◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

*四尾連湖の朝に* - 2017.05.13 Sat

四尾連湖03-01

四尾連湖03-02四尾連湖03-03

静謐な湖に微かな鳥の囀りの聞こえる四尾連湖の早朝です(o´ω`o)

風も無く水鏡のような湖面に映る景色が美しく、
ミツバツツジが昨日見たときよりも色鮮やかに見えました。


四尾連湖03-04

四尾連湖03-05 四尾連湖03-06



まだちょっと時間がありましたので、
四尾連峠方面にある文学碑公園という所まで、
朝食前にちょっと周囲を散策(*゚∀゚)=3

蛾ヶ岳山頂への登山口もここからのようです。
精進湖まで行けるそうですが……何時間かるのでしょうかこれは(*´Д`)(笑


四尾連湖03-11

四尾連湖03-07四尾連湖03-08四尾連湖03-10



文学碑公園に到着~
先ほどの案内板のあったところからここまで約10分ほどです。

ここには四尾連湖を愛した山梨出身の詩人・野沢一さんの文学碑があり、

「ああ きれど湖のみは
いつもながらの風光に
かげうららかに
桃の枝は云月ち
栗鼡は含いて
小鳥は あのたのしいさわがしい
唱をうたい 山は立ち
水はほとばしりいでて
とこしえに しびれの湖と
たたえられてあれよ」

という詩が刻まれています。

大畠山山頂へはここから更に上のほうへ、
左手に行きますと展望台や市川本町の大門碑公園へと行けます。


四尾連湖03-09

文学碑公園からちらっと見える市川三郷町の「石神沢」「うなぎ沢」とかある方面……だと思います(笑

ここはかつては「烽火台(のろしだい)」があったところだそうで、
それっぽい施設などは見当たりませんでしたが、
東京都水道局の「四尾連人工降雨発煙所」という施設がありましたよ(-_☆)



四尾連湖03-12

帰りは違う道へ~

左の轍の残る道が行きに登ってきた道で、
帰りは右のやや急な道から帰りました。


四尾連湖03-13

木々の間から、ちらちらと見え隠れする蒼い四尾連湖が美しいのです♪


四尾連湖03-14

そして山荘の裏側に到着ー!!

往復20分ほどの林道をゆるやかに登っていく道で、
朝食前のちょっとした運動にちょうど良い感じでした(´ー`)


四尾連湖03-15

四尾連湖にての朝食はこんなかんじなのを作りました(*゚∀゚)=3

フレンチトーストに目玉焼きとソーセージ、
フルーツの盛り合わせにカフェオレ

それはもうみんなで「これは女子力高い、女子力高い」と言いながら、
いっぱい写真を撮りましたよ(*´Д`)(笑

でも、買ってきたホウレン草を調理し忘れて、
後片付け中に出てきたのは秘密です(笑

四尾連湖03-16

そして、今回お借りしたバンガローを掃除しながら後片付けしまして~


四尾連湖03-17

昨夜に、ほうとう作ったり焚き火したところの掃除して、
ゴミを集めて撤収準備完了であります(`・ω・)ゞ


四尾連湖03-18

と言う感じで一泊二日だけでしたが四尾連湖でゆるっとしたキャンプを楽しみました(o´ω`o)

標高850mの山上にある四尾連湖は二つの山荘以外に民家は無く、
静かな湖面のようにとても落ち着いた雰囲気があり、
自然の様々な表情で楽しましてくれる素敵な場所で、
また機会がありましたら是非訪れたいキャンプ場になりました☆


四尾連湖シリーズ・おわり 



○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト

*四尾連湖でアウトドアご飯* - 2017.05.10 Wed

四尾連湖02-18

さて、キャンプでは暗くなる前にご飯の用意です(`・ω・)ゞ
食材の準備や調理は普段の倍ぐらいの時間かかりますからね~

と、その前に四尾連湖へ来る途中の地元スーパーに寄りまして、
食材などと一緒に買ってきた地ワイン(?)の「紅富士」を景気づけに一杯(*´Д`)赤ワインおいしー♪


四尾連湖02-17

最初は一緒に行った友達が作ってくれたダッチオーブン料理っ!!


