◎あちこち神社◎
topimage

2017-03

▼湯島天満宮(湯島天神)▼ - 2013.08.15 Thu

湯島天満宮04

湯島天満宮01湯島天満宮02湯島天満宮03湯島天満宮05


ナナモリ(楽2手2)s東京都文京区にある湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)です。

亀戸天神社野暮天満宮と合わせて関東三大天神とされ
旧称は湯島神社、通称では湯島天神ともよばれています。

東京における代表的な天満宮であり、
受験シーズン以外にも学問成就や合格祈願のため、
多くの学生・受験生が訪れます。


湯島天満宮06湯島天満宮07湯島天満宮08湯島天満宮09


湯島天満宮10湯島天満宮11湯島天満宮12湯島天満宮13


ナナモリ(驚)s御祭神は天之手力雄命菅原道真公

社伝によると、
雄略天皇の勅命により天之手力雄命を祀る神社として創建されたと伝えられています。
のちの南北朝時代の正平10年に住民の請願により菅原道真を勧請して合祀しました。
この時をもって正式な創建とする説もあります。

そののち文明10年太田道灌が再建し、
天正18年、徳川家康公が江戸城に入ってから徳川家の崇敬を受け、
享保期には富籤の興行が盛んになり『江戸の三富』のひとつとして庶民に親しまれました。



湯島天満宮14湯島天満宮15湯島天満宮16


ナナモリ(楽)sまた湯島天満宮は江戸時代より多くの学者・文人にも崇敬されています。

湯島天満宮を訪れた学者・文人の中には、
林道春・松永尺五・堀杏庵・僧堯恵・新井白石などの名が見えます。

なかでも泉鏡花の湯島を舞台にした悲恋の長篇小説「婦系図」の舞台となったのは有名で、
映画化もされ、この地を歌った「湯島の白梅」は戦中時の歌として大ヒットしたそうです。

また「湯島の白梅」の曲中の歌詞にある『青い瓦斯燈』は現在も残されており、
これは都内で屋外の瓦斯燈としては、唯一現存しているものです。


湯島天満宮17湯島天満宮18湯島天満宮19湯島天満宮20


湯島天満宮21湯島天満宮22湯島天満宮23湯島天満宮24


ナナモリ(楽2)sかつて湯島天満宮は台地にあり、眺望の良さで人気だったそうです。

湯島天満宮へと登る坂は『天神石坂』といい38段の石段坂になっており、
正面の真直ぐで急な石坂は「天神男坂」
そのすぐ脇にある緩やかな坂は「天神女坂」と呼ばれています。

江戸時代の湯島天満宮の坂から見る風景は素晴らしく、
不忍池や上野の山の清水堂、寛永寺の大伽藍、
さらには谷中あたりまでを望むことができたそうです。


湯島天満宮25湯島天満宮26湯島天満宮27湯島天満宮28


『青い瓦斯燈 境内を
  出れば本郷 切り通し

   あかぬ別れの 中空に
    鐘は墨絵の  上野山』

「湯島の白梅」作詞・佐伯孝夫






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示