◎あちこち神社◎
topimage

2017-03

舞鶴赤れんが倉庫でいただく 『赤煉瓦cafe jazzの海軍肉じゃが丼』 - 2014.06.25 Wed

舞鶴といえば『肉じゃが』ですっ!ヽ(*´ヮ`)ノ そうなんです

後の海軍舞鶴鎮守府の初代司令長官・東郷平八郎が、
留学先でのビーフシチューの味が忘れられず、
それをなんとか日本で再現しようとしてできたのが「肉じゃが」だそうで、
ここ舞鶴には当時の海軍厨業管理教科書のレシピが唯一残っていたことから、
『肉じゃが発祥の地』ともいわれています。

というわけで赤れんがパーク内の、
赤れんが倉庫二号棟の一階にあります、
赤煉瓦cafe jazz』さんで「肉じゃが丼」をいただきました☆


赤レンガ倉庫群13

お店は二号棟に入ってすぐ左手にあり、
壁や衝立のない開放的な空間となっていて、
席はゆったりと座れる椅子でとてもくつろげます(*´▽`*)

そして注文するのはただ一つ(`・ω・´)ノ
海軍肉じゃが丼(ドリンク付き)』700円っのみっ

赤レンガ倉庫群14

まずはドリンクから~

わたしはいつものレモンティー
いつでもどこでもレモンティー(´Д` )(笑

このジップロックの小袋に入ったクッキーが面白いですね♪

赤レンガ倉庫群15

そして、ぼーっと待っているとアイスクリームが!?

キョトンとして店員さんを見ると、
どうやらこれは「舞鶴かまぼこ手形」のサービスだそうで、
手形を提示するといただけるそうですヽ(´▽`)/かまぼこ手形有能♪貴族待遇やー(笑

実は首に手形を下げたままにしておいたのを、
すっかり忘れてそのままだったという…(笑

赤レンガ倉庫群16

赤レンガ倉庫群17赤レンガ倉庫群18

海軍肉じゃが丼』きたーーヾ(@^▽^@)ノ

甘辛くじっくり煮込まれた牛肉とタマネギ、
そして、すこし揚げてある感じのジャガイモがゴロゴロ
上に乗ったグリーンピースの緑も良い色ですね♪

見た目ほど味は濃くなく、
丁度良くご飯と合うような甘辛いお味で、
美味しかったです(*´艸`*)

そういえは「肉じゃが」は、
関東は豚肉で関西は牛肉が使われるとこが多いとか、
そう言われるとそんな気もします(笑

アイスティーにアイスクリームときてからの、
肉じゃが丼でしたのでかなり満腹になりました(o´ω`o)ほぅ
これで700円はかなーりお得なかんじですね☆

他にも「海軍ロール」や「海軍ワッフル」など気になるメニューもありました。

赤レンガ倉庫群12

ちなみにここ『赤煉瓦cafe jazz』さんでは、
その名の通りに毎月第3金曜の夜には、
ジャズミュージシャンによるコンサートが開かれているそうです。

重要文化財指定の赤れんが倉庫で行われる、
港のジャズコンサート(人*´∀`*)いいですねぇ♪


赤レンガ倉庫群22

というわけでこの日は午後から半日で、
いろいろ舞鶴を堪能いたしましたヽ(´▽`)/

駆け足で巡ってきましたが、
肉じゃが丼」も「メロンパフェ」も食べられましたので満足です(笑

まだまだ舞鶴は行きたい場所がたくさんありますから、
また訪れてみたい街ですね♪


しかし…日本海側に出るとなると、
同じ京都でも京都市からかなり遠いものなんですねぇ
思わず帰りの電車が無くなるところでした(;゚∀゚)(笑

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト

舞鶴港の『赤れんが博物館』と『赤レンガ倉庫群』 - 2014.06.24 Tue

赤レンガ倉庫群01

ではっ舞鶴港のもうひとつの名物、
明治時代の雰囲気を残す赤れんが倉庫とかを見学したいと思いますっ!!(o´ω`o)ノ

舞鶴港遊覧船より降りまして、
乗り場近くをうろうろしていますと…

赤れんが博物館・赤れんがの世界」開催中!!

