◎あちこち神社◎
topimage

2017-05

▼一宮浅間神社(甲斐)-山宮神社遥拝所・陰陽石・亀ノ松▼ - 2017.05.22 Mon

浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松05

浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松06浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松07

ナナモリ(楽2手2)s浅間神社(の摂社・山宮神社遥拝所です。

この場所から東南約2km、神山の麓に御鎮座する山宮神社は、
当社の摂社であるとともに本宮でもありますが山中のお社であるため、
この場所からもお参りできるよう遥拝所が設けられました。


山宮神社にあった頃は大山祇神・天孫瓊々杵命・木花開耶姫命の三柱がお祀りされていましたが、
富士山噴火鎮護の目的で里宮である浅間神社へは木花開耶姫命のみが遷座されました。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松08


ナナモリ(楽)s山宮神社遥拝所すぐ横にある「陰陽石」です。

御祭神である木花咲耶姫命は子授け・安産・育児の神として広く信仰されているため、
この浅間神社には子授けや安産にまつわる石が多くあり、
代表的なものがこの女性の陰石と男性の陽石が一緒に配置してある陰陽石です。



陰陽石とは道祖神や塞の神として境界に祀られる男女生殖器に見立てられた石のことで、
主に陽石のみが配置されたりお祀りされることが多いですが、
こちらのような陰陽が組になったものは中部・関東地方に多くみられます。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松09

こちらは拝殿正面にある「子持石」という石で、
初宮詣の際に御参りする石です。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松11

こちらは両部鳥居の近くにある「枕石」という石で、
配置されている詳細は不明ですが、もとは子持ち石の横にあったそうです。

現在の浅間神社は富士山噴火鎮護として鎮座した神社ですが、
それ以前は山宮神社を遥拝する子授け・安産の神社であったため、
このように境内に多くの陰陽石があると考えられています。


浅間神社(甲斐)山宮遥拝・石・松10

ナナモリ(普b-01)s社務所前にある「亀ノ松」です。

明治の頃に浅間神社の社家・古屋蜂城 伴希真が蜂城山頂の天神社に籠もって願掛けをし、
その結願の日にいくつかの松の幼木を持って下山し、
境内に植えた松の内の一本がこの松だと伝えられています。


かつてはもう一本「鶴ノ松」があり対を成していたそうです。




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示