◎あちこち神社◎
topimage

2017-03

▼二見興玉神社▼ - 2011.05.18 Wed

二見興玉神社01二見興玉神社02二見興玉神社03二見興玉神社04





ナナモリ(楽2)s夫婦岩で有名な二見興玉神社です。
旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社。

古くは水荒神・三狐神社とも呼ばれ、明治までは三宮神社とも呼ばれていました。
明治四十三年に境内社の興玉社を合祀して二見興玉神社と改称されます。

東と西に入り口があり、海岸沿いの境内になっています。




二見興玉神社05二見興玉神社06二見興玉神社07二見興玉神社08





ナナモリ(楽3)s御祭神猿田彦大神宇迦御魂大神(ここでは神宮外宮の豊受大神の別名とされています)

猿田彦大神は天孫降臨の際に高天原と豊葦原中津国の間の道案内を務めたことから、古来より善導の神として開運招福、家内安全、交通安全の守護神として信仰されています。

この神のお使いはカエルとされており、御神徳を受けた人々が神社の境内にカエルの塑像を献納します。
このため境内には無数のカエルの石像が並んでいます。




二見興玉神社09二見興玉神社10二見興玉神社11二見興玉神社12




ナナモリ(驚)s二見浦の海辺に浮かぶ夫婦岩は古来より日の出遥拝所として知られており、晴れた日には遠く富士山を望むことができるそうです。

夫婦岩の沖合660mの海中には、猿田彦大神の霊石「興玉神石(おきたましんせき)」があり、夫婦岩はその岩門であり鳥居でもあります。




二見興玉神社13二見興玉神社14二見興玉神社15二見興玉神社16



ナナモリ(楽2手2)s霊石「興玉神石」が当社の本質であり、「興玉神石」の遥拝所として成立したのが当社の起こりです。

「興玉神石」は降臨する神の依り代(よりしろ)で、常世から神が寄りつく聖なるところといわれています。



古来より伊勢神宮への参宮を前に、当浜で沐潮する習慣があり「浜参宮」と呼ばれています。

また二見浦倭姫命天照大神御鎮座の地を求めて訪れた際、
あまりの美しさに二度も振り返ったといわれるほどの素晴らしい景勝地でもあります。





二見興玉神社17二見興玉神社18二見興玉神社19


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示