◎あちこち神社◎
topimage

2017-11

熊野古道を歩く『三瀬坂峠・三瀬谷駅から登り口まで』 - 2015.05.15 Fri

熊野古道・三瀬坂峠①-01

熊野古道三瀬坂峠』出発です(o´ω`o)ノ

まずは三瀬坂峠の登り口へ行くために、
JR「三瀬谷駅」より国道42号へ出て、
国道42号線沿いに尾鷲方面へと歩いて行きます。

熊野古道・三瀬坂峠①-02熊野古道・三瀬坂峠①-03熊野古道・三瀬坂峠①-04

大台警察署の前を通り船木大橋を渡ります。

船木大橋の右手には三瀬谷ダムがちょっとだけ見えます。
でも橋の架かってる場所が結構高い谷で下をみると怖いです(;゚Д゚)(笑

熊野古道・三瀬坂峠①-05

橋を渡ったところにある船木大橋南交差点を左に、
県道747号に入り多岐原神社のある長ケの集落を目指していきます。


熊野古道・三瀬坂峠①-06

最初は多岐原神社の道標を目印に宮川沿いを歩いて行きますεε (っ*´▽`)っ
歩いていますと熊野古道の案内看板も出てくるので安心です♪

熊野古道・三瀬坂峠①-08

長ケの集落に入りますと多岐原神社と三瀬坂峠の分岐の道標がありますから、
ここはもちろん三瀬坂峠の方へ~

時間に余裕があるなら伊勢神宮内宮の摂社・多岐原神社へとお参りに行くのもオススメです☆

熊野古道・三瀬坂峠①-09熊野古道・三瀬坂峠①-10

またしばらく歩いて行きますと右手にお寺が見えてきます。

このお寺は三瀬坂峠登り口の目印となる「妙楽寺」というお寺で、
ここを過ぎますとすぐに三瀬坂峠の登り口が見えてきます。

ちなみにこのお寺は枝垂れ桜が有名だそうです(人*´∀`*)

熊野古道・三瀬坂峠①-12

そんなこんなで熊野古道『三瀬坂峠』の登り口に到着です☆

JR三瀬谷駅からここまで距離は約3kmほどで、
だいたい40分ぐらいの道程です。

熊野古道・三瀬坂峠①-11

ちょっと民家の敷地に入っていくようでドキドキします(笑

小声で「おじゃましま~す」っと(*´Д`)

熊野古道・三瀬坂峠①-13

今から登る三瀬坂峠を仰ぎ見てみる。

あの山と山の重なり合ったところがたぶん峠ですね~

熊野古道・三瀬坂峠①-14

最初はまだまだ普通の道です。


熊野古道・三瀬坂峠①-15

このお地蔵さんはガイドブックで見たのだ(-_☆)

こちらのお地蔵さんは地元の人々が祀ったもので、
道中の安全を祈って祀られたとされる説と、
昔、この地域周辺で疫病が流行した際に、
これ以上疫病が広まらないようにと祀られたという説があるそうですが、
はっきりとした由来は不明なのだそうです。

熊野古道・三瀬坂峠①-16

今日はそれほど山奥でも無いし大丈夫でしょうと思って歩いていたところ、
この注意書きですよΣ(゚Д゚;)熊のような動物ってなにそれ怖い(笑

しかーし熊鈴は登山用鞄に常備してあるので大丈夫(`・ω・´)


熊野古道・三瀬坂峠①-17熊野古道・三瀬坂峠①18熊野古道・三瀬坂峠①-19

熊鈴をしっかり装備し山へと向かって道を歩いて行きます。

細かい林道へ山道への分岐もありますが、
道標があるのでそれに従って歩いて行けば問題なしです♪

熊野古道・三瀬坂峠①-20

目立つ熊野古道ののぼり旗もあります(人*´∀`*)これは安心わかりやすい♪

熊野古道・三瀬坂峠①-22

そして、三瀬坂峠の山道に到着。

ここからいよいよ山道っぽい道になっていきます(`・ω・´)次回につづきます。






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

おはようございます。熊がでたら怖いどころではないですよね。何もなくて良かったですね。一緒に同行させて貰います。^^一度、行ってみたいけど険しい山道だったら無理~~。^^;

