◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼江神社▼ - 2011.06.09 Thu

江神社01江神社02江神社03江神社04


ナナモリ(笑)s江の集落内の細い道を抜け、音無山の麓の森に入ると皇大神宮摂社江神社があります。

倭姫命世記』によると、
二見の浜に至り堅多社を定めた後、二見から「五十鈴川後之江」に入った倭姫命一行を佐見津日子命(さみつひこのみこと)が迎えます。
そして佐見津日子命がこの川の名を「五十鈴河後」であると教えたことから、その地に江神社を建てたと記されています。




江神社05江神社06江神社07江神社08




ナナモリ(楽)s御祭神は長口女命(ながくちめのみこと)、大歳御祖命(おおとしのみおやのみこと)、宇加乃御玉命(うかのみたまのみこと)の三柱。

長口女命は、棒原神社に祀られている天須婆留女命の御子神で昴星の子であり、、『倭姫命世記』に神体の形は「水に在り」と書かれているように、水の神様です。
大歳御祖命は五穀の実りの神、宇加乃御玉命は稲魂の神でいずれも農耕に関する神様のようです。





江神社09江神社10江神社11江神社12




ナナモリ(楽3)s式内社・江神社に比定されている古社ですが、一度衰退し寛文三年に再興されます。
この神社を再興したときに、 旧地がわからずこの「巻江明神」があった地が選ばれました。

なのでこの神社は「蒔絵の明神」とも呼ばれています。
「蒔絵」とは五十鈴川派川の入り江近くにあるため「巻江」と呼ばれていたのが転じたとも、もとは入り江にあり松の木が入り江を巻いて絵のようにあったためとも諸説あります。






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/113-452ef78b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある日々の~54 «  | BLOG TOP |  » とある日々の~53

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示