◎あちこち神社◎
topimage

2017-03

▼船江上社▼ - 2016.03.20 Sun

船江上社02

船江上社01船江上社03船江上社05船江上社04


ナナモリ(楽2)s三重県伊勢市船江にある船江上社(ふなえかみのやしろ)です。

当社は、ここ船江町が上下2村に分かれていた時代に、
上船江村の産土神として祀られたため「上社」と称するようになった地域の氏神であり、
現在も伊勢市船江が氏子地域となっています。




船江上社07

船江上社08船江上社09船江上社10船江上社11



ナナモリ(笑)s御祭神は澤姫神

戦国時代以降に船江上社として産土神を祀るようになった当社ですが、
そのはるか昔、戦乱により荒れる以前は伊勢神宮神宮125社の一社で、
豊受大神宮(外宮)の摂社である河原淵神社が祀られる社地でした。


そのため以前は御祭神が不詳あるいは八幡神などと称していましたが、
大正二年に河原渕神社の御祭神である澤姫神を当社の主祭神と定められました。


船江上社06


ナナモリ(楽2手2)s船江上社の境内にある大きな池は「朧ヶ池」と呼ばれる池です。

この朧ヶ池は宮川の分流として船江上社の聖域を通り瀬田川に流れていた頃の名残で、
どんな干ばつにも涸れる事がなく神池として保存されています。
かつては御祭神が水と生命を司ることから病気平癒や不老成就の為、
鯉や亀を於って祈願する放生信仰の習慣があったそうです。


伝説では雲を起こし雨を降らせ水に潜って天に昇っていく「おぼろヶ池の龍」が住むと言われ、
農作物に天からの恵みの雨を降らせてくれる龍神様として社境内に龍姫命としてお祀りされています。

池の真ん中に「龍形九似」の龍のモニュメントもあります。

船江上社13

船江上社14船江上社15船江上社12船江上社16




船江上社17船江上社18船江上社19船江上社20



ナナモリ(普b-01)s境内にある大きな楠は「招福楠」と呼ばれる御神木です。

寛文三年(1663年)摂社河原渕神社再興の時、官許を受けて神木とした楠で、
樹齢700年、樹高30m余、周囲7mで招福の楠として町民の信仰の対象となっています。



他にも白大夫が袖ヶ浦から石を持ち帰ったところ、
石が成長し大きくなったという言い伝えがある「菅公御袖石」など、
多くの自然石や神社が境内に合祀されています。


船江上社22

船江上社21船江上社23船江上社24船江上社25


ナナモリ(楽)s朧ヶ池の龍神を祀る滝姫命社です。

文化十四年(1817年)に朧ヶ池畔にあったものを境内に遷座いたしました。




古くには正月八日に「淵祭」という神事があり、
神楽奉納と一尺の小舟に八個の人形を乗せた人形船を朧ヶ池に流していましたが、
明治後半頃より途絶えていました。
しかし神職・氏子総代の発案で平成10年(1998年)に神事が復活され、
毎年3月下旬に行われる様になったそうです。


船江上社26船江上社27船江上社28船江上社29


船江上社30






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示