◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-08

▼伊勢神宮・荒祭宮と神鶏▼ - 2020.08.06 Thu

伊勢神宮・荒祭宮01


ナナモリ(普b)s三重県伊勢市宇治館町にある内宮の境内別宮・荒祭宮(あらまつりのみや)です。

荒祭宮は御稲御倉・外幣殿を過ぎ、
正宮の北方にある石段を下りますと、
正面のやや小高い丘に鎮座しています。



伊勢神宮・荒祭宮03


ナナモリ(楽)s荒祭宮は内宮に所属する十別宮のうち第一に位し、
社殿の規模も正宮に次ぐ大きさとなっています。

創建当初は神垣・忌火殿・御倉等も揃っていたそうですが、
室町時代には困窮し、いつしかそれらは失われました。
その後、現在の完全な形になったのは1909年(明治42年)のことです。


荒祭宮の前の石段中程には杉の木が聳えていますが、
これは石段が江戸時代に作られる前からあったもので、
1909年(明治42年)に位置を若干かえますが、
この時に「杉をそのまま残す」という決定がされたそうです。



伊勢神宮・荒祭宮04

ナナモリ(普b-01)s御祭神は天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)


御祭神は天照大神の荒魂(荒御玉)で、
内宮正宮参拝後に参拝するのが正しいとされています。


荒祭宮では他の別宮に先駆けて皇大神宮に準じた祭事が行われ、
神饌の種類や数量も正宮の祭事とほぼ同等で、
祈年祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の諸祭には皇室からの幣帛(へいはく)があり、
皇室の勅使は正宮に続き、内宮別宮のうち荒祭宮のみに参行されます。



伊勢神宮・荒祭宮05

荒祭宮から表参道へと戻ります。


伊勢神宮・荒祭宮06


ナナモリ(楽3)sこの日は珍しく伊勢神宮の神鶏さんが沢山散歩していました。
日本神話の天岩戸伝説において、
天岩戸の前で暁をつげる長鳴鳥を鳴かせ祝詞を唱え、
後に天宇受賣命が踊り、手力男神により天照大御神の手を取って外に引き出し、
世界は再び明るくなったという伝説から、
長鳴鳥考えられる鶏が伊勢神宮の境内にはたくさん放し飼いにされています。



伊勢神宮・荒祭宮07

また式年遷宮においては、
内宮遷御の儀―として神域の明りはすべてかき消された淨闇の中、
「カケコー、カケコー、カケコー」と、
天岩戸開きの故事にならう、所役による“鶏鳴三声(けいめいさんせい)”が神宮の森に響き渡り、
遷御の儀の中でも最も重要な儀式が始まります。


伊勢神宮・荒祭宮08







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示