◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

▼伏見稲荷大社・熊鷹社周辺から三ツ辻▼ - 2012.09.19 Wed

伏見稲荷大社③01伏見稲荷大社③02伏見稲荷大社③03伏見稲荷大社③04

ナナモリ(楽3)s伏見稲荷大社稲荷山めぐりはまだまだ続きます。

奥の院から稲荷山山頂にある上之社を巡る参拝コースですと、
さっと歩いて1時間ぐらいで巡れます。

わたしのようにいろいろ寄り道しながら写真を撮りつつ巡ると、
2時間半ぐらいかかります。

伏見稲荷大社③05伏見稲荷大社③06伏見稲荷大社③07伏見稲荷大社③08

伏見稲荷大社③09伏見稲荷大社③10伏見稲荷大社③11伏見稲荷大社③12

ナナモリ(驚)s奥の院から新池へ向かう参道には無数の社が建ち並んでいます。

ここまで来ると伏見稲荷大社の明るく美しい本殿や奥宮の雰囲気は無くなり、
霊山である稲荷山の幽幻な雰囲気が濃厚になってきます。



伏見稲荷大社③13伏見稲荷大社③14伏見稲荷大社③15伏見稲荷大社③16

ナナモリ(普b-01)s稲荷山にある何某大明神と彫った石碑を「お塚」と呼びます。

稲荷山の主として七神蹟地を中心に、無数の塚が夥しく建ち並んでいます。

平安の頃より2月初午の日に稲荷山に参詣すれば福が授かるといわれ、
人々は毎年足を運んでいました。
そして明治になり七神蹟地が確定し親塚が建立されると、
これを契機に親塚の周辺に人々が、
「何某稲荷大明神」と神名を刻んだ「お塚」を奉納するようになったそうです。

伏見稲荷大社③17伏見稲荷大社③18伏見稲荷大社③19伏見稲荷大社③20

ナナモリ(楽2手2)s奥社奉拝所から三つ辻に至る参道を歩いていると山中に新池という池が現れます。

この新池は別名「谺ケ池(こだまがいけ)」とも称されています。

この別名の由来には、
行方知れずになった人の居場所を探す時、
この池に向かって柏手を打ち、谺(こだま)が返ってきた方向にて消息がつかめる、
と云う言い伝えがあり、このことから「谺ケ池」と称されるようになりました。

また昔はこの池を農業用水源として、
厳しい村掟のもとに大切に管理・運営されてきたといいます。

伏見稲荷大社③21伏見稲荷大社③22伏見稲荷大社③23伏見稲荷大社③24

ナナモリ(喜2)sそして谺ケ池の畔に鎮座されているのが伏見稲荷大社摂末社のひとつ熊鷹社です。

御祭神は熊鷹大神
池に突き出る形で熊鷹大神の拝所が設けられ、蝋燭の火が絶えません。

熊鷹社にて願い事や頼み事などのお祈りを済ませ、
難切り不動尊の横、新池の畔で柏手を二回打ち、
木霊が近くより返って来たように聞こえると願い事は早く叶い、
遠くから返って来たように聞こえると願い事の成就は遅くなると言う古くからの言い伝えがあります。

伏見稲荷大社③25伏見稲荷大社③26伏見稲荷大社③27伏見稲荷大社③28

熊鷹社のある新池よりすこし進むと三ツ辻です。
次回は三ツ辻より京都市街を展望できる四ツ辻へ向います。





blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示