◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼氷川女体神社(氷川女體神社)▼ - 2011.08.20 Sat

氷川女体神社01氷川女体神社02氷川女体神社03氷川女体神社04



ナナモリ(楽2手2)s埼玉県さいたま市緑区にある氷川女体神社(氷川女體神社)です。

2000年ほど前の第10代崇神天皇の時代に出雲の神を御室( 現在は三室)の地に勧請したのが始まりと伝えられています。
大宮氷川神社とともに武蔵国一の宮と云われ、江戸期には寺社奉行直轄神社として諸国大社19社の1つに数えられてきた由緒ある神社です。




氷川女体神社05氷川女体神社06氷川女体神社07氷川女体神社08



ナナモリ(楽2)s御祭神は奇稲田姫命大己貴命三穂津姫命

大宮の氷川神社を「男体社」、当社を「女体社」と称されています。
女体の名の通り奇稲田姫命(大宮氷川神社の祭神である須佐之男命の妻)を主祭神としています。




氷川女体神社09氷川女体神社10氷川女体神社11氷川女体神社12



ナナモリ(普b-01)sまた、一説には女体社男体社(大宮氷川神社)、見沼区中川にある中山神社の三社を合わせて、武蔵国一宮と称されていたとも伝えられています。

実際に三社は一直線場に配置されており、氷川女体神社の拝殿には、武蔵国一宮の扁額が掲げられています。




氷川女体神社13氷川女体神社14氷川女体神社15氷川女体神社16



ナナモリ(楽3)s中世以来、武士の崇敬を集めており鎌倉北条氏、小田原北条氏などに縁のある書物や宝物が多く所蔵され、徳川将軍家からも社領50石を寄進されていました。

一般公開はしていませんが、所蔵する文化財が多いことで知られ「埼玉の正倉院」とも呼ばれているそうです。




氷川女体神社17氷川女体神社18氷川女体神社19氷川女体神社20



ナナモリ(楽)s境内前の御幸道のつき当たりには「磐船祭祭祀遺跡」があります。
元々、氷川女体神社で最も重要な祭祀は見沼で行われていた御船祭でした。

享保12年に見沼が干拓され、見沼での御船祭が行えなくなります。
そこで、見沼の一部であった場所に柄鏡形の土壇場を設け、周囲に池をめぐらし祭祀場を設け、そこで御船祭の代わりとなる「磐船祭」を行うようになります。


その祭りも明治初期以降行われなくなりましたが、当時の遺跡が今も良い状態で残されています。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示