◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

伊勢神宮外宮で赤福氷を - 2017.06.25 Sun

2017外宮02

久しぶりに伊勢神宮外宮(豊受大神宮)へ行ってきました(o´ω`o)ノ

内宮へは一年に二度ほどお参りしますが、
外宮は二年ぶりぐらい…かも?

伊勢駅からまっすぐ外宮へと続く参道は、
新しい飲食店がたくさん出来ていました(-_☆)

以前、訪れた時よりもテイクアウトして食べ歩きの出来るお店が多くなっているような感じです♪


2017外宮03

同じく外宮参道にある明治創業の打刃物店「菊一文字本店」さんです。

こちらは刃物店であると共に伊勢まちかど博物館となっていまして、
周辺の観光パンフレットやオリジナル伊勢みやげ、
神話占いや神宮の書籍などが置いてありました(゚▽゚*)♪

打刃物のお土産としまして爪切りと握り鋏がお勧めです☆

2017外宮04

外宮参道のいろいろなお店を眺めつつまっすぐ歩いてきまして~
火除橋を渡って外宮境内へ~


2017外宮05

梅雨の晴れ間で真夏ほど蒸し暑くなく、
新緑の森の中に心地よい風の吹く季節です。


2017外宮06

御遷宮で新しくなった豊受大神宮御正宮です。

外宮は内宮とはまた違った雰囲気で、
広々として開放的な雰囲気があって良い感じです(´ー`)

2017外宮07

今年もおかげさまで、御正宮へのお参りできました(人*´∀`*)

2017外宮08

そして亀石の橋を渡った先にある石段を登り、
豊受大御神荒御魂をお祀りしている別宮・多賀宮へもお参りに♪

2017外宮09

今年も無事に外宮へのお参りができました(o´ω`o)ありがたいことです。

2017外宮10

さて、参拝後のお楽しみの時間です(笑

外宮のすぐ前には神宮周辺では一番新しい「赤福」の特設店があり、
お店の前には昔の茶屋風の縁台などが設置されていまして、
ちょっと気軽に立ち寄れる雰囲気のお店になっています。

いつも賑わっていて混雑している内宮の本店やおかげ横丁のお店とは違い、
時間帯によっては好きな席についてお食事が出来るほど空いているお店ですので、
のんびりと赤福を味わいたい方にオススメです☆

2017外宮11

そして、この季節といえばやはり「赤福氷」っ!!

毎年、赤福氷の期間になりますと頂きたいと思っているのですが、
なにかとタイミングを逃して数年ぶりの人生二回目ぐらいの赤福氷です(ノ∀`)(笑

赤福と言いつつ赤福の姿は見えませんが……

2017外宮12

カキ氷を食べ進むと中に赤福が隠れているのです(*´艸`*)フフーフ
お抹茶味の氷と冷たい御餅と餡子がすごく美味しかったです♪


というかんじの、久しぶりの伊勢神宮外宮と赤福氷を頂けて満足なお話でした☆




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



スポンサーサイト

女人高野丹生大師さんの紫陽花 - 2017.06.21 Wed

2017紫陽花01

紫陽花を見に三重県多気郡多気町にある丹生大師の里へ行ってきました(o´ω`o)ノ

2017紫陽花02

丹生大師は正式名称「女人高野山丹生山神宮寺成就院」という、
丹生神社の神宮寺であるお寺です。

以前、丹生神社へお参りに来た時にちょっと寄ったお寺さんです(´ー`)

2017紫陽花03

伝説によりますと空海が真言密教を広める聖地を決める為に、
唐の国から投げた三鈷(さんこ)が最初に丹生に飛来したのでここに決めようとしましたが、
その三鈷を力強く投げすぎたため最初丹生に飛来したが跳ね返って高野山で発見されたので、
高野山が真言宗の拠点となったのだそうです。

昔は高野山が女人禁制だったのに対し、
ここは女性も参詣ができたので「女人高野」と呼ばれています。


2017紫陽花04

2017紫陽花052017紫陽花062017紫陽花102017紫陽花07

丹生大師からすこし先にある郵便局を過ぎますと、
紫陽花や丹生水銀鉱跡のある「大師の里」と、
地元食材が味わえる「まめや」というお店があります。

その「まめや」さんの正面に山間を利用して、
たくさんの紫陽花が植えられ散策できる公園として整備されています。


2017紫陽花09

2017紫陽花082017紫陽花192017紫陽花112017紫陽花12



ほんの少し時期が早かったようでまだ色付いていない紫陽花も多かったですが、
それでも色とりどりの紫陽花が咲いていました(人*´∀`*)いいですね~♪

今年の梅雨はまだ雨が少ないですので、
ちょっと元気の無い紫陽花もありましたが、
これから雨が多くなってきましたらもっと綺麗に色付くことでしょう☆

2017紫陽花15

2017紫陽花162017紫陽花142017紫陽花13



そして、おやつは「丹生大師さまのまどれーぬ(ほうじ茶味)」というマドレーヌ(*゚∀゚)=3

丹生大師の向かい側にある「ふれあいの館」という地元の物産の販売や軽いお食事のできるお店で、
お土産などと共に売られていましたので一つ買ってみました♪

味はマドレーヌです(笑
ほうじ茶の味や香りは控えめな感じだったと思います。

2017紫陽花17

2017紫陽花18
あと「あじさい小径」のある道の横には、
このような水銀鉱の跡がいくつかありました(-_☆)

