◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼伏見稲荷・玉山稲荷から奥社奉拝所▼ - 2012.09.10 Mon

伏見稲荷大社②01伏見稲荷大社②02伏見稲荷大社②03

ナナモリ(楽)s伏見稲荷大社の本殿より奥の院へ向います。

本殿の左手奥側の権殿(かりどの)の横から稲荷山の方へ登る石段があります。
まず最初に見えてくるのが伏見稲荷大社末社玉山稲荷社です。

御祭神は玉山稲荷大明神。
境内掲示によりますと、
当社御神霊は古く当大社より宮中鎮守として勧請され、
宝永五年より明治まで宮中からお使いが差し向けられ祭祀されていましたが、
東京遷都に伴いこれが止められたので神慮を虞り当大社に移霊されて今日に至ったとのことです。

伏見稲荷大社②04伏見稲荷大社②05伏見稲荷大社②06伏見稲荷大社②07

ナナモリ(楽2)s玉山稲荷社の左側には4つの末社群が並んでいます。

左から、
長者社・御祭神 秦氏(伏見稲荷大社旧社家)祖神
荷田社・御祭神 荷田氏(当社旧社家)祖神
五社相殿社(蛭子社・猛尾社・若王子社・日吉社・八幡宮社)
両宮社・御祭神 天照皇大神、豊受皇大神
となっています。

伏見稲荷大社②08伏見稲荷大社②09伏見稲荷大社②10


ナナモリ(普b-01)s玉山稲荷社の右手奥へ進むと伏見稲荷大社の奥宮です。

御祭神は稲荷大神。

伏見稲荷大社本殿と同じく明応期の造営にかかり
上御殿或いは御扉が三戸前のところから三社殿とも称され
稲荷山にある下、中、上三社別殿の制当時の
上社或いは上社に深い由緒をもつと考えられる社殿である。


伏見稲荷大社②11伏見稲荷大社②12伏見稲荷大社②13伏見稲荷大社②14

ナナモリ(笑)s奥宮の左手には白狐社があります。

伏見稲荷大社末社白狐社の御祭神は命婦専女神(みょうぶとうめのかみ)

下社末社であった阿古町がその前身で
昔、船岡山に住む老狐の夫婦が稲荷神に仕えたいという願いが叶い、
夫は小薄(おすすき)、妻は阿小町という白い霊狐となり
その白狐を祀る唯一の神社がこの白狐社です。

伏見稲荷大社②15伏見稲荷大社②16伏見稲荷大社②17伏見稲荷大社②18

ナナモリ(驚)s奥宮の右手より奥社奉拝所へ向かう参道が有名な「千本鳥居」になっています。

奥社奉拝所へ向かう参道には朱塗りの鳥居がビッシリと建ち、
鳥居でできたトンネルをくぐって行きます。
この千本鳥居は江戸時代より奉納する習わしが始まったそうです。

この鳥居を奉納するのには特に資格や条件はなく、
個人でも団体でも建てることができます。

伏見稲荷大社②19伏見稲荷大社②20伏見稲荷大社②21伏見稲荷大社②22

伏見稲荷大社②23伏見稲荷大社②24


ナナモリ(楽2手2)sそして千本鳥居を抜けると奥社奉拝所です。

ここは命婦谷と呼ばれる場所であり、
一般的には「奥の院」という名で知られています。

この奥社奉拝所稲荷山を遥拝する場所で、
稲荷山三ヶ峰はこの社殿の背後に位置しています。

奥社奉拝所の社殿には沢山の愛らしい狐の絵馬が奉納されています。

伏見稲荷大社②25伏見稲荷大社②26伏見稲荷大社②27伏見稲荷大社②28

ナナモリ(喜2)s奥社奉拝所の奥に「おもかる石」という石灯籠があります。

おもかる石」というのはこの石燈篭の空輪(頭の丸い石)のことで、
燈篭の前で願い事を念じ、この空輪を持ち上げます、
持ち上げたときに感じる重さが予想より軽ければ願い事が叶い、
重ければ叶わないといわれています。


奥社奉拝所の先には稲荷山を巡拝できる参道が続きます、
ここよりいよいよ伏見稲荷大社の「お山めぐり」登山が始まります。


次よりお山を巡ってゆきます。



blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示