との文字が目に入ったので、
これはきっと赤れんがの中の赤れんがに違いない(`・ω・´)
と思い「赤れんが博物館」の方へ向かいました(笑

赤レンガ倉庫群02

この『赤れんが博物館』は、
1903年(明治36年)に建てられた旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫であったものだそうで、
その当時の建物を再利用し博物館として活用されています。

赤れんが丈夫で長持ちなんですねぇ(人*´∀`*)ほぅほぅ
ちなみにこの建物は鉄骨構造であることや煉瓦の積み方がフランス積みであることなど、
舞鶴の煉瓦建築物のなかでも珍しいものなんだそうです。

そして、例の『舞鶴かまぼこ手形』を持っていますと、
なんと入館料無料です∩(´∀ `∩お得だわね~♪

赤レンガ倉庫群03

赤レンガ倉庫群04赤レンガ倉庫群05赤レンガ倉庫群06

館内に入って受付の方に聞いたところ、
携帯やデジカメなどで撮るスナップショット程度なら撮っても大丈夫とのことでしたので、
いろいろ撮らせていただきましたヽ(´▽`)/

まず入口から入って目に飛び込んできますのが大きな錨(;゚Д゚)!

この錨は護衛艦「いすず」で実際に使用されたものなんだそうです。


他にも一階では約一万年前から始まったという「れんがの歴史」について、
エジプトの魚の丘遺跡の日干しれんが(紀元前1400年頃)や、
メソポタミアのウル第3王朝のれんが(紀元前2040年頃)など、
四大文明発生地のれんがが展示されています。

古代中国の細かい模様で彩られた白いれんがとか綺麗でした♪
神話に登場する伏羲と女媧とか彫ってあってイイネ!(*´▽`*)

赤レンガ倉庫群07

赤レンガ倉庫群08赤レンガ倉庫群09赤レンガ倉庫群10

博物館の二階に上がってきましたε=(ノ・∀・)ノ

ここでは世界各国の歴史的煉瓦建造物のれんがの紹介、
戦前の舞鶴港のジオラマ模型や、
空襲で焼ける前の東京駅り模型などが展示されていて、
主に日本の「れんがの歩み」について展示されています。

れんが積み体験コーナーとかもありました(´Д` )(笑


赤レンガ倉庫群11

赤レンガ博物館を堪能いたしまして、
次に『赤レンガ倉庫群』の方へと向かいまっすεε (っ*´▽`)っ


赤レンガ倉庫群19赤レンガ倉庫群23赤レンガ倉庫群20赤レンガ倉庫群24


まずは三号棟から~

三号棟は一階の入口すぐは、
お土産物売り場となっていまして、
それ以外のスペースには赤れんが回廊の貸しギャラリーや、
赤れんが倉庫復原展示となっています。

二階へも階段で登って見学できるようになっていまして、
ここは明治にこの建物が建設された当時の面影を残す回廊となっていました。

赤レンガ倉庫群21

この日は二階の貸しスペースで企画やイベントが無かったようで、
なにも展示物の無いこの状態のおかげか、
昔の雰囲気を強く感じられて逆に良かったです(*´▽`*)古い木の香り好き☆

赤レンガ倉庫群26赤レンガ倉庫群27

赤れんがの倉庫や建造物は各地に残っていたりしますが、
ここ舞鶴には12棟もの赤れんが倉庫群が残されていて、
現存する日本のれんが建造物のなかでも貴重な近代化遺産となっています。

明治や昭和初期の雰囲気の残るこの倉庫群では、
よく映画などのロケも行われたようで、
近年では「坂の上の雲」「バルトの楽園」「男たちの大和/YAMATO」
などの撮影で使われたそうです。

「男たちの大和/YAMATO」は見ましたけれど(ノ∀`*)覚えてないなぁ(笑

赤レンガ倉庫群25


というわけで舞鶴港の赤れんがパーク『赤レンガ倉庫群』でしたっヾ(@^▽^@)ノ



そして次回っいよいよ登場っ!! 
舞鶴名物『肉じゃが丼』です(`・ω・´)(笑


blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ



舞鶴鎮守府めぐり 『港めぐり遊覧船・後編』 - 2014.06.21 Sat

舞鶴港遊覧26

でわでわ『舞鶴港めぐり遊覧船』の後編でっす(>Д<)ゝ”

