◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼日吉大社-東本宮▼ - 2014.10.02 Thu

日吉・東本宮03

日吉・東本宮01日吉・東本宮02日吉・東本宮04日吉・東本宮05

ナナモリ(楽)s日吉大社東本宮です。

境内全体が国指定の史跡となっている日吉大社の中でも特に重要な、
西本宮、東本宮、宇佐宮、牛尾宮、白山宮、樹下宮、三宮宮の「山王七社」の一つであり、
その中でも西本宮と宇佐宮と共に「日吉三聖」と呼ぼれる重要な宮とされています。


東本宮参道の脇にある注連縄の張られた大きな岩は、
かつては何らかの祭祀が行われていた磐座と考えられ、
南から見ると猿が蹲った姿に見えるとのことから「猿の霊石」と呼ばれています。


日吉・東本宮06日吉・東本宮07日吉・東本宮08日吉・東本宮09



ナナモリ(楽3)s日吉大社東本宮楼門は国の重要文化財に指定されています。

この楼門は「三間一戸楼門」という形式で、
三間一戸とは柱間三つのうち中央が出入り口になっているものをいい、
楼門とは二階造の門で屋根が二階の部分だけしかなく、
一階に縁がある形式のものをいいます。

西本宮楼門とはやや違った比例で建てられており、
一階部分が高く作られているため、
全体的にすらっとした印象を受ける造りとなっています。


日吉・東本宮10日吉・東本宮11日吉・東本宮12日吉・東本宮13

日吉・東本宮14日吉・東本宮15日吉・東本宮16日吉・東本宮17



ナナモリ(普b-01)s東本宮の御祭神は大山咋神

文献によりますと『古事記』の「神代の巻」に、
大山咋神、亦の名を山末之大主神。此の神は近淡海国の日枝の山に坐し…」
と記されていることから元々日枝の地主神として、
比叡山には東本宮の御祭神の大山咋神が祀られていたようです。


日吉・東本宮18日吉・東本宮19日吉・東本宮20日吉・東本宮21




日吉・東本宮22日吉・東本宮23日吉・東本宮24日吉・東本宮25



ナナモリ(喜2)s日吉大社八王子山の山頂に鎮座する磐座への信仰にその起源を持ちます。

そして東本宮は、
その八王子山山頂にある大きな磐座を挟んだ牛尾神社と三宮神社のうち、
大山咋神の荒魂を祀る牛尾神社の里宮として、
崇神天皇7年(紀元前91年)に創祀されたものとも伝えられています。


日吉・東本宮26日吉・東本宮27日吉・東本宮28日吉・東本宮29

ナナモリ(楽2)s現在見られる建造物は、すべて安土桃山時代以降に再建されたものです。

安土桃山時代の元亀2年(1571年)に、
浅井長政と朝倉義景の連合軍に加担していた当時の延暦寺は、
僧が習学修練を怠り僧兵としての活動ばかりし堕落していたことも相まって、
織田信長日吉大社のある比叡山へと攻め込み、
戦場となった日吉大社も全て灰塵に帰することになりました。

その後、織田信長亡き後、
天下を取った豊臣秀吉により社殿の再建がなされ、
現在の本殿となっています。

豊臣秀吉が日吉大社を再建した理由には、
幼名が「日吉丸」であったことや、
あだ名が日吉大社の神獣である「猿」と呼ばれていたことから、
日吉大社を特別と考え山王信仰が篤かった為とも言われています。


日吉・東本宮31



日吉・東本宮32




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


スポンサーサイト

● COMMENT ●

興味深い建築様式

この日吉大社東本宮ですけど、
建築様式がとても興味深いですね。
ご指摘の通り、屋根が一階部分しかなく一階部分の天井高が高めに作られていて
全体的に「すらっとした」印象があります。
昭和以前の建築様式は、一階と二階で面積が異なり、一階部分に下屋根というものがあるのが
主流なのですけど、
この東本宮の場合、
現在の2×2(ツーバイ)工法のように、一階と二階の建築面積が同じ「総二階」のような印象が
あります。
何か見方によっては時代を先取りしたような建て方ですね。
何かとても興味深いものがありました。

それと信長の比叡山焼き討ちを手助けしたはずの秀吉が再興に尽力した理由が
秀吉の昔の名前が「日吉丸」であるとか
神獣が「サル」というのも何かとても面白いというのか、
何か因縁みたいなものがあり、なるほど・・・と思いました。

Re: 興味深い建築様式

> ぬくぬく先生さん

同じ日吉造りの括りの中でも、
西と東で寸法や様式などがちょっと違っていて面白いですよね(*´▽`*)

戦国時代は城や砦がよく築城されていたことから建築技法が発達していましたし、
もしかするとそう言った築城技術の中には、
現代の建築技術と同じ考え方のものもあったかもしれませんね。

でも平和が長く続いた江戸時代になりますと、
戦国時代に必要とされた技法や技術のほとんどが失われるわけですが(´・ω・`)


秀吉の話は四方山話程度のお話なんですが、
なかなか面白い話です(人*´∀`*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1027-c7a26594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*簡単パンプキンパイ的ななにか* «  | BLOG TOP |  » 今日より秋麗の候、10月です。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示