◎あちこち神社◎
topimage

2017-04

京都の愛宕山に登ってみた・その2 『ケーブルカー跡と清滝分教場跡』 - 2014.08.24 Sun

愛宕山登山01-01

さて、いよいよ愛宕山登山の開始です。

愛宕山山頂の愛宕神社へ行くルートは大きく分けて、
・清滝ルート
・月輪寺ルート
・水尾ルート
・首無地蔵ルート
・樒原ルート
・越畑ルート
という6つのルートがあります。

今回は一番整備されている「清滝ルート(表参道)」から登って行きます。

というわけでっ!
はーい、愛宕神社の清滝表参道コースヽ(´▽`)/はっじまるよー

愛宕山登山01-02

そういえばこの登山道入口にある鳥居のことを、
ここにある案内板では一の鳥居と書かれていましたが、
愛宕神社の本当の一の鳥居は清滝トンネルの前にある、
鳥居本の平野屋の前にある大きな鳥居が本当の一の鳥居です( ̄ー ̄)

今までよく嵐山や嵯峨野には来ていたのですが、
いつもその愛宕神社の一の鳥居で折り返して帰っていましたの(´・ω・`)

愛宕山登山01-03

ここからの登山道は、
この嵯峨消防分団が設置した案内板を目安にして登って行きます。

愛宕山登山01-04

こちらの丁目石は愛宕神社本来の登山の目安となっているもので、
ここですでに十四丁目となっているのは愛宕神社の一の鳥居から数えているためです。


愛宕山登山01-08

そして、サクサクッと進んでいきたいところですが…

いきなり登山道右手にケーブルカー跡発見(☆∀☆)
またここで足止めよっ(笑

愛宕山登山01-05愛宕山登山01-06

このケーブルカー跡は第二次世界大戦前まで運営していた「愛宕山鉄道」のもので、
愛宕山の愛宕神社へ向かう参詣路線として建設され、
昔は、この登山道入口に「清滝駅」があって山頂に「愛宕駅」が終点としてありました。

山頂にはまだ愛宕駅の駅舎が廃墟として残っているようで、
廃墟好きの方々には有名な場所なのだそうです(o´ω`o)ほぅ

愛宕山登山01-07

遠くに見えているトンネルは「清滝第一トンネル」で、
この愛宕山ケーブルカー跡にはトンネルが6つあるそうです。

このケーブルカー跡を登っていくという上級者用の登山ルートがあったそうですが、
三号トンネルの崩落やコンクリート橋の劣化により進入禁止となっています。

愛宕山登山01-09愛宕山登山01-10愛宕山登山01-11愛宕山登山01-13


愛宕山登山01-12

ケーブルカー跡があった場所からすこし進むと「お助け水」という水飲み場があります。

愛宕山登山道で水を補給できるのはここだけで、
あとは山頂の愛宕神社の社務所の自販機までありません。

だけど…
この場所はまだ序盤過ぎて水筒の水は全然減ってないんですよね(´Д` )(笑

でもこういう水の補給場所があるのは助かりますね♪

愛宕山登山01-14愛宕山登山01-15愛宕山登山01-16愛宕山登山01-17

お助け水」の水飲み場からしばらく進みますと、
きっちりとした石段と小さな祠とすこし開けた広場が現れます。

愛宕山登山01-18

愛宕山登山01-20愛宕山登山01-19愛宕山登山01-21愛宕山登山01-22



この開けた場所は「嵯峨小学校 清滝分教場跡」で、
明治15年から大正11年までここに嵯峨小学校清滝分教場があったそうなんですΣ(・ω・ノ)ノ

ここまで毎日勉強するために登ってくる小学生とか…
それはもう昔の子は足腰が強くなるわけです(笑

愛宕山登山01-23

こんなかんじで消防団の案内板でまだ4/40しか進んでいませんが、
いろいろ寄り道道草をしながら愛宕山を登って行きます(`・ω・´)(笑





○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

何でだろ(。・ω・。)?
このブログを見ていると
オイラも神社に行きたくて行きたくて・・・・
ちょっと
近所に良い神社とかないか調べてみようなりかな(。・ω・。)???
七森さん
福岡にも
オススメの神社ってありますなりか(。・ω・。)???

Re: タイトルなし

> シュークリーム さん

そう言っていただけると嬉しいです(*´▽`*)
夏の神社は緑と太陽の光が美しくて良いですよ♪

福岡にも愛宕神社ありますよ~
日本三大愛宕神社のひとつにも数えられていまして、
神社のある山頂からは見晴らしも良いらしいです☆

他に福岡といいますと祇園山笠の櫛田神社や、
全国にある水天宮の総本宮の水天宮とかオススメです(o´ω`o)ノ

本格的な登山の始まり・・・

うーーん、この登山は多分最近の話だと思われますが
夏場のこうした炎天下の中での山頂までの山登りは、本当に大変そうですね・・・
でも写真からも、周辺の景色の清らかさがよく伝わってきますね。
実に心地よい感じが伝わってきます。
「お助け水」ですか・・・
樋から伝わる水がタライに貯まっている様は、何か昭和を連想させてくれますね・・
それとケーブルカーですけど、
廃線になった理由はやはり「利用者減少」なのでしょうか・・・??
山頂の駅の廃墟跡は愛好者には人気があるというのも何かわかる気がしますね。
でも今でも残っていれば
山頂まで楽に行けるのに少し勿体ない感じはしますね。

だけど苦労して頂上まで登るから、登った後の達成感と爽快さは格別なのかも
しれませんよね。

Re: 本格的な登山の始まり・・・

> ぬくぬく先生さん

この登山はもうすこし気温が穏やかだった初夏の頃でしたから、
平地でも熱中症になりそうな真夏よりは楽でした(*´▽`*)

それとお天気もすこし薄曇りでたまに日が出るぐらいでしたので、
直射日光もあまりなく歩きやすくて良かったです♪

ケーブルカーが無くなった理由は、
戦前の世界恐慌での業績悪化と、
戦時中に全線が不要不急線に指定されたことから廃線となったようです。
賑やかだった頃にはこのあたりに一大リゾート地があって、
遊園地やホテルなどもあったそうですよΣ(・ω・ノ)ノ

個人的にはケーブルカーとか直通道路の無い山のほうが、
自然の景色も残って達成感もあるので好きです(o´ω`o)
苦労して登っていくの楽しいですし☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1006-08d2e73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

京都の愛宕山に登ってみた・その3 『火燧権現跡と一文字屋跡』 «  | BLOG TOP |  » 京都の愛宕山に登ってみた・その1 『清滝登山口』

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示