政期の大行院時代の名残から「大行院の枝垂桜」とも呼ばれ、
傍らには麻疹の平癒に利益があるという祠が祀られています。

大正9年に東京朝日新聞が100本を選定した「全国大桜番付」の中で
弘前の枝垂桜」として18番目に番付され、
当時は幹囲3丈(約9メートル)、樹高4丈(同12メートル)と記録されており、
大正9年時点で樹齢500年以上を経た県内最古の1本と考えられました。

ここにあるウサギの像はここが『卯年の一代様』ということを表しています。
一代様』というのは十二支を祀る神社仏閣のことで、
弘前のある津軽地方には初詣でその年の『一代様』にお参りする風習があります。

青森_天満宮-シダレサクラ05青森_天満宮-シダレサクラ06青森_天満宮-シダレサクラ07青森_天満宮-シダレサクラ08





blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

▼弘前天満宮▼ - 2012.07.27 Fri

青森_天満宮01青森_天満宮02青森_天満宮03青森_天満宮04

ナナモリ(喜)s青森弘前市にある春先の桜咲く天満宮です。

岩木山に相対し眼下に先達ヶ渕を見下ろす景勝地に鎮座する神社で、
境内は藩内の修験(山伏)の司頭を勤めてきた大行院のあった場所です。

地名を冠して弘前天満宮(ひろさきてんまんぐう)とも称されています。

青森_天満宮05青森_天満宮06青森_天満宮07青森_天満宮08

ナナモリ(楽3)s御祭神は菅原道真朝臣命(すがわらのみちざねのあそみのみこと)

また天満宮の前身である大行院にて代神として祀られていた同院本尊の文珠菩薩と、
相殿に大行院境内にあった少彦名神を祀る若木神社を合祀し祀っています。



青森_天満宮09青森_天満宮10青森_天満宮11青森_天満宮12



青森_天満宮13青森_天満宮14青森_天満宮15青森_天満宮16



ナナモリ(楽)s天満宮の前身は長永寺松峰山大行院という修験道当山派の寺院になります。

開祖は菅家の未裔・珍重丸の十二代の後胤にあたる大行院栄尊という人で、
京都三宝院、 後に越後の東光院に居たのを、
慶長三年、京都近衛家の要請、津軽右京太夫為信の招きに応じて、
南郡大根子村に祈願所を設けた仮堂とし、
長永寺松峰山大行院と称し津軽の山伏を支配する司頭であったそうです。


青森_天満宮17青森_天満宮18青森_天満宮19青森_天満宮20


ナナモリ(笑)s明治4年に修験廃止令により、大行院は廃寺され天満宮となります。

そのため御祭神として本尊であった文珠菩薩と、
大行院の鎮守社の岩木神社も合祀して、
種里にあった大浦家の先祖が祀っていた天神さまを併せ祀っています。

また境内には「全国大桜番付」の中で18番目に番付された「弘前枝垂桜」があります。
樹齢500年以上といわれる青森県指定天然記念物の枝垂桜で県内最古の1本と考えられています。


青森_天満宮21青森_天満宮22青森_天満宮23青森_天満宮24






blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示