ジャパンマリンユナイテッドの大きな船の工場を眺めつつ、
遊覧船は海上自衛隊北吸桟橋の方へと進んでいきます。

そういえばこの工場のあるあたりの護岸は、
明治30年代初頭に完成したものだそうです(;゚Д゚)!ほぉ

舞鶴港遊覧27

舞鶴港遊覧28舞鶴港遊覧29舞鶴港遊覧30

このあたりは明治34年に海軍病院のあった場所だそうで、
近くにある海軍記念館や海軍機関学校の大講堂のの一部などが、
土日祝日に一般公開されています。

このいっぱい並んでいる小さな船は、
艦艇に給油するための給油船とのことです。

どうやって給油するのかはわかりませんが、
小さい船が大きな艦船に寄って行って補給する姿は、
なんとなくかわいいかんじがしますね(´Д` )(笑

舞鶴港遊覧31

舞鶴港遊覧32

海上自衛隊北吸桟橋の方までやってきまして、
また大きな船が現れました(*´▽`*)

この船は、はつゆき型護衛艦の9番艦の『まつゆき』です。

さきほどの「あたご」よりちょっとスマートなかんじかしら?(o´ω`o)

舞鶴港遊覧33

またまた大きい船きましたーヽ(´▽`)/

船の形が先ほどの「まつゆき」より新しい感じがし、
洗練されたっぽいイメージを受けますねぇ(*´ー`)

舞鶴港遊覧34

この船は、あきづき型護衛艦の4番艦で『ふゆづき』という名前だそうです。

大戦時代の先代の駆逐艦「ふゆづき」もこの舞鶴港で生まれた船だったそうで、
この護衛艦「ふゆづき」が入港した式典では、
艦長が「ふゆづきが70年ぶりに舞鶴に戻って来た」と挨拶されたそうです。

きっと感慨深かったことでしょうね(*´ヮ`)

舞鶴港遊覧35

まつゆき」「ふゆづき」が並んだ姿でっす。

大きな船が並んでいると壮観ですねぇ(*´▽`*)

舞鶴港遊覧36舞鶴港遊覧37舞鶴港遊覧38

北吸桟橋を過ぎて、遊覧船乗り場のある赤レンガ倉庫群の方へと戻ってきました。

舞鶴港遊覧39

この変わった形の船は多用途支援艦 『ひうち』 というそうです。

きっと多用途に使える船なのでしょう(´Д` )(笑

ちなみに遊覧船では舞鶴港に停泊している船について、
船内ガイドのアナウンスなどがあり名前や種類などを教えてくれます♪

まぁ景色を見たり写真撮ったりに夢中で、
半分も聞いていなかったわけですがΣ(ノ∀`*)(笑

舞鶴港遊覧40舞鶴港遊覧41

舞鶴港遊覧42

さて、そんなこんなで舞鶴港の『港めぐり遊覧船』ツアーは終了でっす☆

船についてはあまり詳しくないですが、
護衛艦の近くに寄ったとき時の迫力や、
眺めの良い舞鶴湾の風景でかなり楽しめましたヾ(@^▽^@)ノ

遊覧フェリーがあると必ず乗ってしまうという、
遊覧船好きなわたくしも大満足でした(o´ω`o)(笑

というわけで次回は『赤レンガ倉庫群』にまいります。


神社ブログなのにしばらく神社の話が出てこない予感……(´Д` )(笑

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ





舞鶴鎮守府めぐり 『港めぐり遊覧船・前編』 - 2014.06.19 Thu

舞鶴港遊覧01

さて、海軍ゆかりの港町「舞鶴」にやってきたということで、
港の方にある「赤レンガパーク」や「海軍スポット」の方へも向かいます(>Д<)ゝ”

まずは電車でJR「東舞鶴」へと到着ーっ!

