◎あちこち神社◎
topimage

2018-06

桑の実、焼酎に漬けてみました。 - 2018.06.05 Tue

桑酒01

さて、今年も果実酒を作る季節となってまいりました(ノシ 'ω')ノシ

定番の梅や夏蜜柑、紫蘇やローズマリーなどをつけたものも美味しいですが、
今回はこの季節によく道に落ちていたりする桑の実焼酎に漬けてみました~
もちろん、落ちている実ではなくて木に生っている桑の実を使います(笑

拾ってきた桑の実は良く洗って水気を拭きとり、
桑の実2に対して氷砂糖1・ホワイトリカー(35度)2の割合で瓶などに漬けます。

桑の実は梅と違い成分がすぐに出てきますので、
完成までに1ヶ月から2ヵ月ぐらいで実を取り出し、
あとは味を見ながら2,3ヶ月ほど熟成させていきますと完成です。



桑酒02

奥のものは氷砂糖で手前のものは蜂蜜を入れて漬けてあります。

今回は甘さ抑え目にするために氷砂糖の量を少なめにしてみました、
きっと甘酸っぱいものが出来ることでしょう(*´艸`*)楽しみです♪


あと、きっと出来上がりの色も凄いことになるでしょう(笑


桑酒03





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







スポンサーサイト

今日より入梅の候、六月です。 - 2018.06.01 Fri

IMG_0119.jpg

今日より水無月です。

はやいもので今年も上半期最後の月、
梅雨の季節となりましました。

本格的な夏を前に木々の緑が色濃くなり、
梅雨間際の雨に濡れた葉の緑がいっそう深みを増しています。

紫陽花も、ちらほらと咲いているのを見かけるようになって来ましたね(o´ω`o)

夏を前に、これから長雨が続きますので自然災害の情報には注意をお払いになり、
また気候による体調管理にも十分お気をつけになって、
どうぞお元気でお過ごしくださいませ。

それでは今月もバーーンッとよろしくお願いします(ノシ 'ω')ノシ





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




今年も春のタケノコを - 2018.05.05 Sat

2018タケノコ02

今年もたくさんタケノコをいただきました♪

米ぬかと唐辛子を入れて~タケノコの外側の皮を落し蓋代わりにしまして、
必死にアク抜き中です(´□`。)(笑


2018タケノコ03

もちろん、全部は食べ切れませんので冷凍保存します(`・ω・´)

しかし、タケノコをそのまま冷凍してしまいますと鬆が入ってシャキシャキ感が無くなったり、
冷凍焼けしたり匂いが移ったりしますので、その対策として、
タケノコをジップロツクなどに入れ、そこに水をタケノコが完全に隠れるほど入れまして、
水と一緒にタケノコを凍らせます(-_☆)

こうしますとタケノコが外気に触れなくなり品質の劣化が少なくなります☆
ちなみに、お正月のおせち料理に入れるタケノコはこうやって保存したものを使っています(*゚∀゚)=3



2018タケノコ042018タケノコ05

そして、とりあえずタケノコ御飯(人*´∀`*)

今回は具材と御飯を別々に炊きまして後で合わせる調理法で、
タケノコを椎茸やシメジ、鶏肉と一緒に甘辛く味付けしたものを、
固めに炊いた御飯と合わせました♪


2018タケノコ06

タケノコ御飯のおにぎり美味しい(*´艸`*)
仕上げに入れた庭で採れたセリの風味がアクセントとなって良い感じでした。


2018タケノコ07

タケノコの先の部分はフキとお揚げさんと炊き合わせました。
定番の料理ですが、これも春の味という感じでいいですね~♪


今年もタケノコを味わうことが出来ました(人*´∀`*)ありがたいことです。




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






今日より緑樹の候、五月です。 - 2018.05.01 Tue



今日より五月、
青葉が目に眩しいこの頃、
気温も春らしい温かい季節となりました。

我が家の庭でも芹や苺の葉が、
ぐんぐんと青葉が勢いよく生い茂っております(゚▽゚*)
蚕豆やブルーベリーは花を咲かし始め、
夏頃の収穫が楽しみです♪

この時期は食用の山野草がよく採れる季節ではありますが、
イヌサフラン(毒草)とギョウジャニンニク、スイセン(毒草)とニラなど、
思い込みなどから間違えて中毒を起こす事が毎年多く報告されていますので、
野草を採っていただく場合にはお気をつけください。

さて、過ごしやすい季節ではありますが寒暖差も大きい時期でもあります、
体調には十分お気をつけになって五月晴れの日々をどうかお健やかにお過ごしくださいませ(o´ω`o)

それでは今月もよろしくお願いいたしまっす☆




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






花桃と笹屋伊織の「どら焼」 - 2018.04.28 Sat



花桃の季節になりましたヽ(´□`。)ノ・゚

DSC04390.jpg

花桃は白と紅の花が同じ枝に咲いたり、
どちらの色も混ぜ合わさったのがあったりと華やかで良いですね~♪

DSC04387.jpg

ちなみにこうやって赤と白が同じ咲く花桃は源平花桃というらしいです。


笹屋伊織のどら焼き01

さて、先日友達からのお土産で、
毎月、弘法大師のご命日の21日から3日間だけ販売される、
京都の笹屋伊織の「どら焼」という珍しい和菓子をいただきました。


笹屋伊織のどら焼き02

どら焼きと聞きますと銅鑼の形をした丸い円盤状のものを思い出しますが、
このどら焼きは棒状のものになっています(-_☆)

このお菓子は江戸時代末期、5代目当主笹屋伊兵衛が、
東寺のお坊さんより副食となる菓子を作って欲しいとの依頼を受け、
お寺でも作れるようにと鉄板の変わりに銅鑼を使い、
熱した銅鑼の上で焼いた薄皮に、棒状に形作ったこしあんを乗せ、
巻いて竹の皮に包んだものが笹屋伊織の「どら焼」が出来ました。


笹屋伊織のどら焼き03

ですので切るとこのように餡がクレープっぽいもので巻かれたどら焼きとなっています。
この秘伝の製法で焼かれた皮はしっとりとしてモチモチっとした食感で、
ほど良い甘さの餡と仄かな竹の香りが良い感じです(人*´∀`*)美味しい♪

この御菓子は毎月21・22・23の3日間だけの販売ですので、
もしタイミングよくこの日にちに京都へ来られることがありましたら是非(o´ω`o)おすすめです☆






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示