◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

▼建水分神社-摂社・南木神社▼ - 2016.01.17 Sun

建水分神社02-01


建水分神社02-02建水分神社02-03建水分神社02-04建水分神社02-05


ナナモリ(楽2手2)s建水分神社の境内摂社・南木神社(なぎじんじゃ)です。

建水分神社の一の鳥居から参道の坂道を上がり、
広場に出ますと真っ先に目に入るお社がこの南木神社です。
境内摂社ながら立派な社殿をもつこの神社を、
建水分神社の本殿と勘違いされる方も多いそうです。



建水分神社02-06建水分神社02-07建水分神社02-08建水分神社02-09




ナナモリ(普b)s御祭神は楠木正成(大楠公)

この大阪府南河内郡千早赤阪村出身の英雄をお祀りした社で、
延元元年(1336)の湊川の戦いで尊氏の軍に破れて自害した楠木正成を、
その翌年に後醍醐天皇が自ら彫刻した楠木正成像を祀ったのを起源とし、
楠木正成を奉祭する神社としまして日本最古の神社です。


その後、後醍醐天皇の皇子である後村上天皇により、
「南木明神(なぎみょうじん)」の神号を賜りました。

南木という呼称は、楠を解字したものとも、
後醍醐天皇が笠置山で見た夢(太平記)に由来するとも言われています。

建水分神社02-10

建水分神社02-11建水分神社02-12建水分神社02-13建水分神社02-14


ナナモリ(笑)s元禄10年(1967年)まで建水分神社本殿裏にあった社殿が傾頽した為に現社地へと遷座再興し、
その後、昭和9年の室戸台風により老松が倒れ社殿は崩壊しますが、
御神体である楠木正成の像は厨子に守られ無傷であり昭和15年に社殿が再建されました。




建水分神社の大鳥居の創建当初の扁額は楠木正成の嫡子・楠木正行が奉納したもので、
長い年月の間に後醍醐天皇宸筆といわれるこの木額の表面の文字が摩滅した為、
宝永二年(1705)、金銅製にて模造されたものです。

建水分神社02-18







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト

▼建水分神社▼ - 2016.01.14 Thu

建水分神社01-01


建水分神社01-02建水分神社01-03建水分神社01-04建水分神社01-05





ナナモリ(普b-01)s大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分にある建水分神社です。

大阪府で唯一の村である千早赤阪村の、
金剛山道と富田林街道の合流点に近い水越川の南岸尾根の中腹に鎮座し、
ここを上水分(かみのみくまり)神社、美具久留御魂神社が下水分神社と称されています。


社号標の上部がセメントで埋められているのは、
大戦中に軍部との関係が深かった当社に対するGHQの干渉を懸念し、
戦後間もなくセメントで埋め隠されたもので、もとは「府社」と刻まれていました。

建水分神社01-06建水分神社01-07建水分神社01-08建水分神社01-09


建水分神社01-10建水分神社01-11建水分神社01-12建水分神社01-13


ナナモリ(楽)s御祭神は中殿に天 御 中 主 神 (あめのみなかぬしのかみ)
左殿に天水分神・罔象女神、右殿に国水分神・瀬織津姫神をお祀りしています。

創建は崇神天皇5年(紀元前92年)、
この頃に諸国が飢饉となったため各地に溜池や溝を作ることが勧められ、
これに際して勅により金剛葛城の山麓に水神として奉祀せられたのが始まりとされています。

そして、当社は古来より付近十八ケ村の産土神であると共に、
累代此地を本拠とした楠木氏の氏神でもあり楠木正成が勅を奉じ征賊の軍を起こすに当たり、
  「久方の天津朝廷(あまつみかど)の安かれと 祈るは國の水分の神」
と当社の加護を祈念し詠んだそうです。


建水分神社01-15

建水分神社01-16建水分神社01-17建水分神社01-18建水分神社01-19



ナナモリ(楽3)sまた戦艦金剛」の艦内神社の勧請元の神社としても有名です。

先の大戦中、開戦当初より幾多の海戦に参戦し、最も活躍した軍艦の一つに数えられ、
その戦歴から「鬼の金剛」と称される戦艦金剛」には、
古来より金剛山鎮守として崇敬されてきた所以により当社が艦内神社として祀られ、
大阪港へ寄港の際には艦長や乗組員が当社へ参拝することが慣例となっていました。


建水分神社01-22


建水分神社01-20建水分神社01-21建水分神社01-23



ナナモリ(喜2)s本社拝殿左脇にある末社・金峰神社です。

御祭神は天照大御神でありますが、
その由緒創建は詳らかではありません。


ちなみに建水分神社の社殿は三殿で構成され中殿は一間社春日造、
左右両殿は二間社流造、各殿を渡廊で連結するという全国でも唯一の珍しい様式で、
「水分造」とも呼ばれて明治33年国宝に、昭和25年に重要文化財に指定されています。

本殿は拝殿からさらに階段を上ったところにあり、
通常は非公開となっています。


建水分神社01-25






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示