ここでは……

舞鶴港遊覧02

舞鶴港遊覧03舞鶴港遊覧05



いま流行りのゲーム「艦隊これくしょん」のキャラクターたちがお出迎え(笑

このゲームのおかけか最近は旧軍港が、
なにやら賑わっている感じですね~

でもなんとなくこういう立て看板があると、
ここが秋葉原っぽいかんじがしますわ(*´Д`)(笑

舞鶴港遊覧04

そしてまずは舞鶴を観光でめぐるにあたって、
この「舞鶴かまぼこ手形(1000円)」を購入ヽ(´▽`)/

この手形を持っていますと観光で舞鶴を巡るのにかなり便利になり、
「市内のバスが一日乗り放題」
「赤レンガ博物館・引揚記念館・五老タワーが入館無料」
「東・西舞鶴駅の市営駐車場無料」
「港めぐり遊覧船半額」
など他にも舞鶴の飲食店などで特別サービスをいただけたりと、
すごくお得なのです(人*´∀`*)一日舞鶴で遊ぶなら購入がオススメです♪

舞鶴港遊覧06

というわけでさっそく港めぐり遊覧船に乗るべく、
港の方へとやってまいりましたεε (っ*´▽`)っ

遊覧船乗り場へは、
この「市役所前赤レンガ倉庫群」か「赤レンガ博物館前」の、
バス停が一番近いかと思います。

舞鶴港遊覧07舞鶴港遊覧08舞鶴港遊覧09舞鶴港遊覧10

そして赤レンガ倉庫群を抜けて港へ出まして、
遊覧船の停泊している「北吸赤レンガ桟橋」へ行き、
そこで遊覧船の船内ガイトさんからチケットを購入しまっす(o´ω`o)ノ

ここで先ほどの「舞鶴かまぼこ手形」を提示すると半額です☆
さっそくお得(笑

ちなみにこの船の船内ガイドさんは、
海上自衛隊のOBさんだそうですヽ(´ー`)ノなんとなく安心

舞鶴港遊覧11

というわけで「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」出航ーーーっ!!
(`・ω・´)船長はやる気だっ!(笑

舞鶴港遊覧12舞鶴港遊覧13舞鶴港遊覧14

最初に右手に見えてまいりますのは、
大戦中に防空施設と地下壕に特設防空指揮所のあった「東山」と、
旧海軍の西之門を移設し現在も使っている「海上自衛隊・舞鶴警備隊」の建物です。

そこをすこし過ぎますと北海道まで就航している「小樽行きフェリー乗り場」でっす。

昔は北海道まで30時間以上かかっていたそうですが、
現在ではなんとっ!!20時間で小樽にっ!!

たしかに昔より速くなってるけど…20時間(´・ω・`)やはり北海道は遠いのね(笑

舞鶴港遊覧15

そして遊覧船が遊覧コースの一番外側に到達したときに、
遠くに見える白い大きな橋は「舞鶴クレインブリッジ

この橋は二羽の鶴をモチーフに設計された橋で、
二本の主塔がクチバシで、48本のケーブルがその羽を表しているそうです。

この橋のたもとには大戦後に戦地より引き揚げてきた人々が、
長い航海のあとに到着した「引揚桟橋」と「引揚記念館」があります。

舞鶴港遊覧16舞鶴港遊覧17舞鶴港遊覧18舞鶴港遊覧19

ここで遊覧船は舞鶴港に浮かぶ烏島と蛇島を眺めつつUターン。

次に見えてきたのは、
日本海側唯一の海上自衛隊ヘリ基地「海上自衛隊舞鶴飛行場」と、
その隣にあるジャパンマリンユナイテッドの第三ドックと第二ドックです。

この日は客船みたいなのが建造中でした(*´▽`*)

そしていよいよ見えてまいりました灰色の大きな船は、
ドックにて整備中の……



舞鶴港遊覧21

護衛艦あたご』でっすヽ(*´ヮ`)ノ かっこいぃー☆

シャキーンとしてシュピーンなかんじで、
ズズンッってかんじの押し出し度で良いですねぇ♪

たぶんイージス艦っていう船です(笑

舞鶴港遊覧20舞鶴港遊覧23舞鶴港遊覧24

第3護衛隊群第3護衛隊に所属し、定係港は舞鶴で、
その「あたご」という名前は京都府の愛宕山に因んでいるそうです。

ということは艦内神社は「愛宕神社」かな(o´ω`o)

