◎あちこち神社◎
topimage

2017-03

▼久延彦神社▼ - 2013.02.27 Wed

久延彦神社01久延彦神社02久延彦神社03久延彦神社04

ナナモリ(笑)s大神神社の末社・久延彦神社(くえひこじんじゃ)です。

狭井神社より大直禰子神社へ向かう参道の中間地点、
北側の山に面した石段を登っていくと、
南面して鎮座する久延彦神社の社殿が見えてきます。


久延彦神社05久延彦神社06久延彦神社07久延彦神社08

ナナモリ(驚)s御祭神は久延毘古命(くえびこのみこと)

古事記』には崩彦(くえびこ)の名で登場し、
大国主神が国造りの際に、誰も知らなかった少彦名命の神名をお教えになられた神様であり、
「足はあるかねど天下の事を、盡(ことごと)に知れる神」と古事記に記される知恵の神様です。

受験合格・入学・進学等の成就安全をお守り下さる知恵の神様として現在でも信仰されており、
境内や社殿横には数多くの「願かけ絵馬」が掛けられています。

久延彦神社09久延彦神社10久延彦神社11久延彦神社12


ナナモリ(喜2)s久延毘古命とは「案山子(かかし)」を神格化した神です。

神名「クエビコ」は「崩彦」には「身体の朽ち果てた男性」という意味があり、
雨風に晒されて朽ち果てた案山子をを思わせます。

また古代には案山子は田の中に立って一日中世の中を見ていることから、
知恵者の化身として考えられていたようです。



久延彦神社13久延彦神社14久延彦神社15久延彦神社16

ナナモリ(楽3)s小高い場所にある社殿の前は展望台となっています。

ここからは三輪の大鳥居や大和三山(耳成山・畝傍山・香久山)、
大和盆地に広がる田畑の雄大な風景を眺望できます。

『香具山は 畝火雄々しと 耳成と 相あらそひき 神代より かくにあるらし
 古昔(いにしへ)も 然にあれこそ うつせみも 嬬をあらそふらしき』
           (中大兄皇子万葉集)

久延彦神社17久延彦神社18








○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示