◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

▼熱田神宮-二十五丁橋と佐久間燈籠▼ - 2016.09.20 Tue

二十五丁橋と佐久間燈籠01

二十五丁橋と佐久間燈籠02二十五丁橋と佐久間燈籠03二十五丁橋と佐久間燈籠04



ナナモリ(普b-01)s熱田神宮の清め茶屋近くにあります『二十五丁橋』です。

板石が25枚並んでいるところから二十五丁橋と呼ばれており、
尾張名所図会(おわりめいしょずえ)や名古屋甚句(なごやじんく)で名高く、
名古屋では最古の石橋といわれております。


江戸時代末から明治にかけてこの地方の民謡の曲名・名古屋甚句の中には、
西行法師がこの橋に腰掛け「これほど涼しいこの宮を誰が熱田と名をつけた」と、
ユーモラスに唄われています。

二十五丁橋と佐久間燈籠05


ナナモリ(楽2手2)s正参道と東参道の交差するところにある『佐久間燈籠(さくまどうろう)』です。

寛永7年(1630)5月、尾張御器所の城主である佐久間盛次の四男大善亮勝が、
海難に出会った際に熱田神宮に祈り、加護によって事なきを得たことを感謝し、
熱田神宮にこの燈籠を寄進したと言われています。



高さは約8メートル、形も六角形で雄大な相をもち、
上野東照宮にあるお化け灯籠、京都南禅寺の大灯篭とこの佐久間燈籠で、
江戸時代から日本三大燈籠の一つとして知られています。


二十五丁橋と佐久間燈籠06





おまけ
眼鏡之碑02


ナナモリ(驚)sあと、なぜか二十五丁橋の前にあるちょっとした広場に遮光器土偶が…

この土偶の主な出土場所と縁のなさそうな熱田神宮になぜに…?と思っていましたら、
これは昭和五十七年に名古屋眼鏡商業協同組合と眼鏡碑顕彰会が、
眼鏡を付けた土偶として奉納したと言う事だそうです。


遮光器土偶のこの遮光器のような部分を眼鏡としても良いのかなと疑問も残りますけれど(笑

眼鏡之碑01



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示