◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼世木神社▼ - 2012.03.06 Tue

世木神社01世木神社02世木神社03世木神社04


ナナモリ(楽)s伊勢市駅を出てすぐ左手に見えるのが、ここ世木神社です。

山田産土神八社の一つで、「世木」という名は、水をせき止める堰に由来し、宮川の分流・豊川をせきとめて用水とする堰があったので、この地が「世木」と呼ばれたそうです。

山田産土神八社の手水石には民間信仰の対象とされる「盃状穴」が穿たれているのが多く見られます。

世木神社05世木神社06世木神社07世木神社08

ナナモリ(笑)s御祭神は天牟羅雲命御玉 (あめのむらくものみことのみたま)・度会晴彦神主(わたらいはるひこかんぬし)・大国主命(おおくにぬしのみこと)。

主祭神の天牟羅雲命御玉は、代々外宮の祢宜をつとめる度会氏の遠祖とされる神ですが、その度会一族の一つがこの世木村に住み世木氏を名乗って本社を氏神とし、又治水を祈ってきました。

鎌倉時代には盛行しておりましたが、この世木氏が他の土地に移住して行くと社は残った村人達の氏神となります。

世木神社09世木神社10世木神社11世木神社12


ナナモリ(普b-01)s世木神社の西側には他の神社にはない御祓所があり、天皇の勅使や神宮祭主が伊勢神宮に参拝されるとき、神宮司庁がこの場所に幄屋(あくのや)を建て、お祓いの儀式が行われたそうです。

古来この地は、水流豊かで五十鈴川のように清らかな宮川の支流がたくさん流れていました。
そのため伊勢神宮を参拝する前にこの清き流れで身の穢れをお祓いし、神宮の御神域へ入るという習いができたようです。

伊勢駅前にあり、かつての堰の名残はありませんが、伊勢神宮外宮との間に、いくつもの宮川の支流が流れていたということを想像すると面白いですね。

世木神社13世木神社14世木神社15世木神社16




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示