四尾連湖02-19

四尾連湖02-20ビジュアルがすでに美味しそう(*゚∀゚)=3

この料理はミックスハーブと塩を摺りこんだ鶏肉に、
ピラフを詰めてオーブンで45分ほどじっくり蒸し焼きにしたもので、
今回は半身ですが本来は鳥丸ごと使ってつくるそうです。

部位の切り分けはわたくしがいたしました(`・ω・´)


四尾連湖02-21

ピラフから出る水分が鶏肉をやわらかくし、
鶏肉から出る出汁がピラフに染み込んでいましてとても美味しかったです(*´艸`*)

ハーブが効いたパリッと焼けた鶏肉の皮も良い感じです☆ワインよく合います。

四尾連湖02-22

こちらはわたしが作った山梨名物「ほうとう」でっす(o´ω`o)

なんとなく山梨でのキャンプなら作らねばならんという謎の使命感により、
ここに来る途中にいろいろ買い揃えてきました(笑

ほうとうは野菜と一緒に最初から煮るといいと、
どこかで聞いたきがしたので全部入れて作りましたよ(`・ω・´)ほんとうにこれで良かったのでしょうか…(笑

四尾連湖02-23

もーえろよもえろーよー天まで焦がせ~♪((o´ω`o)

四尾連湖02-24

そんなかんじで「ほうとう」完成でっすっ!
今回はガホチャやニンジン、ネギに山菜と豚肉などを入れで作って見ました。

味噌味で炊いたお野菜と、
味の染み込んだほうとうがもっちもっちして美味しかったです(人*´∀`*)

ですが…水加減を失敗してお汁がほとんどありませんでした(笑
まぁこういう失敗もキャンプ料理っぽいので良いということにしておきましょう(ノ∀`)

四尾連湖02-25

というかんじの四尾連湖でのキャンプご飯でした~





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*四尾連湖をぐるっと一周散策* - 2017.05.07 Sun

四尾連湖02-01

四尾連湖02-02四尾連湖02-03四尾連湖02-04四尾連湖02-16

四尾連湖(しびれこ)には「龍雲荘」「水明荘」という二軒の山荘がありまして、
どちらででもキャンプ・バンガローの予約と、
カヌーやBBQ用具などのレンタルができます。

バーベキューや焚き火などの道具も貸し出ししていただけるようでしたので、
ある程度は手ぶらで来てBBQなどのレジャーが楽しめる感じでした(゚▽゚*)♪
たぶん食材以外はなんとかなるかんじです(笑

四尾連湖02-09四尾連湖02-08四尾連湖02-07四尾連湖02-06四尾連湖02-05


パノラマっぽく四尾連湖の全景を撮って見ました(`・ω・´)

カメラにパノラマ撮影機能があると思うのですが…使ったことが無いのでわかりません(笑


四尾連湖02-10

湖の周囲を歩いて散歩できるようになっていましたのでグルッと一周歩いて見ます(*゚∀゚)=3


四尾連湖02-11

この四尾連湖は流入する河川も流出する河川もない内陸湖なのですが、
水の透明度が高く、底に沈んだ木々や落ち葉が良く見えるほど綺麗でした☆

そういえば山荘で釣り道具の貸し出しもありました。
鱒とか釣れるのかな?

四尾連湖02-12

四尾連湖02-14山荘の対岸までやってきました。

こちら側輪はテントサイトになっていまして、
直火可能なサイトや林間など、
好きな場所にテントを設営できるようになっています。


ちなみにこちら側までは車は入って来れませんので、
キャンプ道具などは手押し車を借りて自分で歩いて運ぶか、
ボートを借りて荷物を載せて湖を横断するしかありません(*´Д`)


四尾連湖02-13

四尾連湖にある「尾崎龍王」の石碑です。

四尾連湖は、かつては富士山麓の山中・河口・西・精進・本栖の富士五湖と、
泉端・明見湖と共に龍神を祀り富士内八海の霊場の一つとして数えられ、
この湖には四つの尾を連ねた龍神が住む湖ということで、
「四尾連湖」といわれるようになったという伝説があるそうです。



四尾連湖02-15

そんなかんじで一周して戻ってきましたε=(ノ・∀・)ノ所要時間は30分ほどです。

湖を一周する道沿いには山桜やツツジなどの花々もありまして、
のんびり歩いて楽しめる散策路でした♪


さて、明るいうちにキャンプご飯の準備ですわ(-_☆)
ということで次回に続きます(笑


○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






*四尾連湖の桜* - 2017.05.04 Thu

四尾連湖01-02

山梨県西八代郡市川三郷町にある四尾連湖(しびれこ)へ行ってきました(o´ω`o)ノ


四尾連湖01-01

四尾連湖01-03四尾連湖01-05四尾連湖01-07四尾連湖01-06

四尾連湖(しびれこ)は山梨県の蛾ケ岳(ひるがたけ)山頂付近、
湖面標高880mにある周囲1.2km、最大水深13mの小規模なカルデラ湖で、
湖畔にはキャンプ場が設けられています。


四尾連湖01-04

そんな標高の高い場所にある四尾連湖では、
今がちょうど満開になったが散り行く時期で、
舞い散るの花びらが地面や湖面を彩り綺麗です(人*´∀`*)

