◎あちこち神社◎
topimage

2017-05

▼御沼龗神社▼ - 2015.09.18 Fri

御沼おかみ神社02

御沼おかみ神社01御沼おかみ神社03御沼おかみ神社04御沼おかみ神社05



ナナモリ(楽)s群馬県の榛名湖にある御沼龗神社(みぬまおかみじんじゃ)です。

当社は榛名神社の境外末社で榛名湖の湖畔に鎮座し、
境内からは対岸に榛名富士の姿を見ることができます。



この神社の創始や縁起などははっきりとしたことは不明ですが、
古くから榛名湖榛名神社の「御手洗沼」として殺生禁断の地とされ、
鎌倉時代には旱の折に湖水の水を受けて帰るという、
雨乞いの神事が行われていたようです。


御沼おかみ神社06御沼おかみ神社07御沼おかみ神社08御沼おかみ神社10



ナナモリ(普b)s御祭神は高龗神

「龗」という字は「龍」と言う字の古語で、
高龗神は古くから水を司る龍神として信仰され、
祈雨、止雨、灌漑の神として雨乞いの神事などで奉斎されます。



例祭は五月二十日で、豊な水の恵を感謝し、
五穀豊穣と氏子・観光客の安全を願う神事が執り行われます。


御沼おかみ神社09

御沼おかみ神社11御沼おかみ神社12御沼おかみ神社13御沼おかみ神社14


ナナモリ(普)s境内本殿左手には女人入水説話に纏わる供養塔があります。

榛名湖には人入水説話が諸説ありますが、
ここにある供養塔は戦国時代の永禄9年(1566年)に、
武田信玄によるの箕輪城落城に際し、
入水した木部駿河守範虎夫人長野姫・腰元九屋のものといわれています。


榛名湖の女人入水説話で有名なのが「榛名湖の木部姫」という伝説で、
その昔、木部の殿様の木部姫という美しい姫が十七八歳になったある日、
北方に秀でる榛名の峰に参詣したいと言い、それを殿様は許し、
駕篭と大勢の供を用意して送り出しました。
姫は榛名の湖畔に着くと、満足した面持ちで湖面を眺めます。
すると、一天が俄にかき曇り、黒雲が山をかすめて飛び、凄まじい大嵐となり、
姫はみるみるその姿を大蛇に変えて、湖底深くに沈んでしまいました。
そして侍女たちも蟹へと姿を変え、姫に従い湖に入った。
という伝説があります。

その供であった蟹たちは榛名湖に落ちる木の葉を拾い出し、
主である姫の棲み家の榛名湖をいつも清く保っているといわれ、
そのため木部の人々は蟹を食べないという風習があったそうです。


御沼おかみ神社16

本殿の背後には榛名湖を挟んで対岸に美しい榛名富士があり、
その優雅な姿を眺めることができます。

晴れていれば(ノ∀`)(笑







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示