◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-11

*呉へゆく・大和ミュージアム前編* - 2019.11.11 Mon

大和ミュージアム01

はいっ、それではお楽しみの「大和ミュージアム」巡りです(o´ω`o)ノ

左手の赤レンガ風の建物が「大和ミュージアム(市海事歴史科学館)」で、
奥の潜水艦のある所が「てつのくじら館(海上自衛隊史料館)」です。

どちらも愛称の方が有名な博物館となっています(笑

大和ミュージアム02

大和ミュージアムは正式名称は「市海事歴史科学館」と言いまして、
日露戦争・日本海海戦から100年目、
終戦から60年目にあたる2005年4月23日に開館し、
戦前・戦後の市における船舶製造技術を主たる展示内容と、
その愛称が示すとおり旧日本海軍の超大型軍艦「大和」の建造と軍事活動が展示の中心となっています。


大和ミュージアム03

大和ミュージアム04大和ミュージアム05大和ミュージアム06

博物館前にドーンと展示されているのは戦艦陸奥に実際に搭載されていた主砲身で、
陸奥のスクリューと錨と並んで野外展示されています。

スケール感が大きすぎて搭載されていた戦艦の大きさの想像もつきません!( ?ω?)(笑


大和ミュージアム07

そしてっ!!

この博物館の目玉「実物の10分の1サイズの戦艦大和の模型」がいきなり登場でっすヽ(´□`。)ノ・゚でかいっ!



大和ミュージアム08

この模型は大和ミュージアムに入ってすぐの「大和ひろば」に展示されていまして、
海底調査や発見された資料により判明した最新の情報に基づいて制作されており、
新たに判明した史実や資料があれば随時それに合わせて改装されているそうです。

ちなみに、この大きすぎる全長26.3メートル模型は、
「山本造船株式会社」という造船会社によって製作されました(꒪˙꒳˙꒪ )!!!


大和ミュージアム09

大和ミュージアム11大和ミュージアム12大和ミュージアム13

模型とはいってもプラスチックや木で制作されたものではなく、
骨組みから外板まで鉄板で製作され、
鉄の塊と言う重厚な存在感から大和の威容が感じられすごい迫力です٩( 'ω' )و
二階部分も吹き抜けとなっていてそこから大和を見下ろすこともできます♪


完成当初の2004年2月1には命名・進水式もここで行われたそうです。

それとここ大和ミュージアムではスマートフォンやタブレットを用いた多言語音声ガイドが導入されており、
日本語のナレーションは、艦船擬人化ゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』にて、
大和役を務める竹達彩奈さんが担当されています。

大和ミュージアム15

大和ミュージアムの三階展望デッキに出ました(꒪˙꒳˙꒪ )♪

遠くに見える山は江田島かしら?
手前下の波止場は「大和波止場」と呼ばれる公園になっています。

大和ミュージアム16

この大和波止場は実際の大和の大きさを感じられる公園となっていまして、
左矢印が艦首で右矢印の部分が大和の艦橋があった部分で、
実際の大和の前半分の大きさが表されています(o´ω`o)

大和ミュージアム14

こっちは大和が建造それたドックや海上自衛隊の基地のある方面です。


そして大和ミュージアム後編につづきます(ง ˘ω˘ )ว





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト



*呉へゆく・ハイカラ食堂のテッパンカレー* - 2019.11.05 Tue

蒼龍てっぱんカレー01

での昼食は大和ミュージアム近くの折本マリンビル3号館2Fにあります、
「日招きの里・ハイカラ食堂」へ行きましたー三(ง ˙˘˙ )ว

お店の前には戦艦大和の大きな模型?がありました、っぽい(꒪˙꒳˙꒪ )!!!

この模型は海上自衛隊員さんが製作された1/30サイズの大和で、
奥に見える三連機関銃という機銃は映画の「男たちの大和」で実際に使用されたものだそうです。


蒼龍てっぱんカレー02

ハイカラ食堂の店構えは昭和の高度成長期を再現した感じで作られているとのことで、
入り口からノスタルジックな雰囲気に溢れていました(人*´∀`*)


蒼龍てっぱんカレー03

そしてここでいただける海自カレーは、
なんと海上自衛隊潜水艦艦長認定なのですっ!

