◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼氷川神社(大宮・総本社)▼ - 2011.08.14 Sun

氷川神社(大宮・総本社)01氷川神社(大宮・総本社)02氷川神社(大宮・総本社)03氷川神社(大宮・総本社)04



ナナモリ(楽2手2)s埼玉県さいたま市大宮区にある氷川神社です。

関東を中心に各地にある氷川神社の総本社でもあります。

大宮という地名は氷川神社を「大いなる宮居」・「大宮」と称えたことに由来し、他の氷川神社と区別するために「大宮氷川神社」とも呼ばれます。


氷川神社(大宮・総本社)05氷川神社(大宮・総本社)06氷川神社(大宮・総本社)07氷川神社(大宮・総本社)08



ナナモリ(楽3)s御祭神須佐之男命奇稲田姫命大己貴命

同じ須佐之男信仰でも「祇園信仰」とは異なり、自然神である氷川神(ひかわのかみ)と須佐之男命が習合した独特の「氷川信仰」というのがあります。




氷川神社(大宮・総本社)09氷川神社(大宮・総本社)10氷川神社(大宮・総本社)11氷川神社(大宮・総本社)12



ナナモリ(普b-01)s氷川信仰とは、農業用水として役割が大きい半面氾濫を起こす荒川の本支流域が多く分布するこの地域に、ヤマト族や出雲族の信仰に自然信仰が融合したと考えられているものです。

氷川神(ひかわのかみ)は「延喜式神名帳」に記載される神で、正四位上まで昇ったとされます。
起源は、出雲国の簸川(ひかわ、現:斐伊川)に由来する出雲族の産土神とも見沼の水神とも謂われる、自然神です。



氷川神社(大宮・総本社)13氷川神社(大宮・総本社)14氷川神社(大宮・総本社)15氷川神社(大宮・総本社)16



ナナモリ(普)s創建は社伝によると今から凡そ2000年ほど前、第五代・孝昭天皇の御代三年四月未の日の御創立と伝えられています。

景行天皇の時代には、日本武尊が東征のおり当地に足をとめて祈願され、成務天皇の時代には出雲の兄多毛比命(えたもひのみこと)が武蔵国造となり、当社を崇敬します。

この一帯は出雲族が開拓した地であり、武蔵国造は出雲国造と同族とされ、社名の「氷川」も出雲の「簸川」(現在の斐伊川)に由来するという説があります。

その後、平安時代後期に関東地方を実質的に支配していた武士に幅広く信仰され、荒川流域に数多くの分社が建てられ、武蔵国中に広がりました。


氷川神社(大宮・総本社)17氷川神社(大宮・総本社)18氷川神社(大宮・総本社)19氷川神社(大宮・総本社)20


ナナモリ(困)s現在の氷川神社の位置は、かつて見沼原と呼ばれる見沼の畔でありました。

氷川神社の神池は見沼の名残で、もともと氷川神社は見沼の水神を祀ったことから始まったと考えられています。

また大宮の氷川神社・中川の中氷川神社(現・中山神社)・三室の氷川女体神社の三社が男体社・女体社・簸王子社として一体の氷川神社を形成していたという説もあります。



氷川神社(大宮・総本社)21氷川神社(大宮・総本社)22氷川神社(大宮・総本社)23氷川神社(大宮・総本社)24


ナナモリ(笑)s氷川神社の御神紋は八雲紋
御祭神須佐之男命の有名な八雲の歌に由来するものです。

また当社の神輿は三之鳥居を出ないのが決まりで、須佐之男命天照大御神への服従をしめすものといわれています。




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示