◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-08

▼厳島神社・大国神社、天神社▼ - 2019.08.11 Sun

厳島神社・大国神社、天神社11

ナナモリ(楽2手2)s厳島神社本殿に向かって右手奥にある二つの社は、
大国神社と天神社です。

写真の社殿は天神社で左にちょっとだけ見えている朱色の屋根が大国神社です。



厳島神社・大国神社、天神社02

厳島神社・大国神社、天神社03厳島神社・大国神社、天神社04厳島神社・大国神社、天神社05



ナナモリ(普b-01)s西回廊の延長線上に鎮座するのは摂社の大国神社で、
御祭神は大国主命。

創立は不明ですが1467年頃と考えられ、
厳島神社の本殿への御供をお供えする「御供所」として当初は造営された為、
海水に浸からないよう他の社殿より一段高くなっています。


その後、神仏習合時代には大国主命の別称である大黒天が祀られ、
「大黒堂(だいこくどう)」とも呼ばれていたそうです。

厳島神社・大国神社、天神社01

大国神社へ続く回廊には奉納された地元のお酒が飾られています。


厳島神社・大国神社、天神社06

大国神社脇の絵馬が掛けられた回廊を奥へ進みますと厳島神社摂社・天神社です。



厳島神社・大国神社、天神社08

厳島神社・大国神社、天神社09厳島神社・大国神社、天神社07厳島神社・大国神社、天神社10厳島神社・大国神社、天神社12




ナナモリ(楽)s天神社の御祭神は菅原道真。
こちらの社殿は厳島神社の中で唯一質素な素木造となっています。

創建は1556年に毛利隆元によって「連歌堂(れんかどう)」として造営され、
明治初頭までここで歌会が催されていたそうです。


この天神社は厳島神社の中でも特によく災害による被害を受ける社殿で、
何度も土石流や台風による損壊や倒壊があってその都度修繕されましたが、
1945年(昭和20年)に発生した「枕崎台風(まくらざきたいふう)」では完全に土砂に埋まり、
その後の再建では戦国時代の3本の柱だけを残してすべて新調されました。


厳島神社・大国神社、天神社13

また天神社近くには潮の引いたときだけ、
手鏡の様に見えることから「鏡の池」と呼ばれる池が出現し、
こちらは厳島八景の一つ「鏡池秋月(かがみいけしゅうげつ)」になっています。






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示