蒼龍てっぱんカレー04

ここでいただけるテッパンカレーは、
「元祖潜水艦カレー」と「そうりゅうカレー」の二種類。

他にも戦艦霧島のクジラカツや、
戦艦大和のオムライスというメニューもありました☆

蒼龍てっぱんカレー05

もちろん「そうりゅうテッパンカレー」(数量限定)をいただきましたわ(*゚∀゚)=3

テッパンというのはこの海上自衛隊でも使われている鉄板食器のことで、
カレー自体はコクとスパイシーさを併せもつビーフカレー、
それに副菜とサラダなどがセットとなっています。


蒼龍てっぱんカレー06

副菜も名物の「肉じゃが」

牛肉を使いすき焼きに似た味付けで、
ホクホクとしたジャガイモが美味しかったです(*´艸`*)


蒼龍てっぱんカレー07

もう一つの副菜も名物な「クジラカツ」

クジラ肉特有の臭みとかはまったく無く、
身のしまったお肉で歯ごたえのあるカツでした♪


蒼龍てっぱんカレー08

今回の呉旅行では絶対こちらのテッパンカレーはいただこうと心に決めていましたので、
食べることが出来て良かったです( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )美味しかったし名物ね堪能できました☆

お店ではもちろん大和のラムネも売ってましたよ~♪






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*呉へゆく・艦船巡り後編* - 2019.10.27 Sun

呉・艦船巡り02-01

の艦船巡り、後編でっす(o´ω`o)ノ

ここに登場いたしましたのは海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦かが」です☆

海上自衛隊が保有する艦の中では最大の艦型であり、
いずも型護衛艦で2番艦「かが」が平成24年度予算で建造された護衛艦であるため、
ヘリコプター護衛艦を意味する記号の「DDH」を付けて24DDHとも呼ばれるそうです。

間近で見ますとすごい迫力ですっ!

呉・艦船巡り02-02

艦名は旧国名の加賀から命名され、
旧海軍の航空母艦「加賀」に続き日本の艦艇としては二代目になり、
艦内神社も先代と同じく白山比咩神社(加賀国一宮)。

艦の大きさは大戦時の正規空母・蒼龍、飛龍を排水量・全長共に上回り、
全長は先代の加賀とほぼ同じです。

2017年の就役以降、2018年7月の西日本豪雨の災害者への支援、
同年8月から10月まで護衛艦「いなずま」「すずつき」と共にインド太平洋方面派遣訓練で各国を訪問、
今年2019年には令和元年台風第19号での災害のため福島県沖でヘリコプターの洋上基地などの任務を担っていました。

そういえば先代の正規空母・加賀は先日の10月18日にポールアレン氏の財団の深海調査船により、
中部太平洋ミッドウェーの水深5400メートルの海底で発見されたとニュースで報道されていましたね~

呉・艦船巡り02-03

かが」の反対側へ廻りますと、護衛艦「さみだれ」が停泊していました。

かが」の大きな船体で完全に隠れていました(*´д`*)(笑


呉・艦船巡り02-04

「さみだれ」は、むらさめ型護衛艦の6番艦で、
この名を受け継ぐ日本の艦艇としては旧海軍の白露型駆逐艦「五月雨」に続いて2代目になります。

2000年3月21日に就役した艦で、
アメリカやロシア、オーストラリアなど各国との共同訓練や、
環太平洋合同演習やソマリア沖の海賊対策のため、
2009年には「さざなみ」と共に第1次派遣海賊対処行動水上部隊を編成しを出航し、
2018年から2019年にかけての第32次派遣海賊対処行動水上部隊として、
今年の5月末までソマリア沖・アデン湾で一般船舶の護衛任務に従事していたそうです。


呉・艦船巡り02-05

こう並んでいますと「かが」と「さみだれ」の大きさの違いが一目瞭然ですね~
かが」ってほんと大きいなぁ(꒪˙꒳˙꒪ )♪

呉・艦船巡り02-06

呉・艦船巡り02-07呉・艦船巡り02-08呉・艦船巡り02-09呉・艦船巡り02-10

艦橋部分を近くから見上げますと、まるでお城のようですね。
「かが」が本丸で「さみだれ」が二の丸という感じでしょうか( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )

ちなみに艦内の見学には通常海上自衛隊への一ヶ月ほど前からの予約が必要ですが、
各地で開催される観艦式や一般公開では予約なしで乗船し見学することが出来ます(*゚∀゚)=3


呉・艦船巡り02-11

こちら、遠くに並んで見えているのは潜水艦「そうりゅう」と「おやしお」です。

艦船めぐりのフェリーではあまり近くまで行きませんが、
陸上からは日本で唯一潜水艦が間近に見られる公園「アレイからすこじま」で見学できるそうです。


呉・艦船巡り02-12

遠くに見えているのは江田島という島で、
ここにも旧鎮守府の史跡が沢山あります。

今回は時間の関係でいけませんでした(´・ω・`)ざんねん


呉・艦船巡り02-15

海側から見た海上自衛隊・呉地方総監部です。

昔からここは司令部が置かれていた場所で、
写真のブルーシートの横にある赤レンガの建物が旧鎮守府庁舎です。

現在も海上自衛隊が使用中のため見学には予約が必要です。


呉・艦船巡り02-16

さて、中央桟橋まで戻ってきました~

艦船めぐりの所要時間は大体40分ぐらいで、
呉湾左岸を端から端まで見学すると言う感じのツアーでした♪

普段、間近で見ることのないような大きな船を船に乗って見られるのは迫力があり、
元海上自衛官だった方のガイドはとても判りやすく楽しい解説で、
とても満足感のあるツアーでした(人*´∀`*)オススメです☆



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*呉へゆく・艦船巡り前編* - 2019.10.21 Mon

呉・艦船巡り01

の艦船めぐりは「大和ミュージアム(市海軍歴史科学館)」の隣の建物、
海運・中央桟橋ターミナル1階フロアで受付をし、
中央桟橋から出発する貸切の観光船にて湾を巡ります。

しかもクルーズ船での解説はなんと海上自衛隊自衛官OBさんなのです(꒪˙꒳˙꒪ )♪


呉・艦船巡り02

受付のところには本日入港している艦船が写真で掲示されています☆

この日は運良く沢山の艦艇が寄港していましたよ(´ー`)

呉・艦船巡り03

それでは~呉艦船巡りに出発です٩( 'ω' )و


呉・艦船巡り04

呉・艦船巡り05呉・艦船巡り06呉・艦船巡り07

広島県呉市の呉湾はかつて「東洋一の軍港」と謳われ、
現在も横須賀港と並ぶ海上自衛隊の主要基地となっています。

大型のクレーンが立ち並ぶ造船所が湾岸に沢山あり、
戦艦大和などが建造されたドックも現役で稼動していまして、
大きなタンカーや商船が建造中でした。

ちなみに上の写真の中央にあるドックが戦艦大和の建造された場所です(*゚∀゚)=3


呉・艦船巡り08

そしてっ!!ここから海上自衛隊の艦船の登場です(-_☆)

手前に見える艦はDD-113・たかなみ型護衛艦の「さざなみ」で、
左手奥に艦橋部分だけ見えているのはATS-4203・てんりゅう型の「てんりゅう」という訓練支援艦です。

呉・艦船巡り09

先ほどの「さざなみ」の前に停泊している艦はTV-3518しまゆき型の訓練艦「せとゆき」です。


呉・艦船巡り10

「せとゆき」を後ろから~
しまゆき型練習艦は元はつゆき型の護衛艦でしたが、
海上自衛隊艦艇のシステム艦化により教育と訓練もこれに適合したものが求められるようになり、
できるだけ新しい練習艦が必要となりこの型の艦を練習艦として護衛艦より用途変更されたそうです。

ちなみにこの艦は2010年6月3日、
和歌山県串本町のエルトゥールル号遭難事件から120年目にあたる日に洋上追悼式にて、
在日本・トルコ大使やオスマン・パシャのひ孫のオスマン・ケマル・テキタシュ夫妻のほか、
寬仁親王、彬子女王が乗艦され自衛艦で皇室・対外王室に対しての御召艦となった戦後初めての艦でもあります。


