◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-04

*伊勢古道・竜ヶ峠を歩く 06 * - 2019.04.18 Thu

伊勢古道・竜ヶ峠06-01

はいっそれでは~竜ヶの頂上から矢持町方面へと降りて行きます(o´ω`o)ノ



伊勢古道・竜ヶ峠06-02

頂上から少し下り、二曲がり目にベンチ(*´Д`)
紅葉する樹木が多い感じですので、秋になると良い感じになりそうです♪

こちら側の山道は広く、間伐もされて明るく、
神宮林だった登り側と比べると標識なども多いです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-03

九十九折の道も多少傾斜は付いていますが、
ほぼ平坦で広く歩きやすいです♪


伊勢古道・竜ヶ峠06-04


伊勢古道・竜ヶ峠06-05伊勢古道・竜ヶ峠06-06


峠から下る沢にかかる「辰ヶ橋」です。

最近架け替えられたのでしょうか?
かなり真新しい感じですね~


伊勢古道・竜ヶ峠06-07

伊勢古道・竜ヶ峠06-08辰ヶ橋から少し進みますと「茶屋跡」です。

ここには昔、二軒の茶屋があり、
平家の子孫が代々田を作りながらお店を営んでいたそうで、
明治25年ごろまで営業していたそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-09

ここの茶屋の名物は、
どぶろくのおつまみとして「ヒキガエル・サンショウウオ・クサギムシ」が人気だったとかΣ(゚Д゚;)

カエルは唐揚げと塩焼きっぽいのをいただいたことがありますから丸焼きでなければいけるかな~
クサギムシは、ん~味付けによるかな(笑
サンショウウオは牛肉のような味のする珍味であると昔の本で読んだことがあります。

伊勢古道・竜ヶ峠06-10

茶屋跡にはこのような石垣が綺麗に残されています。

建物の基礎と棚田跡という感じですね。


伊勢古道・竜ヶ峠06-11

伊勢古道・竜ヶ峠06-12伊勢古道・竜ヶ峠06-14



茶屋跡を過ぎ進みますと「六ヶ谷の戦い跡」という場所です。

昔、宇治方面より峠を上り茶屋を訪れた源氏の密偵は、
平家の赤旗を持ち店の者を安心させ、
平家の残党が居るらしい覆盆子谷(ふぼんじだに)の様子を探りに来ましたが、
それを源氏の密偵だと見破った茶店の主人が密かに平家の隠れ里に連絡し、
平家の兵たちがその6人を討ち取った場所がこの辺りなのだそうです。


伊勢古道・竜ヶ峠06-15

六ヶ谷の林道右上にあるのは、
六ヶ谷の戦いの時に平家の者たちが待ち伏せをした「かくれ岩」です。


伊勢古道・竜ヶ峠06-16

下から見上げるとなかなかの大岩です(*゚∀゚)=3
ここからなら谷を見渡せ、また隠れて様子を見るのに良さそうですね。

ちなみにそのときの源氏の密偵が持っていた赤旗は、
この山の麓の村にある久昌寺に現在も保管されています。

伊勢古道・竜ヶ峠06-17

六ヶ谷を過ぎしばらく歩いていきますと広々とした道に出ます。


伊勢古道・竜ヶ峠06-18

伊勢古道・竜ヶ峠06-19ここは「茶屋口」という場所で、
矢持町側から竜ヶ峠へ登る登山口でもあります。

かつては菖蒲が群生していたそうで、
ここの地名もずばり「菖蒲」という名になっています(人*´∀`*)

標識にも件の久昌寺の名前が出てきていて、
集落までもうすぐという感じですね☆


伊勢古道・竜ヶ峠06-20

宇治側の登りは大変でしたが矢持町側の山道はあっという間に登山口まで到着しました(笑
ここからは矢持町の久昌寺を目指して歩いていきます三(ง ˙˘˙ )ว






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ







スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示