◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

▼伏見稲荷大社・御劔社から薬力の滝▼ - 2012.10.02 Tue

伏見稲荷大社⑥01伏見稲荷大社⑥02伏見稲荷大社⑥03伏見稲荷大社⑥04

ナナモリ(笑)sそれでは伏見稲荷大社稲荷山山頂上之社より下山していきます。

清少納言が上之社へ向かう道程にて、
「枕草子」に苦しい思いをしたと記した場所はこの辺でしょうか。

春繁大神をお祀りする春繁社を通りすぎ御劔社へ向います。

伏見稲荷大社⑥05伏見稲荷大社⑥06伏見稲荷大社⑥07伏見稲荷大社⑥08


ナナモリ(楽2手2)sそしてこちらが四つ辻と一ノ峰の中間にある長者社神蹟御劔社です。

御釼社の御祭神は加茂玉依姫(かもたまよりひめ)または御劔大神。
御神体は社殿奥にある「釼石(雷石)」です。

この場所も稲荷山の三つの峰と同じように古くからの祭祀の場で、
神蹟の左側には「焼刃の水(宗近の井戸)」と呼ばれる井戸があります

伏見稲荷大社⑥09伏見稲荷大社⑥10伏見稲荷大社⑥11伏見稲荷大社⑥12

ナナモリ(楽2)s御劔社のあるこの場は謡曲「小鍛治」の舞台となった場所です。

勅命により御剣を打つことになった三条の小鍛冶・宗近の、
その努力精進が神に通じ稲荷明神が狐の化身となって現れ、
宗近の相い打ちをつとめ見事な宝剣・小狐丸を完成させるという話で、
その時の宝剣・小狐丸を鍛えるのに用いたのが、御身体の岩だと伝えられています。

このことから御劔社は刀鍛冶、刃物業者の信仰が篤い社となっています。

伏見稲荷大社⑥13伏見稲荷大社⑥14伏見稲荷大社⑥15伏見稲荷大社⑥16


ナナモリ(楽3)s御劔社を過ぎしばらく行くと行場「薬力の滝」が見えてきます。

薬力の滝稲荷山で一番奥の行場であり、
この水の流は清明滝の下流で御膳谷からの流と合流し清滝となり、
白滝からの流を合流し御壺滝や五社滝となり、
最後に東福寺通天橋の下を流れる三の橋川となります。

伏見稲荷大社⑥17伏見稲荷大社⑥18伏見稲荷大社⑥19伏見稲荷大社⑥20

ナナモリ(喜2)sそしてその薬力の滝の側にある神社が薬力社です。

薬力社は山頂の一之峰と山科に通じる山道の分岐点にある所から「お関稲荷」と言われ、
「関」ということが風邪・咳に附会した信仰となり「おせき社」とも呼ばれています。

現在でも薬力社には風邪・咳の快癒を願い、
書にしたためた祈願文が山積みとなっています。





blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示