◎あちこち神社◎
topimage

2017-07

▼阿賀神社(太郎坊宮)▼ - 2012.04.20 Fri

阿賀神社01阿賀神社02阿賀神社03阿賀神社04

ナナモリ(楽2)s滋賀県東近江市の赤神山(太郎坊山)にある、通称「太郎坊宮(たろうぼうぐう)」と呼ばれる阿賀神社(あがじんじゃ)です。

阿賀神社の創始は約1400年前、聖徳太子が当地箕作山に瓦屋寺を建立された時、当社の霊験が顕著であることを聞かれ、国家の安泰と万人の幸福を祈念し創建されたと云われています。


阿賀神社05阿賀神社06阿賀神社07阿賀神社08

ナナモリ(楽3)s御祭神は天照大御神の第一皇子神である正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)です。

御祭神は勝運の神として崇められ、どんな事にでも勝つと云うことで、商売繁昌・必勝祈願・合格祈願・病気平癒などの御利益があるといわれています。


阿賀神社09阿賀神社10阿賀神社11阿賀神社12


ナナモリ(普b-01)s比叡山延暦寺を開いた最澄上人がここに山籠し、50有余の社坊を建立した後には多数の行者が集まり、修験道も盛んになりました。

そのため明治の神仏分離令が発せられるまで、山岳信仰の霊地として神道・修験道・天台宗が綯交ぜになった形で信仰されます。


阿賀神社13阿賀神社14阿賀神社15阿賀神社16


ナナモリ(驚)s通称の「太郎坊宮」の由来は、この赤神山を守護し修行をする修験者の守護神でもある、京都鞍馬山の次郎坊の兄・太郎坊天狗からきているそうです。
ここ赤神山には数多くの巨石や奇石の磐座があり、太郎坊天狗は「十丈許の妙石」(夫婦岩)に住んでいたと伝えられており、源義経も源氏の再興祈願に訪れて、境内には義経が座ったという「腰掛け岩」があります。


阿賀神社17阿賀神社18阿賀神社19阿賀神社20


ナナモリ(楽2手2)s御本殿前には神の神通力により開かれたと言う「夫婦岩(勝運石)」があり、古来より悪しき心の持ち主や嘘をついた者が通れば挟まれると言い伝えられ、今でも子供たちが足早に通り過ぎる姿が見受けられるそうです。

左が女岩、右が男岩になり注連縄で結ばれています。


阿賀神社21阿賀神社22阿賀神社23阿賀神社24


ナナモリ(喜)s赤神山中腹にある本殿からは、遠くに鈴鹿の山々が眺望でき、裾野には蒲生野と呼ばれる豊かな田園風景が広がり素晴らしい景色です。

また蒲生野は、この万葉集の有名な歌が歌われた場所でもあります。


“あかねさす 紫野行き 標野行き
野守は見ずや 君が袖振る ”(額田王)

“紫の にほへる妹を 憎くあらば
人妻ゆゑに 我恋ひめやも ”(大海人皇子)

阿賀神社25阿賀神社26阿賀神社27阿賀神社28






blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示