◎あちこち神社◎
topimage

2017-08

▼鬼神社▼ - 2012.08.17 Fri

鬼神社01鬼神社02鬼神社03鬼神社04

ナナモリ(楽2手2)s青森県弘前市の沢にある鬼神社(きじんじゃ)です。

板柳駅から西へ約5Kmの地点、
鬼沢という集落の中に鎮座しています。

参道入口の大鳥居などには東北で多く見られる、
俵型の注連縄があり興味深くあります。
鬼神社05鬼神社06鬼神社07鬼神社08

ナナモリ(普b-01)s御祭神は高照比賣命伊奘那岐大神大山祇神

社伝によると延暦年間に坂上田村麻呂
岩木山山頂奥宮に鎮まる高照比賣命の霊験により
岩木山麓に当社を勧請し、その後、現在地に移転した。

というのが一応の公式な由来となっています。
鬼神社09鬼神社10鬼神社11鬼神社12

ナナモリ(普)s公式な由来とは別に、伝説では鬼を祀った神社であると伝わっています。

実際この地域では2月の節分の際に、
鬼沢の住人は節分の日に豆をまかないそうです。
そして端午の節句にヨモギや菖蒲を屋根に乗せません、
ことを習慣にしている家庭が非常にこの地域には多いようです。

このことから少なくとも、この神社の氏子さん達は高照比賣命ではなく
神様として祀られる鬼に豊作を祈願していると考えられます。
鬼神社13鬼神社14鬼神社15鬼神社16

ナナモリ(困)sこの地に伝わる鬼の伝説にはこのような話があります。

『むかし、弥十郎という村人が、岩木山中の赤倉で鬼と親しくなり、よく相撲を取って遊んでいました。
ですが鬼は自分のことを『誰にも言わないように』と弥十郎と約束を交わします。

ある時、弥十郎は水田を拓きますが、すぐ水がかれてしまうので困っていました。
その話を聞いた鬼は赤倉沢上流のカレイ沢から堰きを作って水を引きます。
村人はこれを喜び、この堰を鬼神堰とかさかさ堰とよび、鬼に感謝した。

ところが、弥十郎の妻が約束を破り、鬼を一目見ようとしたために、
鬼は堰を作るときに使った鍬とミノ笠を置いて去り、2度と姿を見せなくなりました。

弥十郎が残された鍬とミノ笠を持ち帰り、神社を建立して「鬼神社」と名づけ、
村人も感謝を込め村の名前も「鬼沢」としました。』

鬼神社17鬼神社18鬼神社19鬼神社20

ナナモリ(驚)s拝殿には鬼伝説を物語る巨大な農耕具がいろいろ飾られています。

拝殿には扁額が飾られています。
この扁額には『鬼神宮』と書かれていますが、
この鬼という字には上部の「ノ」がありません。
これは、ツノのない優しい鬼だと言うことを表しているそうです。

鬼神社21鬼神社22鬼神社23鬼神社24

ナナモリ(楽)s鬼沢には他に『鬼の腰掛け柏』や『鬼の土俵』など鬼伝説縁の場所があります。

鬼の正体は坂上田村麻呂に追われ岩木山麓に隠れ住んだ津軽の豪族であるとか、
卓越した製鉄技術や潅漑技術を持っていることなどから、
大陸から漂着した渡来人ではないかという説もあるそうですが、
真実は遠い彼方です。 

また噂では拝殿裏の本殿下には広い地下室があり、
そこには永遠に錆びない巨大な剣が保管されているともいわれています。


鬼神社25鬼神社26鬼神社27鬼神社28






blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示