近くまでよりますと、
やはり護衛艦というのは大きいですねぇΣ(・ω・ノ)ノ
すごい迫力です。

舞鶴港遊覧25

さて、遊覧船ツアーはもうすこし続きますが、
長くなりそうですので今回は前半のここまで。

護衛艦あたご」のお尻の写真で次回に続きます(´Д` )(笑



blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ




メロンかパフェかパフェかメロンか? 『KEKEのメロンパフェ』 - 2014.06.17 Tue


というわけでっ!
噂に聞いて知ってから、
ずっと食べたかったメロンパフェを食べに、
舞鶴まで行ってきましたヽ(´▽`)/

舞鶴メロンパフェ01

移動は京都からJRの山陰線と舞鶴線で「西舞鶴」駅へ、
そこから乗り換えで北近畿タンゴ鉄道宮津線「四所」駅へと向かいました。

京都からは同じ京都府ですし楽勝♪楽勝~♪

っと思っていたらかなり遠かったです(;´д`)(笑
日本海って遠いものなのね…

舞鶴メロンパフェ02

舞鶴メロンパフェ03舞鶴メロンパフェ04

四所駅に到着~εεε (っ*´▽`)っ

期待通りの無人駅っ♪素晴らしい(笑

昔、このあたりに関所があったため、
その関所の門をイメージしたデザインの駅舎になっているそうで、
愛称は「四所しだれ桜公園駅」とのことです。

ということを後から知ったので、
駅舎全体の写真は撮ってなかったり(ノ∀`*)(笑

舞鶴メロンパフェ05

四所駅から出たところの景色です。

すごい峠っぽい景色だっ!(*´Д`)
ここから駅正面を走っている国道175号線を、
宮津の方へ向かって道沿いに峠を歩いて行きます。

目的のカフェまでは徒歩15分ほどです。

舞鶴メロンパフェ06舞鶴メロンパフェ07舞鶴メロンパフェ08


そして、しばらく歩いてゆきますと「ふじつ温泉」がありまして、
その隣に目的地『Dessert Cafe ケケ(KEKE)』さんがあります☆

ここまで来るのに長かったけど到着でっす(*´∀`*)よかったよかった♪

で、カフェの入口にはこのような張り紙が↓



舞鶴メロンパフェ09



通常のパフェはできません…


では、
どんなパフェならばあるのかといいますと……






舞鶴メロンパフェ10

ドーーーーンッ!!

メロン半分まるごと使った季節限定メロンパフェΣ(・ω・ノ)ノきたーー!!

事前に知っていましたが、
実際見るとインパクトがスゴイです(笑

通常のパフェと比べて、
フルーツとクリームの割合が逆転しているかんじですね~

舞鶴メロンパフェ11

一緒に行った友達も全員がメロンパフェを注文しましたので、
デーブルの上の風景がおかしいことになってます(笑


パフェを4つ注文したら、
テーブルの上にメロンが2玉分ある状況(*´Д`)


舞鶴メロンパフェ12

メロン半玉の器の上に中央にアイスクリームとホイップクリーム、
それに黄桃、パイン、バナナ、キウイ、チェリーも乗って、
フルーツ好きにはたまらないメロンパフェです(人*´∀`*)

メロンもよく熟していて、
クリームより甘く感じるほどです♪

この日は天気が良くて暑くなった日で、
ここまで来るのに結構歩きましたから、
フルーツの冷たさと甘さがしみますわぁ(o´ω`o)おいしぃ☆

メロンでお腹いっぱいとか幸せすぎます(笑

ちなみにお値段は1350円でした。
なんだかすごくお得な気がしますね♪

舞鶴メロンパフェ13

こちらのカフェでは季節ごとに、
旬のフルーツを使った季節限定のパフェメニューがありまして、
丁度、今月6月から8月までがメロンパフェの期間となっています。

先月まではいちごたっぷりなパフェだったようで、
こちらも美味しそうですね(*´▽`*)

舞鶴メロンパフェ14

11月の限定パフェ『栗とサツマイモのパフェ』も、
わたし気になります(*´艸`*)
とくにクリームに立っているサツマイモチップス的ななにかが(笑

しかしメロンパフェの写真だけ、
横向きの写真になっているのがウケます(笑

舞鶴メロンパフェ15


そして、念願のメロンパフェをいただきまして、
満足して四所駅より電車で帰るのでありました♪((o´ω`o)ノ

また舞鶴に来る機会があれば、
ここに来てパフェをいただきたいです♪

blogram投票ボタンブログランキング・にほんブログ村へ




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示