◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼丹生川上神社・下社-『牛石』蛙石『』縁起物など▼ - 2014.01.24 Fri

ナナモリ(普b-01)s丹生川上神社下社の境内には、いくつかの縁起物の石などががあります。

その中の『牛石』『蛙石』『産霊石』と、
拝殿の横にある御神木です。



丹生川神社下社・名石02

まずは『牛石

この石は大正天皇御大典の奉祝を記念してここに安置されたもので、
当時の丹生地区の人々がこの石を人力だけで台に乗せ、
川より引き揚げこの丹生川上神社に奉納いたしました。

いつしかその形が牛のように見えることから『牛石』と呼ばれるようになり、
物事に対してじっくり物事を見極めて辛抱強く進んでいく象徴となっています。

近くに建てられている掲示板によると、
「優しく三回撫てあげると思いがけない幸運に恵まれるかも」
とのことです。

丹生川神社下社・名石04

その『牛石』のすぐ近くにあるのが『蛙石』です。

こちらの石は蛙が立ち上がった姿に見えることから、
蛙石』と名付けられています。

じっくりと考え進む牛の「静」対して、
瞬発力のある蛙は物事を瞬時に捉え判断する「動」象徴となっています。

熟考すべきか、即決すべきか判断に迷ったとき、
牛石』『蛙石』この二つの石に触れながら、
心静かに考えると良いといわれています。



丹生川神社下社・名石06

こちらの石は『産霊石(むすびいし)』

ここにお参りして子宝に恵まれた信者が、
禊をした丹生川の底にあったものを奉納したもので、
女神の神皇産霊尊(かみむすびのみこと)と男神の高皇産霊尊(かみむすびのみこと)が、
合わさった形となっている石といわれています。

こちらを撫でると縁結びや子宝に恵まれるそうです。


丹生川神社・下社20

丹生川神社・下社21丹生川神社・下社22

拝殿の左奥にひっそりとあるのがこの御神木(けやき)です。

樹齢は約500年、株回りは5mほどで樹高は約30mとなっています。

大昔から涸れたことのない丹生川上神社下社の御神水の恩恵を受け、
今もなお樹勢は衰えることなく四方に枝を伸ばし、
春に繁る緑の若葉は朝日に映えて神々しく、
秋の紅葉にはさながら錦絵のようで見る人の心を捕らえるのだそうです。

こちらの御神木に心静かにして幹に触れ、
なにか一つだけ願いをかけると、
思わぬ御利益があるかもしれないとのことです。


丹生川神社下社・名石07







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



スポンサーサイト

▼丹生川上神社・下社▼ - 2014.01.19 Sun

丹生川神社・下社01
丹生川神社・下社02丹生川神社・下社03丹生川神社・下社04丹生川神社・下社05


ナナモリ(楽2手2)s奈良県吉野郡下市町にある丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)です。

二十二社・下八社(第二十一位)、式内社の名神大社の論社になってる神社です。

社名は丹生川上神社上社に対するもので、
背後の丹生山にあった丹生社の鳥居が洪水によって流されてきたので、
それを拾って神体として祀ったのが創祀とも伝えられています。

また丹生山山頂に古代の祭祀遺跡と思われる多くの矩形の石群が在り、
この周辺に「御酒井・五色井・吹分井・御食井・祈願井・御手洗井・罔象女井・降臨井・鍛人井」
といった多くの井戸が湧出していたことから、水神信仰が古くからあったと思われます。


丹生川神社・下社06丹生川神社・下社07丹生川神社・下社08丹生川神社・下社09



ナナモリ(楽)s御祭神は闇龗神 (くらおかみのかみ)

闇龗神は古くから雨を司る龍神として知られ、
この名には「谷間や山裏に座す龍」という意味があります。

古くには御祭神を高龗神としていましたが、
大正時代に丹生川上神社・中社が「式内大社 丹生川上神社」との説が認められたため、
祭神の変更があり現在の闇龗神となりました。

また祭神は「丹生大明神」で丹生都比売神のことであるとする説もあります。



丹生川神社・下社10丹生川神社・下社11丹生川神社・下社12丹生川神社・下社13



ナナモリ(楽2)s明治までは、公文所や社人と称する世襲神職が祭祀を司っていました。

社記によると、その起源は文明年間まで遡ると伝えられ、
「川上六家」と称される「橋本・乾・河(川)合・中井・向井・今西」の、
この6家が世襲神職として奉仕してきました。

現在は社職は離れましたが、その子孫の家の方々が神事係として、
例祭などの神事に関わっておられます。



丹生川神社・下社14丹生川神社・下社15丹生川神社・下社16丹生川神社・下社17


ナナモリ(普b-01)s神事芸能として6月1日の御礼際で行われる「太鼓踊り」が有名です。

御礼際(おんれいさい)で踊られる「太鼓踊り(太古踊り)」は雨乞い芸能として、
この神社にて祈止雨祈願がかなった人々が、
喜びのあまり神前に集まって踊ったことに起源を持つと伝える神事です。

平成13年には県の無形民俗文化財に指定されました。

また、この例祭の日には当日氏子の各戸から、
人身御供(ひとみごく)」と称される朴の葉で包んだ鯖の姿鮨を、
神饌として供えるという珍しい風習が残っています。



丹生川神社・下社18丹生川神社・下社19丹生川神社・下社23

丹生川神社・下社24






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示