四尾連湖01-08

四尾連湖01-09四尾連湖01-11四尾連湖01-12

紅葉では有名な四尾連湖ですが、
今の時期は訪れる人も少ないようで、
静かな湖とを眺めていますと時間を忘れてしまいます。

の木は山荘のある側にだけ植えられていまして、
ベンチテーブルに座りながらのお花見が良い感じでした♪


四尾連湖01-10

本当はを見に来たというわけではなく、
まさかがまだ咲いているとは思っても居ませんでしたので、
思わぬ桜の歓迎でとても得した気分になれましたわ(゚▽゚*)♪


四尾連湖01-13

というわけでゴールデンウィーク中の四尾連湖のお話がちょっと続きます(´ー`)





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




*京都御所散歩-朔平門・猿ヶ辻・建春門* - 2016.04.29 Fri

京都御所01-22

京都御所散歩の続きです(o´ω`o)ノ

建礼門のちょうど反対側、御所の北側まできました~


京都御所01-23

京都御所北正面の朔平門(さくへいもん)です。

平安宮内裏外郭の北正面にあり、内郭の玄輝門と相対する門で、
南面との構造を比較して、この門の東に門が存在しないことが疑問視されており、
裏松光世は『大内裏図考証』で「華芳房を設置する際に門が廃されたのではないか」と述べられています。

この門では幕末の文久3年5月20日(1863年7月5日)に起こった「朔平門外の変」が有名です。

京都御所01-14

「朔平門外の変」は、
朔平門より西に行った所にある御所の鬼門の「ヶ辻」で起こった暗殺事件で、
破約攘夷派の代表的存在であった姉小路公知がここで暗殺され、
そのことにより姉小路という旗手を失ったはずの破約攘夷派勢力がむしろ増長し、
それに危機感を覚えた孝明天皇の周囲から破約攘夷派を排除する計画が立てられ、
京都守護職を務める会津藩を巻き込んで八月十八日の政変につながっていくことになった事件です。

京都御所01-15

が辻」は京都御所の東北角、鬼門にあたる場所にあり、
築地塀の角を欠いて京都の鬼門守護の日吉大社の神使のが祀られています。

言伝えでは、このが夜な夜なぬけだしては通行人にいたずらするため、
金網で封じ込めたのだそうです(*´Д`)


京都御所01-19

御所の東面でっすヽ(´ー`)ノ
こちら側は車道から離れているため静かです♪

京都御所01-24

平安宮内裏外郭の東正面にあり、内郭の宣陽門と相対する「建春門(けんしゅんもん)」です。

昔はこの門のすぐ外に外記庁の建物があったことから「外記門」の異名を持ち、
江戸期までは勅使の出入りに使われていましたが明治以後は皇太子や皇后の出入りに使われるようになり、
現在は外国の元首が出入りする際にも使われています。

京都御所01-16

御所の東側、建春門と道を挟んだ前にある「学習院跡」です。

この辺りはもともと宮家や公家の住まいがあった場所で、
1847年(弘化4年)ここにあった空き地の一部に学問所を建て、
40歳以下の公卿や御所に勤めている役人及びその子弟を集めて学問を教える事にし、
主に国学や歴史を教えていたその場所は「学習院」と呼ばれるようになりました。

各藩から学習院に派遣される要員は学習院掛あるいは学習院出仕と呼ばれるようになり、
主な志士だけでも、桂小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作、平野国臣などが居り、
彼らによって朝廷は尊王攘夷へと傾いて行くこととなりました。


京都御所01-17

その学習院跡の隣には「マツの木に生えたサクラ」という不思議な木があります(o´ω`o)

ここにはもともと古いクロマツがありましたが平成8年に倒れ、
そのクロマツの空洞に生えた山桜が松が倒木してもその空洞に守られて根や枝を伸ばし、
写真のように立派な桜木になっています。

桜の時期になりますと綺麗な桜が咲きまして、
今年も桜の花をいっぱい咲かしていたようです(人*´∀`*)

京都御所01-20

京都御所周辺を歩いて一周して正面まで戻ってきましたーεε (っ*´▽`)っ

御所をぐるっと一周して約1400mほど、
京都御苑を一周しますと4000mぐらいです。


京都御所01-26

そんなかんじで京都御所一周散歩でした~♪
観光客が少ない午前中に行きますとのんびり出来て良い感じですよ~(´ー`)


ちなみに京都御所の参観は予約不要の春秋の特別公開と事前の予約が必要な一般公開があり、
一般公開は休日や年末年始、行事のある日を除く月曜から金曜日までで、
3月・4月・5月・10月・11月は土曜日も参観申し込みが可能です。

特別公開時には一般公開のときには入れない紫宸殿の前庭に入ることができますので(-_☆)狙い目です。


京都御所01-21

京都御所の発見(☆∀☆)なんとなく凛々しいかも(笑




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示