◎あちこち神社◎
topimage

2017-06

▼堅田神社▼ - 2012.11.21 Wed

堅田神社01堅田神社02堅田神社03堅田神社04

ナナモリ(普b-01)s伊勢市二見町江堅田にある皇大神宮摂社堅田神社(かただじんじゃ)です。

二見総合支所の前の国道を渡った反対側、音無山の西の麓に鎮座しています。

入口は住宅地の間にあり、すぐ近くに国道が通りますが、
社域内に入るとひっそりとした静けさがあります。

堅田神社05堅田神社06堅田神社07堅田神社08

堅田神社09堅田神社10堅田神社11堅田神社12


ナナモリ(楽2)s御祭神は佐見都日女命(さみつひめのみこと)

御祭神は江神社に祀られている佐見都比古命(さみつひこのみこと)と共に、
この地を開拓し支配していた国津神です。

倭姫命が二見に来られたときにこの地の国津神である佐見都日女命が、
堅塩を奉ったところ倭姫命がこれを愛でこの地に堅田の社を定めました。

二見から伊勢神宮内宮・外宮両宮御料の堅塩を献上する由来となった神社です。

堅田神社13堅田神社14堅田神社15堅田神社16

ナナモリ(笑)sかつては二見駅やこのあたりまで海だったそうです。

御祭神の佐見都日女の神名は佐見山や鮫川に由来し、
鮫川という小さな流れは、昔の入江痕と言われています。
堅田神社内の参道脇にも入江後の堀のようなものが残されています。

また鎌倉時代の歌人・後深草院二条はここを訪れ堅田神社についてこう綴っています。

「佐美の明神と申すやしろは なぎさにおわします。
それより舟にのりて、答志の島、御饌の島、通るしま(潜り島)などを見に行く」

堅田神社17堅田神社18堅田神社19堅田神社20





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
スポンサーサイト

▼御塩殿神社・御塩焼所と御塩汲入所▼ - 2012.11.08 Thu

御塩殿神社②01御塩殿神社②02御塩殿神社②03御塩殿神社②04

ナナモリ(楽3)s御塩殿の右手の道から松林を抜け、御塩焼所と御塩汲入所へ向います。

二又の道を左に行くと御塩焼所と御塩汲入所、
真っ直ぐゆくと二見浦と御塩浜(みしおはま)があります。

御塩浜(みしおはま)は、御塩殿神社に付属する塩田で、
そこには神社ではありませんが黒木の鳥居が設けられています。

御塩殿神社②05御塩殿神社②06御塩殿神社②07御塩殿神社②08


ナナモリ(驚)s8月に作られた粗塩は12月と3月に年間約300-400個を御塩殿内で焼き固められます。

粗塩は三角錐の土器の型に入れられ、舞錐で起こした忌火を使って御塩殿内で焼き固めます。
これらの行程を経て得られた堅塩は御塩(みしお)と呼ばれます。

また御塩を御塩殿神社から神宮まで運搬する経路は定められており、
これを御塩道(みしおみち)と呼びます。

清浄を保つために伊勢神宮へ運ぶ途中では、
黒瀬町の橘神社での休憩時以外は御塩を入れた櫃(ひつ)を降ろすことは許されなかったそうです。

御塩殿神社②09御塩殿神社②10御塩殿神社②11御塩殿神社②12

御塩殿神社②13御塩殿神社②14御塩殿神社②15御塩殿神社②16

ナナモリ(楽2手2)sこちらの天地根元造の建物が御塩焼所と御塩汲入所です。

御塩汲入所御塩汲入所(みしおくみいれしょ)は御塩浜から運ばれた鹹水を壷で保管し、
隣の御塩焼所(みしおやきしょ)にて鹹水を鉄鍋で煮込み粗塩を作ります。

この一連の作業では平安時代に神宮によって開拓された二見庄に由来する、
「荘」という地名に住む旧神領の住民が奉仕するという伝統が受け継がれています。

御塩殿神社②17御塩殿神社②18御塩殿神社②19御塩殿神社②20

御塩殿神社前には文治二年(1186)頃に当地を訪れた鴨長明の歌碑があります。

『二見潟 神さびたてる 御塩殿  幾千代みちぬ 松かげに して』





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

▼御塩殿神社▼ - 2012.11.02 Fri

御塩殿神社01御塩殿神社02御塩殿神社03御塩殿神社04

ナナモリ(楽2手2)s三重県伊勢市二見町荘にある皇大神宮所管社御塩殿神社(みしおどのじんじゃ)です。

伊勢神宮内宮の所轄社であるこの御塩殿神社には、
神事に欠かせない堅塩を作る施設が備えられています。

御塩殿の読みは神宮では「みしおどの」ですが、地元では「みしおでん」と呼ぶそうです。

御塩殿神社05御塩殿神社06御塩殿神社07
御塩殿神社08

ナナモリ(楽2)s御祭神は御塩殿鎮守神(みしおどののまもりのかみ)

