◎あちこち神社◎
topimage

2017-03

▼橋姫神社(宇治)▼ - 2012.11.16 Fri

橋姫神社(宇治)01橋姫神社(宇治)02橋姫神社(宇治)03橋姫神社(宇治)04

ナナモリ(楽2手2)s京都府宇治市にある橋姫神社(はしひめじんじゃ)です。

JR奈良線の宇治駅を降り、お抹茶で有名な中村藤吉本店のある商店街を宇治橋方向へ、
大鳥居をくぐり「あがた道」をしばらく行くと左手にひっそりとした佇まいの橋姫神社があります。

当初は橋の管理を任されていた放生院常光寺(通称「橋寺」)の敷地内にあり、
橋の中ほどに張り出して造営された「三之間」に祀られていました。

明治までは宇治橋の架換えの度に社殿も新しく建て替えられていたそうです。
橋姫神社は三之間から宇治橋の西詰に移された後、明治3年の洪水による流出、
明治39に現在の場所に移されました。

橋姫神社(宇治)05橋姫神社(宇治)06橋姫神社(宇治)07橋姫神社(宇治)08

ナナモリ(普b-01)s御祭神は瀬織津比咩尊(せおりつひめのみこと)または橋姫。

孝徳天皇の時代646年(大化2年)に宇治橋が架けられた際、
上流にある櫻谷と呼ばれた地に祀られていた瀬織津比咩尊を、
橋の上に祀ったのが始まりとされています。

瀬織津比咩尊は人の罪や穢れを流し去る女神とされ、
橋姫神社は悪縁切りに御利益のある神社といわれています。

逆に恋人同士や婚礼の儀で神社の前を通ったり、
宇治橋を渡ったりするのは禁忌とされています。

橋姫神社(宇治)09橋姫神社(宇治)10橋姫神社(宇治)11橋姫神社(宇治)12

ナナモリ(楽2)s橋姫の名は『平家物語』や謡曲の「鉄輪」などにも登場します。

源頼光の四天王の1人源綱が名刀「鬚切(ひげきり)」で鬼女となった橋姫の腕を斬り、
この後「髭切」は「鬼切」と呼ばれるようになり鬼と縁が深い名刀になったのは有名な話です。

また源氏物語宇治十帖の第一帖は「橋姫」と名付けられ、橋姫神社はその古跡となっています。

その源氏物語の中で詠われる有名な歌が、

「橋姫の心をくみて高瀬さす
     棹のしづくに袖ぞぬれぬる」

という大君に贈った歌です。

橋姫神社(宇治)13橋姫神社(宇治)14橋姫神社(宇治)15橋姫神社(宇治)16








○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)まいどおおきに~♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト

首塚へ至る道 - 2012.09.05 Wed

首塚への道01首塚への道02
京都にある酒呑童子首塚がある神社への道案内でございます(o´ω`o)
ちょっこし分り難いので写真でご説明をば♪

まず京都交通の亀岡市行きのバスに乗り「老ノ坂」で下車します。

京都駅の乗り場で説明するなら「C2」のルートバスで~
2系統の桂駅経由~亀岡駅・保津川下り乗船場行きで500円でっす☆

京都芸大の学生がよく乗るバスです(*´Д`)関係ないですが(笑
首塚への道03首塚への道04
「老の坂」のバス停からトンネル方面に少し歩き、
国道9号線・老の坂トンネル入口手前の旧道へ入っていきますεε (っ*´▽`)っ

旧道への道は狭く看板も無いので見つけにくいです(x_x;)
あと意外と交通量が多いので歩道を歩く際はご注意を~

そしてしばらく歩くと……

首塚への道05首塚への道06
はいっ廃墟群です(笑

えーいきなり挫けそうなんですが(( ;゚Д゚))進みます(笑

猿とか猪の住処になっていて
いきなり飛び出してくると怖いので
廃墟の反対側に寄って歩きました(ノ∀`)ドキドキ

首塚への道07
廃墟を抜けると竹林になります。
竹林があるとなんとなく京都らしさ倍増です(笑

首塚への道08
竹林を抜けるとすぐ丁字路になっています。
ここを左へ曲がりまっす♪

この日は分かれ道があるとは行くまで知らなかったので
感で左に行きました(ノ∀`*)結果的に正解でしたヨカッタヨカッタ(笑

首塚への道09
少し歩くと
京都自然200選(老ノ坂)」の道標と
愛宕山と書かれた灯篭があります。

そういえばこの旧山陰街道は休日になると
ハイキングで通る人が結構居るそうです♪
首塚への道10首塚への道11
そしてさらに行くと集落っぽい開けた場所に出ます。

この道は古道というより農業道路っぽくなっていますが、
旧国境を示す国分石が今でもこのように残っています。

この地にはかつて老ノ坂集落がありましたが、
現在は廃村になったと記憶しています。

首塚への道12
そして道なりに進んで行けば~
酒呑童子の首塚のある神社『首塚大明神』に到着ですヾ(@^▽^@)ノ

旧山城国と旧丹波国の境にある「老ノ坂」は、
かつては老ノ坂峠ノ里が形成され、
山陰道への入り口であったため丹波の特産品を扱う市が立ち賑わい、
宿場として栄えていたそうです。
室町時代には、天龍寺所管の関所が設けられ、
高地には老坂峠城も築城されていました。

いまは京都に人にもほとんど忘れ去られたこの地ですが、
古い歴史の遺跡などが多く点在する興味深い古道であります(o´ω`o)