熊のような・・・・って熊でしょうね!
熊ベルがないとこの季節怖くなってきました。

熊に遭遇したものより(笑)

Re: タイトルなし

> ピーちゃんこ さん

おはようございます♪

熊が出たら怖いですし、
もし出会ってしまったら生命の危機ですものね(;゚Д゚)

でも山に居る熊も人間を避けようとしますし、
ちゃんとこちらの存在を知らせるようにすれば、
会うことはほとんど無いですから安心です(o´ω`o)

この三瀬坂峠は熊野古道の中でも距離も短く高さもありませんから、
山道に慣れていない方にも古道の雰囲気を感じられてオススメです♪

Re: タイトルなし

> ミント さん

「熊のようなもの」の「ようなもの」って部分が怖いです(笑

熊に出会ったことがあるのですが?Σ(゚Д゚;)ヒエー
何事もなかったようで良かったですね。

熊鈴は人間と熊、お互いのためにも持っておいた方が良いですね(o´ω`o)

「熊のようなもの」・・・→何か微妙な表現ですね・・(笑)

熊野古道・・・、うーん、なんか響きがいいですよね・・・
関東に住んでいる人間からしてみると、こうした自然の神秘というか由緒ある古道なんか
あんまり聞いたことがないから、
こうした由緒ある古道を歩ける七森さんが羨ましいですね。
埼玉は・・・せいぜい秩父のお札参りぐらいかな・・・

写真で見ただけでは比較的駅から近い様な感じもするのが少し意外ですけど
実際は・・多分、決して交通の便は良くないという感じなのでしようけど
交通の便が良すぎる古道なんてのも・・・少しなんですよね・・・(苦笑・・)
何となく雲がもくもくわいているような写真もありましたけど
当日は雨とか大丈夫だったのでしょうか・・・??

そうそう・・・・やはり「熊のようなもの」という表現は何か面白かったですね。
では・・・
熊と熊のようなものの違いって何なのかな・・・(笑)
聞いた話では・・・・
万一熊に遭遇した場合、木に登って逃げるとか死んだふりというのは絶対にやってはいけない行為らしいですね。
後ずさりをしながら徐々に距離を離していくというのが一番理想との事らしいです・・・
ホントなのかな・・??

3以降の記事も楽しみにしています。

Re: 「熊のようなもの」・・・→何か微妙な表現ですね・・(笑)

> ぬくぬく先生さん

関東の方は平野で長く江戸幕府が続いた場所ですから、
早い段階で古い道は整備されてしまって無くなったのかもしれませんね。

逆にこの三重県にある熊野古道伊勢路は忘れられ埋もれていた場所もあるぐらいで、
そのおかけでいまでもこのように古道っぽさを残すことができたのでしょうね(o´ω`o)


この三瀬坂峠へはバスなどの公共機関がありませんから、
登り口まで結構歩きました(ノ∀`)約3kmほどでしょうか…
峠より普通の道歩いている時間の方が長かったです(笑

少し曇ったりしましたが雨は大丈夫でしたよ~♪
でも「熊のようなもの」にはちょっと心配でしたけれど(笑

熊は背中を見せて逃げますと獲物を獲る本能で追いかけてきますから、
絶対やっちゃダメですね(`・ω・´)木登りも上手いのでダメです。

バッタリと出会ってしまったら熊に穏やかに話しかけながら、
絶対走らず背中を見せず後ずさりして離れるしか無いですね。

熊野古道はまだまだ何本もありますからお楽しみに☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1132-732c0d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野古道を歩く『三瀬坂峠2・登り口から茶屋跡まで』 «  | BLOG TOP |  » バラもジャスミンもイチゴも

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示