写真では小さな穴のように見えますが、
実際は大人が中腰で入っていけそうな大きさの穴です。


時間があったら水銀鉱跡もいろいろ見たかったところです(ノ∀`)


2017紫陽花19


そんなかんじの丹生大師さんの紫陽花でした~♪




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



道の駅「富士川楽座」で紅白のシラス桜海老丼♪ - 2017.06.12 Mon

富士川楽座01

静岡県にある道の駅「富士川楽座」へ行ってきました(o´ω`o)ノ


富士川楽座02

この道の駅は富士川サービスエリアに併設されていまして、
高速道路からも一般道からも利用できて非常に便利ですので、
大勢のお客さんでとても賑わっていました。

ちょうど週末だった為かもしれませんがいろいろな屋台なども出ていましたよ☆

富士川楽座04

あと観覧車もあります(-_☆)
乗って富士山の写真でも撮ってみようかと思いましたが…すごい行列でしたのでやめました(笑


富士川楽座10

道の駅の中にも大きな窓のテラス席が多く設置されていまして、
富士山や富士川を眺めながら食事や休憩などが出来るようになっていました。

それにしても富士山は良いですね~(´ー`)
この辺りはどこからでも見上げると富士山があってなんだかワクワクします。

富士川楽座05

そして店内のお寿司のコーナーには、
焼津産のマグロや旬の桜海老、シラスを使ったお寿司がいっぱい(*´艸`*)


富士川楽座06

というわけで、
美味しそうなお寿司たちを見ていましたら、
いつのまにか「桜海老と釜揚げシラス」のちらし寿司を買っていました(笑

富士川楽座08

釜揚げの桜海老とシラスの風味と良い塩梅の塩味が美味しいです♪
プチプチとした「とびこ」の食感も良い感じでした(人*´∀`*)


富士川楽座07

こちらは友達が食べていた「生と釜揚げシラス丼」です。

生姜醤油でいただくこちらも非常に美味しそうです(*´Д`)生シラス好き☆

富士川楽座09

あと、ここ富士宮はかぐや姫の里だったという言い伝えもあるそうで、
かぐや姫をモチーフにした萌えキャラのイラストの富士宮焼きソバのお土産もありました(人*´∀`*)かわいぃ


富士川楽座03

そんなかんじの道の駅「富士川楽座」でした~☆

最後にちょっと山の方から富士山道の駅の観覧車ヽ(´ー`)ノ





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


藤はちょっと早くて、金の鯉  - 2017.06.08 Thu

藤・2017-03

今年のはここのを見ました(o´ω`o)ノ

……先月のことです(笑

藤・2017-02

参道の上に続く棚からが垂れ下りシャンデリアのよう(゚▽゚*)♪


藤・2017-01

時期がまだ早かったので三分咲きという感じでしたが、
満開になればこの湧玉池にさぞかし映える事なのでしょうね。


藤・2017-04

藤棚の上はこんなかんじでほんと咲き初めという感じでした。
あと一週間遅ければ満開だったかな~(ノ∀`)おしい

今年は他にも藤を見に行ったりしたのですが、
なぜか写真を撮ったのはここだけでした(笑

来年は忘れずに撮ろう、うん(*´Д`)

藤・2017-05

あと、この池の橋の下に金色っぽいが三匹集まりまして、
なんとなく運気アップなかんじになりました(人*´∀`*)(笑






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*芹と炒り卵の混ぜご飯*  - 2017.06.04 Sun

芹ご飯01

最近、温かくなってきたおかげか、
我が家の庭の端でモリモリとが生長してきましたよ(*´Д`)

実は、このは七草粥で使ったの根をとっておいて芽を出させたもので、
ある程度成長したら分けて直植えして増やしてみました♪
これでが使いたい放題に(笑

というわけでそのを使いまして簡単な混ぜご飯を作ってみました~


芹ご飯02

芹ご飯03芹ご飯04

まず最初に、
摘んできた芹を軽く塩湯でしてから氷水で冷やし、
細かく刻んでおきます。


芹ご飯05

次に胡麻油で炒り卵を作ります。

芹ご飯07

あとは刻んでおいた芹と炒り卵と白ゴマをご飯と混ぜまして、
最後に塩で味を整えて完成です(人*´∀`*)簡単♪


芹ご飯08

芹のさわやかな風味と胡麻油の香りの卵で、
ご飯がすすむ一品でございます(*゚∀゚)=3

ちょっと和風ピラフというかんじ…かな?



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示