◎あちこち神社◎
topimage

2017-08

▼花窟神社▼ - 2012.01.21 Sat

花窟神社01花窟神社02花窟神社03花窟神社04

ナナモリ(楽2手2)s三重県の熊野市有馬町の七里御浜に鎮座し、日本書紀にも記述のある日本最古の神社といわれている花窟神社です。

日本書紀・神代巻上に「伊弉冉尊、火神を生み給う時に灼かれて神退去ましぬ 故れ紀伊国 熊野の有馬村に葬しまつる 土俗此神の魂を祭るには花の時に花を以って祭る 又鼓 吹幡旗(つづみふえはた)を用て歌い舞いて祭る」」とあり、『花窟』の名はこのことより称されています。

花窟神社05花窟神社06花窟神社07花窟神社08


ナナモリ(普b)s御祭神は伊弉冉尊(イザナミノミコト)と火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)をお奉りしております。

古来より花窟神社には神殿がなく、熊野灘に面した約45mの巨巌を伊弉冊尊の御神体とし人為的加飾を極力排した古代の自然崇拝の風を伝えています。

花の窟は他界への入り口であり、その窪みの向こうは死者が赴く黄泉の国へ通じる場所であったと考えられていました。

神社合祀が行われる以前の熊野では、社殿が無く岩や老樹大木を祀っている神社も多くありましたが、現在ではそのほとんどが失われています。

花窟神社09花窟神社10花窟神社11花窟神社12


ナナモリ(普)s日本書紀にも伊弉冉尊の墓所として記される花窟神社なのですが、平安時代中期の全国の主要な神社を列記した延喜式神名帳には記載されていません。

これは花窟神社が神社ではなく、墓所として認識されていたからだと考えられます。
実際に神社となったのは明治に入ってからのことだそうです。


花窟神社13花窟神社14花窟神社15花窟神社16


ナナモリ(普b-01)s毎年二月二日、十月二日の両日には例大祭である「御綱掛け神事」が行われます。
4人の舞姫が伊弉冉尊軻遇突智尊に舞いを捧げ、日本一長いともいわれる約170メートルの大綱に三旒の幡形や種々の季節の花々・扇子等を結び、45メートル程の高さの御神体の上から境内南隅の松の御神木までわたします。

神社正面に広がる七里美浜は美しく、近くには「獅子岩」や「鬼ヶ城」「中の岩」など奇岩が多く存在しています。

花窟神社17花窟神社18花窟神社19花窟神社20





にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示