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

▼首塚大明神(京都)▼ - 2012.09.02 Sun

首塚大明神01首塚大明神02首塚大明神03首塚大明神04

首塚大明神05首塚大明神06首塚大明神07首塚大明神08


ナナモリ(楽2手2)s京都市と亀岡市の境、大枝山(おおえやま)の老ノ坂にある首塚大明神です。

首塚大明神は京都市西京区大枝沓掛町の集落跡にあり、
国道9号線・老ノ坂トンネルの京都方面入口脇から、
旧山陰街道に入った老の坂山中の小高い丘の上に鎮座しております。

首塚大明神のは円墳の上に建てられているともいわれており、
周辺には大枝山古墳群(御陵大枝山)が発掘されています。
首塚大明神09首塚大明神10首塚大明神11首塚大明神12

ナナモリ(普)s御祭神は酒呑童子

平安時代の頃、大江山にて酒呑童子とその一族を征伐し、
酒呑童子の首級を京の都へと持ち帰る源頼光と四天王らが、
この老ノ坂峠に差し掛かった際、急に酒呑童子の首が重くなり、
四天王の力自慢である坂田金時でも持ち上げられなくなります。

そこで源頼光一行は止むを得ずこの場所に首を埋めて首塚を作ったと伝えられています。

首塚大明神13首塚大明神14首塚大明神15首塚大明神16


ナナモリ(驚)s酒呑童子の伝説は源頼光の鬼退治の話として広く知られています。

江戸時代には羅生門の鬼退治や坂田金時の金太郎伝説と共に、
文芸作品や錦絵の題材として広く知られるようになりました。

酒呑童子の本拠地である「大江山」には二説あり、
山城国と丹波国の境にある大枝山(現在の老ノ坂)、
もう一つは丹波と丹後の境にある大江山といわれています。

首塚大明神17首塚大明神18首塚大明神19首塚大明神20

ナナモリ(普b-01)s旧山陰街道である大枝には現在も酒呑童子に関する旧跡が多数点在しています。

山城国と山陰地方を結ぶ境である大枝は古来より交通の要所であり、
畿内堺十処疫神祭(または四角四境祭)』
という都に入る疫神を防ぐ祭りが行われた場所のひとつでした。

またここ老ノ坂明智光秀が主君・織田信長を急襲する際に
天下取りを表明した場所でもありました。

首塚大明神21首塚大明神22首塚大明神23首塚大明神24




blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


▼鬼神社▼ - 2012.08.17 Fri

鬼神社01鬼神社02鬼神社03鬼神社04

ナナモリ(楽2手2)s青森県弘前市の沢にある鬼神社(きじんじゃ)です。

板柳駅から西へ約5Kmの地点、
鬼沢という集落の中に鎮座しています。

参道入口の大鳥居などには東北で多く見られる、
俵型の注連縄があり興味深くあります。
鬼神社05鬼神社06鬼神社07鬼神社08

ナナモリ(普b-01)s御祭神は高照比賣命伊奘那岐大神大山祇神

社伝によると延暦年間に坂上田村麻呂
岩木山山頂奥宮に鎮まる高照比賣命の霊験により
岩木山麓に当社を勧請し、その後、現在地に移転した。

というのが一応の公式な由来となっています。
鬼神社09鬼神社10鬼神社11鬼神社12

ナナモリ(普)s公式な由来とは別に、伝説では鬼を祀った神社であると伝わっています。

実際この地域では2月の節分の際に、
鬼沢の住人は節分の日に豆をまかないそうです。
そして端午の節句にヨモギや菖蒲を屋根に乗せません、
ことを習慣にしている家庭が非常にこの地域には多いようです。

このことから少なくとも、この神社の氏子さん達は高照比賣命ではなく
神様として祀られる鬼に豊作を祈願していると考えられます。
鬼神社13鬼神社14鬼神社15鬼神社16

ナナモリ(困)sこの地に伝わる鬼の伝説にはこのような話があります。

『むかし、弥十郎という村人が、岩木山中の赤倉で鬼と親しくなり、よく相撲を取って遊んでいました。
ですが鬼は自分のことを『誰にも言わないように』と弥十郎と約束を交わします。

ある時、弥十郎は水田を拓きますが、すぐ水がかれてしまうので困っていました。
その話を聞いた鬼は赤倉沢上流のカレイ沢から堰きを作って水を引きます。
村人はこれを喜び、この堰を鬼神堰とかさかさ堰とよび、鬼に感謝した。

ところが、弥十郎の妻が約束を破り、鬼を一目見ようとしたために、
鬼は堰を作るときに使った鍬とミノ笠を置いて去り、2度と姿を見せなくなりました。

弥十郎が残された鍬とミノ笠を持ち帰り、神社を建立して「鬼神社」と名づけ、
村人も感謝を込め村の名前も「鬼沢」としました。』

鬼神社17鬼神社18鬼神社19鬼神社20

ナナモリ(驚)s拝殿には鬼伝説を物語る巨大な農耕具がいろいろ飾られています。

拝殿には扁額が飾られています。
この扁額には『鬼神宮』と書かれていますが、
この鬼という字には上部の「ノ」がありません。
これは、ツノのない優しい鬼だと言うことを表しているそうです。

鬼神社21鬼神社22鬼神社23鬼神社24

ナナモリ(楽)s鬼沢には他に『鬼の腰掛け柏』や『鬼の土俵』など鬼伝説縁の場所があります。

鬼の正体は坂上田村麻呂に追われ岩木山麓に隠れ住んだ津軽の豪族であるとか、
卓越した製鉄技術や潅漑技術を持っていることなどから、
大陸から漂着した渡来人ではないかという説もあるそうですが、
真実は遠い彼方です。 

また噂では拝殿裏の本殿下には広い地下室があり、
そこには永遠に錆びない巨大な剣が保管されているともいわれています。


鬼神社25鬼神社26鬼神社27鬼神社28






blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示