または御祭神を塩土翁(しおづちのおじ)であったとする説もあります。

向かって左が神社の社殿、右の大きな建物が御塩殿で、
神社後方の松林の中には御塩焼所と御塩汲入所があります。

この神社の由緒は定かではありませんが、
804年に篇された『延暦儀式帳』には御塩殿と御塩焼殿が記されています。

御塩殿神社09御塩殿神社10御塩殿神社11御塩殿神社12

ナナモリ(楽3)s神宮の神事に用いる神饌などを調進する施設を御料地と呼びます。

御塩殿神社は伊勢神宮の神饌として神事に使う堅塩を作る設備を備えた神社で、
古くは社殿を持たず、堅塩を焼き固める作業を行う施設である御塩殿の中に祀られていました。

他に御料地となる神社は伊勢市のとなりの松阪市に、
絹布を調進する神服織機殿神社と麻布を調進する神麻続機殿神社の両機殿があります。

御塩殿神社13御塩殿神社14御塩殿神社15御塩殿神社16

ナナモリ(喜)s御塩殿神社は内宮所管社ですが、外宮で用いられる堅塩も御塩殿神社から供さています。

戦国時代から江戸初期までの武家支配と明治維新後の上知令の頃は、
御塩浜が没収され粗塩が作れなくなり御塩殿の運営が困難になりましたが、

神宮は明治10年に御塩浜の土地を購入し、
明治30年には御塩浜と御塩殿神社での御塩調進が再開され、
旧神領の住民が作業を奉仕する伝統が現在まで受け継がれてきました。

御塩殿神社17御塩殿神社18御塩殿神社19御塩殿神社20


御塩殿神社21御塩殿神社22

御塩殿横の小道から裏手にある御塩焼所と御塩汲入所へ向います。






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)おしょうしな~♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


▼神前神社▼ - 2011.07.22 Fri

神前神社01神前神社02神前神社03神前神社04



ナナモリ(困)s皇大神宮摂社・神前神社です。
社殿は小井戸口山の山上にあり、ここも伊勢神宮125社の中で最難所の1つです。

まず神社へ至る道が非常に判り難くなっています。
ここに来るときは地図などを用意した方が良いでしょう。





神前神社05神前神社06神前神社07神前神社08




ナナモリ(驚)s社殿のある山頂への道は約260の石段が整備してあり歩きやすいですが、結構な距離があります。

山はとても静かで時々小動物や鳥の音が聞こえ、山道の所々にある「神宮」と書かれた石碑がここが社域であることを教えてくれます。

伊勢神宮では年5回125社すべてで祭りが行われますので、神職の方も山頂まで登ります。



神前神社09神前神社10神前神社11神前神社12



ナナモリ(楽)s神前神社の御祭神荒前比売命

倭姫命が皇大神を奉載してこの地に御遷幸の時、荒前比売命(あらさきひめのみこと)が迎えにでられ定められました。

この神社は元来神前岬の燈台付近にあったそうですが、風潮で危険ため、また祭典にも行きにくい場所なので、 享和年間(森之内浜辺)に移転、さらに文化3年(崖の上)に、明治40年に今のところに移転しました。

古代より海の通行の難所である近海の荒ぶる神の御魂を鎮めるために祀ったとものと思われます。


神前神社13神前神社14神前神社15神前神社16


ナナモリ(楽3)sまたここには皇大神宮末社である許母利神社荒前神社が同座されています。

許母利神社御祭神粟嶋神御魂
荒前神社荒前比賣命です。

二柱はともに松下の海岸鎮守の神で、もとは海岸近くに奉られていましたが浸水や浸食などで社地を失ったためここに奉られました。




神前神社17神前神社18神前神社19神前神社20




ナナモリ(普b-01)sここより見下ろす松下の海岸近くには、「御坐岩」「笏立石」「まないた石」「祓嶋」「潜嶋」などの岩場があります。

祓島の岩礁は御饌島(みけじま)と呼ばれ明治の神宮改革以前までは、ここで皇大神宮の贄海の神事が行なわれていました。

贄海神事(にえのうみのしんじ)とはここで荒布苔(あらめ)、若布苔(わかめ)を採って皇大神宮の御饌料とする神事です。

▼江神社▼ - 2011.06.09 Thu

江神社01江神社02江神社03江神社04


ナナモリ(笑)s江の集落内の細い道を抜け、音無山の麓の森に入ると皇大神宮摂社江神社があります。

倭姫命世記』によると、
二見の浜に至り堅多社を定めた後、二見から「五十鈴川後之江」に入った倭姫命一行を佐見津日子命(さみつひこのみこと)が迎えます。
そして佐見津日子命がこの川の名を「五十鈴河後」であると教えたことから、その地に江神社を建てたと記されています。




江神社05江神社06江神社07江神社08




ナナモリ(楽)s御祭神は長口女命(ながくちめのみこと)、大歳御祖命(おおとしのみおやのみこと)、宇加乃御玉命(うかのみたまのみこと)の三柱。

長口女命は、棒原神社に祀られている天須婆留女命の御子神で昴星の子であり、、『倭姫命世記』に神体の形は「水に在り」と書かれているように、水の神様です。
大歳御祖命は五穀の実りの神、宇加乃御玉命は稲魂の神でいずれも農耕に関する神様のようです。





江神社09江神社10江神社11江神社12




ナナモリ(楽3)s式内社・江神社に比定されている古社ですが、一度衰退し寛文三年に再興されます。
この神社を再興したときに、 旧地がわからずこの「巻江明神」があった地が選ばれました。

なのでこの神社は「蒔絵の明神」とも呼ばれています。
「蒔絵」とは五十鈴川派川の入り江近くにあるため「巻江」と呼ばれていたのが転じたとも、もとは入り江にあり松の木が入り江を巻いて絵のようにあったためとも諸説あります。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示