呉・艦船巡り11

「さざなみ」を前方より~

この「さざなみ」という名を受け継ぐ日本の艦艇としましては、
帝国海軍の駆逐艦 雷型駆逐艦「漣」、吹雪型駆逐艦「漣」に続き3代目。

2009年3月14日、ソマリア沖の海賊対策のため、
護衛艦「さみだれ」と共に第1次派遣海賊対処水上部隊を編成し呉を出航した艦で、
その後も度々海賊対処行動水上部隊として出航し、
今年の2019年7月28日にも第34次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖・アデン湾へ向けて出航しました。

呉・艦船巡り12

「てんりゅう」を近くから~

艦名は長野・静岡に流れる天竜川に由来し、
旧海軍のスループ「天龍」、軽巡洋艦「天龍」に続き日本の艦艇としては3代目にあたり、
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災で災害派遣された艦艇の1隻でもあります。


呉・艦船巡り13

「さざなみ」の後ろから~

護衛艦の後ろって思ったより角ばっていてシュッとしているものなんですねぇ(o´ω`o)


呉・艦船巡り14

桟橋の反対側へ廻ってきました~

手前に停泊している艦は訓練支援艦のATS-4202「くろべ」、
1990年9月、海上自衛隊の艦艇として初めて女性自衛官が乗組みとなった艦で、
2011年には「てんりゅう」と同じく東日本大震災に対し災害派遣され、
被災地、宮城県女川町に向けて出港しました。



呉・艦船巡り15

そして…いよいよ大型のヘリコプター搭載護衛艦の登場ですっ!!ヽ(´□`。)ノ・゚



というところで次回の艦艇巡り後編へと続きます(笑




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





*旧鎮守府巡り・呉へゆく* - 2019.10.16 Wed

呉へ01

鎮守府の町・広島市へ行ってきました三(ง ˙˘˙ )ว

駅の看板に戦艦大和のイラストが描かれていてもうすでにっぽいっ!
ですが(笑

市は地形的に天然の良港と言われ、戦国時代などには村上水軍の一派が根城にし、
明治時代以降は、帝国海軍・海上自衛隊の鎮守府・拠点となっている町で、
造船・鉄鋼業など臨海工業都市として発展している観光地です。


呉へ02

呉市へは広島駅から西日本旅客鉄道(JR西日本)の呉線で30分ほど、
広島空港からも広電バスのリムジンバスが出ています。

呉へ03

駅からの連絡通路を港方面へ歩いていきます(o´ω`o)ノ

港エリアには海上自衛隊の施設や大和ミュージアム、
てつのくじら館など旧海軍の史跡や施設があります。

呉に着いたなら、まずこちら側へ行くのがオススメです(`・ω・´)


呉へ04

駅からすぐの所には観光案内所もあり、
呉市やその周辺の観光パンフレットやイベント情報、
呉市が舞台となったドラマ・映画・アニメの展示などがあります。

去年話題となった「この世界の片隅で」というアニメと映画の資料や、
実際使われた備品や出演者のサインなどがありました♪


呉へ05


「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の一つにもなっていまして、
ここには「艦隊これくしょん」のスタンプ御朱印が置いてありました(人*´∀`*)



呉へ06

連絡通路を歩いて、途中ショッピングセンターの中を抜けて外に出ましたら。
左に「大和ミュージアム」と右に「てつのくじら館」がドーーンツと出現(*゚∀゚)=3

大和ミュージアムの前には本物の主砲と碇とスクリューがっ!
てつのくじら館の前には本物の潜水艦がっ!!

すっごいテンションがあがります(笑

呉へ07

呉へ08呉へ09呉へ10

そしてそのまま港まで歩きますと…
おっきいお船がっ!!(꒪˙꒳˙꒪ )沢山!!!

乱立するクレーンもいいですね~♪

遠くには戦艦大和の生まれたドックも見えています。

呉へ12

さて、旧鎮守府のある港へ来たのならばなにはともあれこれは外せませんっ!
観光フェリーに乗って「艦船めぐり」です٩( 'ω' )وイエイ


というわけで次回「呉鎮守府で艦船めぐり・前編」に続きまっす☆






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示