◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼石清水八幡宮・豊蔵坊跡から三の鳥居▼ - 2015.04.13 Mon

大扉稲荷社から一つ石18

男山中腹付近にある『旧跡かげきよ』より、
石清水八幡宮の本宮へと続く石階段を登っていきます。

大扉稲荷社から一つ石19

大扉稲荷社から一つ石16大扉稲荷社から一つ石17大扉稲荷社から一つ石20大扉稲荷社から一つ石22

ナナモリ(普b)s『旧跡かげきよ』より少し階段を上った右手にある石垣は『豊蔵坊跡』です。

石清水八幡宮は神仏習合の山で男山山麓には48もの宿坊があり、
男山四十八坊」と呼ばれて遠くから来た参拝者も宿泊施設にもなっていました。

ここはその中でも有力な宿坊であった「豊蔵坊(ほうぞうぼう」の跡地です。

豊蔵坊は徳川家康が三河の国にいるときからの祈願所で、
現在は京都の等持院霊光殿に移されましたが、
徳川家康が自身の本厄である42歳にあたり制作された、
等身大肖像「帯劔衣冠繧繝縁茵上座像」が安置されていたと伝えています。


大扉稲荷社から一つ石21

ナナモリ(普b-01)s石清水八幡宮表参道に唯一現存し営業している茶屋「鳩茶屋」です。

豊蔵坊跡のよりすこし登った三の鳥居山上馬場にのすぐ近く、
旧愛染堂(盛輪院)跡の前に鳩茶屋はあります。



鳩茶屋は文久年間(1861~1864年)末頃に八幡宮の湯茶接待の管理を依頼され茶屋を開業し、
鳩茶屋の「鳩」は石清水八幡宮のお使いが鳩ということで、
当時の宮司さんか禰宜さんから鳩の名を頂いて鳩茶屋となったそうです。

現在は年末年始など特別な日にしか営業していないのですが、
賑わっていた当時は男山の麓を流れる桂川や淀川の川魚料理が有名で、
大正時代の観光案内では「石清水には湯豆腐が名物の茶屋がある」と記されていたそうです。



大扉稲荷社から一つ石24

大扉稲荷社から一つ石23大扉稲荷社から一つ石25大扉稲荷社から一つ石30大扉稲荷社から一つ石31

ナナモリ(楽)s石清水八幡宮の表参道を登り切った場所にある三の鳥居です。

三の鳥居が初めて建てられたのは応永7年(1400年)の南北朝が統一されてまもない頃で、
完成当時は鳥居は大木で作られ、朱に塗られ金で飾られた非常に美しい鳥居でした。
しかし木造大鳥居の架け替えには多大な費用がかかるため、
正保2年(1645年)正月に石造りに改められました。


その後、安永3年(1774年)6月23日の台風で倒れてしまったため、
同年8月に仮の鳥居として木造の鳥居が作られ、
翌年の5月28日に再建されて長い間そのままでありましたが、
昭和36年の第2室戸台風のときに上半分が折れて崩れてしまっため、
再建された現在の鳥居は上半分と下半分とを継ぎ足したもとなっています。



大扉稲荷社から一つ石28

大扉稲荷社から一つ石26大扉稲荷社から一つ石27大扉稲荷社から一つ石32大扉稲荷社から一つ石33



ナナモリ(楽2)s三の鳥居をぐぐったすぐにある『一ッ石』です。

三ノ鳥居から本殿へと続く馬場先と呼ばれる参道にあり、
この石が走馬(そうめ)・競馬(くらべうま)の際の出発点や
お百度参り、お千度参りの起点になっていたことから、
一ッ石」「亀石」「勝負石」「お百度石」などと多くの通称で呼ばれています。

江戸時代に本殿参拝を終えた参詣者が、
この「一つ石」の前で再び本殿に向き直って拝礼するという習わしがありました。


大扉稲荷社から一つ石36

大扉稲荷社から一つ石34大扉稲荷社から一つ石35大扉稲荷社から一つ石29








ナナモリ(喜2)s三の鳥居から本殿へ続く石畳にある石灯籠は『男山四十八坊の石灯籠 』です。

廃仏毀釈前まであった「男山四十八坊」の石灯篭で、
石灯籠にはそれぞれの宿坊の名前が「宿坊○○坊」と刻まれ、
当時の宿坊を思い偲ぶことができます。


宿坊の大きさによって献納されている石灯籠の数に違いがあり、
さきほどの大きな宿坊である豊蔵坊は22基、
松花堂ゆかりの瀧本坊は最も多く45基もの石灯籠が確認できます。












○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

七森様、こんばんは。

こちらでは花冷えが続いています。
そちらは、いかがでしょうか?

毎度、本文と関係のないコメントで恐縮ですが、昨日諏訪へ行きました。
目的は、もちろん諏訪大社の御朱印を4つコンプリートすることです。
春宮は、境内に入ると何か清々しい感じがして、気持ちが良かったです。
それに万治の石仏が素朴ながら強い力を感じました。
御朱印を4つ集めたご褒美が嬉しいですね。

Re: タイトルなし

> どんどんパパ さん

こんばんは☆

わたしの地域でも雨の日が続いて、
すこし冷たい花散らしの雨となっています。
急な気温の変化に体調をくずされませぬ様お気を付けくださいませ。

おぉ(゚▽゚*)お諏訪さんいいですねぇ♪
ちょうど桜も咲いて良い時期だったのではないでしょうか?

諏訪大社の本殿の四方には御柱が建てられていまして、
たしかに独特な空気感の感じられる神社さんですね。
わたしも一度お参りに行ったことがあるのですが、
ずいぶん前のことですのでもう一度行ってみたい神社です(o´ω`o)

御朱印コンプリートおめでとうございます♪


こんばんは
鳥居の上半分と下半分の継ぎ足し・・・始めてかな?
っていうか意識して見てなかったのか、ここだけか・・・

面白いですね、今で言うリサイクルに相当しそうです。

Re: タイトルなし

> ミント さん

こんばんは☆

上と下の鳥居を継ぎ足した鳥居というのはわたしも初めて見ました(*´Д`)
でも神社の鳥居や社殿を分解して再利用というのは結構あります☆

たとえは式年遷宮で伊勢神宮の125社ある神社全て解体されるのですが、
本殿に使われていた柱や大きな鳥居は磨いて新しくし、
全国の神社へと受け渡され建て替えに使われます(o´ω`o)

今回は東北の津波で流された神社に多く送られていったようですね♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1118-b7d8a95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野蒜のぎょうざ焼きと仕舞いの桜 «  | BLOG TOP |  » *ヨモギアンパン的ななにか*

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示