◎あちこち神社◎
topimage

2017-04

丹生神社の神宮寺「丹生大師」 - 2015.02.19 Thu

丹生大師03

さて、丹生神社と関わりが深くその神宮寺である、
丹生大師」さんについてすこしお話しましょう(o´ω`o)

こちらのお寺は神仏習合時代の様子を色濃く残し、
水銀によって丹生神社と深くかかわりのある。
丹生神社に隣接する神宮寺で「女人高野」や「丹生大師」ともよばれるお寺です。

真言宗のお寺で山号は丹生山、
御本尊は弘法大師で1等格寺院の寺格をもち、
正式名称は『女人高野山丹生山神宮寺成就院』といいます。


丹生大師01丹生大師02丹生大師05

大師の山と言われる神体山の南側にあり、
大きな仁王門から参道を真っ直ぐ行きますと丹生神社に辿り着き、
参道の中頃で左手に曲がりますとお寺の本堂や大師堂があります。

参道は「姿見の池」という池を挟むように二本あり、
仁王門から入り真っ直ぐ進みますと丹生神社
丹生神社の一の鳥居から真っ直ぐ進みますと丹生中神社へとたどり着きます。



丹生大師07

伝承によりますと空海の師匠とされている勤操大徳によって、
宝亀5年(774年)光仁天皇の勅願により開創され、
その後、この地を訪れた空海が師の開創された寺である事を知り、
高野山に諸堂を建立する前に七堂伽藍を建立完備しました。

また伝説では唐の国から真言密教の聖地を決めるため空海が投げた三鈷(さんこ)が、
力強く投げすぎたため最初丹生に飛来し跳ね返って高野山で発見され、
高野山が真言宗の拠点となったと伝えられています。

なかなかダイナミックな伝説ですねΣ(・ω・ノ)ノ(笑

丹生大師08


ここ丹生は近世には丹生山神宮寺(丹生大師)の門前町、宿場町として、
また水銀を扱う伊勢商人発祥の地として栄えました。

真言宗の総本山・高野山が女人禁制であったのに対し、
ここは女性の参詣を許されていましたので、「女人高野」とも呼ばれ、
全国から多くの信者が訪れていたようです。


丹生大師09

古くから「丹生水銀」の産出地として富裕であったこの地は、
近世には「丹生の在家一千軒計り有りて民屋富みたる景気なり」とある程繁栄していたそうで、
現在でも丹生大師の周辺には格子戸や土塀など妻入りの街並みや、
数多くの由緒ある寺院が残るなど当時の繁栄を偲ばせています。


丹生大師10

丹生大師11丹生大師12丹生大師13丹生大師14




この階段に沿ってある回廊は外敵防護の施設だった伝えられる回廊で、
三重県下ではここに唯一あるものだそうです。

ちなみに自由に中を通ることができますが(-_☆)土足は厳禁でございますよ。


丹生大師15

こんな楽しげなところは入らざるをえない(`・ω・´)(笑
脱ぎ履き面倒なブーツでしたけど~

この回廊は昔は板張りの階段ではなく、
土がむき出しの坂になっていたそうです。

丹生大師16丹生大師17丹生大師18

境内にある大きな池は「姿見の池」と呼ばれる池で、
弘法大師が自画像を自らが刻むために御姿を映したとされる池です。

時期になると一面に睡蓮の花が咲き乱れ、
とても美しい様子となるそうです(人*´∀`*)いいですね♪

丹生大師19

この階段を上がった場所にある「大師堂」、
その背後の神体山に大師堂の後ろに隠れるようにして鎮座する、
丹生都姫神社』についてはまた次回(*´ヮ`)でっす☆




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

またまた素敵な場所ですね。
走らないでゆっくり行かないと・・・
女人禁制って富士登山もです。
60年に1度4合目までだけ許可が出るなんて
私は今の時代で良かったです。

Re: タイトルなし

> ミント さん

なにげなく訪れた場所でしたが、
思いがけず素敵な場所でした(o´ω`o)

そんなに広い所では無いですから、
走って回るとすぐ一周しちゃいますよ(笑

富士山も女人禁制だったんですか(゚o゚;初めて知りました。
修験道の山は女人禁制だったようですね~
今ではほとんどの場所で登山が楽しめますから良かったです(´ー`)


神社とお寺さんの融合みたいでとても素敵・・・

なんかまたまた素敵な所ですね・・・・
「狭い日本」とか言われますけど、いやいやそんな事ないですね・・・
自分達が知らないだけなのかもしれません・・・
関東在住の私でも、こんな素敵な場所があると知っただけでも七森さんの素敵なブログを
読んだ甲斐がありそうですね。

「神仏習合」と言いますけど、神社とお寺さんが隣接しているだけてなくこうやって色々と融合しているのは
何か「寛容な多宗教の国、八百万の神々の国らしいお話」ですよね。
ホント、最近つくづく感じるのですけど
本来、「信仰」とか「宗教」なんてのは・・・各人一人一人の「救い」をテーマにしたはずなのに
こうやって「宗教観の違い」という「価値観の違い」が世界紛争の火種になっているのは
とても悲しいことだと感じるのですけど
日本独特のこうした「宗教的寛容さ」というのは、案外と世界紛争の治療薬にもなるような気さえしますね・・・

それにしても立派な回廊ですね・・・・

でも冬なんか土足厳禁だと裸足で歩くと足が冷たそうですね・・・・

Re: 神社とお寺さんの融合みたいでとても素敵・・・

> ぬくぬく先生さん

ありがとうございます(o´ω`o)
喜んでいただけたようで嬉しいです♪

京都や奈良を中心とする地方には昔から多く寺社仏閣があったため、
戦火や歴史の波の中に消えていったものもかなりありますが、
こういった神仏習合時代の雰囲気を残す場所がまだたくさん残っていたりします。

観光してはあまり宣伝されていない場所でも、
こういった素敵な場所が山奥や田舎の方にはあったりして、
探し出して旅に行くのもちょっとした冒険みたいで楽しいですヽ(*´ヮ`)ノ

仏教が日本に伝来してきた時の時代や背景に寄ることろもありますが、
普遍宗教である仏教と民族宗教の神道がこういった形で融合しているのは、
たしかに日本的で面白い感じがしますね(人*´∀`*)


この回廊はほぼ吹き曝しですから、
冬場の冷たさと寒さは間違いなしですよ(笑


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1095-f93ae922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

庭にも春が♪ «  | BLOG TOP |  » ▼丹生中神社▼

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示