◎あちこち神社◎
topimage

2017-05

熊野古道を歩く 『ツヅラト峠1・JR梅ヶ谷駅と八柱神社』 - 2015.06.03 Wed

熊野古道・ツヅラト峠1-01

今回の熊野古道伊勢路は『ツヅラト峠道』です(o´ω`o)ノ

前回の『三瀬坂峠』の次にある熊野古道で、
このJR梅ヶ谷駅が江戸時代以降の道である『荷坂峠道』と
それ以前より使われていた『ツヅラト峠道』との分岐点になっています。

今回は古いほうの熊野古道である『ツヅラト峠道』へと行って見たいと思います(`・ω・´)

熊野古道・ツヅラト峠1-02

熊野古道・ツヅラト峠1-03熊野古道・ツヅラト峠1-04

まずは駅のホームから階段を下りて左へと曲がります。

一見、階段の下の道も駅構内のように見えますが、
普通の道路ですから車に注意です。

ちなみに右に曲がると荷坂峠へと続く道になります。

熊野古道・ツヅラト峠1-05

熊野古道・ツヅラト峠1-06熊野古道・ツヅラト峠1-07熊野古道・ツヅラト峠1-08熊野古道・ツヅラト峠1-09



線路の高架をくぐると左手に駅のホームからも見える八柱神社があります。

境内の隅々まで綺麗に手入れされ気持ちの良い神社です(o´ω`o)
この日も朝から参道を掃き清められている方がいました。

神社の方にすこし挨拶をしまして、
これからのツヅラト峠歩きの安全祈願に参拝です(人*´∀`*)

熊野古道・ツヅラト峠1-10

熊野古道・ツヅラト峠1-11熊野古道・ツヅラト峠1-12熊野古道・ツヅラト峠1-13熊野古道・ツヅラト峠1-14

こちらの八柱神社の鎮座するこの場所は宮川の最上流にて伊勢と紀州の境に位置し、
住古は鬱蒼たる大森林中に鎮座せられ、素戔嗚命二天八王子社と称されていました。

創建は孝謙天皇の御代(748年)または恒武天皇(795)年、それ以前とも伝えられ定かではありませんが、
明治年間迄林立していた千数百年を経た老杉の大樹から創建の古さが推察されます。

伊勢神宮の神宮文庫の古書にある「梅ヶ野」はここ梅ヶ谷のことであり、
当社はかつてここ大内山一円の総氏神様であったと考えられています。


熊野古道・ツヅラト峠1-15熊野古道・ツヅラト峠1-16熊野古道・ツヅラト峠1-17熊野古道・ツヅラト峠1-18

中世の頃には伊勢と紀州の国境にあたり、二つの峠の合流する交通の要であることから、
当時の国司・北畠氏は重臣である大内山但馬守に当地を治めさせ、阿曽に一門の阿曽弾正を置き、
自身は中野地区内に居を構え、阿曽村・柏野村・崎村及び大内山五ヶ村を支配していました。

当社の隣接地である管谷山頂には砦・狼煙場が設置されていたそうです。

熊野古道・ツヅラト峠1-19

熊野古道・ツヅラト峠1-20熊野古道・ツヅラト峠1-21


江戸時代以前は二天八王子社と称されていましたが、
明治四年の神社調べで大内山村のあちこちに散在していた、
津島神社・稲荷神社・秋葉神社・愛宕神社・山神社・南宮神社・大内神社、
それらを合祀し現在の八柱神社と改称されました。


現在は熊野古道のツヅラト峠、荷坂峠を歩く出発地として、
もと神社境内地であったJR梅ヶ谷駅を降りてすぐの当社に訪れ、
熊野古道に向かわれる前に参拝される方が多く見受けられるそうですヽ(*´ヮ`)ノ

訪れた季節がら新緑の美しい神社でした♪
参道に桜やモミジが多く見られましたから、
花の時期にはまた素敵な境内でありましょうね。

熊野古道・ツヅラト峠1-22

八柱神社の向かい側には新しい綺麗なおトイレがあります。

こういう綺麗な施設がありますと歩く人にはうれしいですね☆

熊野古道・ツヅラト峠1-23熊野古道・ツヅラト峠1-24熊野古道・ツヅラト峠1-25熊野古道・ツヅラト峠1-26

さて、八柱神社より道沿いに歩いて行き、
紀州公句碑や綺麗な川を眺めつつ、
つきあたりの丁字路を左に曲がり、
ツヅラト峠へと向かって歩いて行きますεε (っ*´▽`)っ

熊野古道・ツヅラト峠1-27

次回はツヅラト峠道の登り口まで歩きます。




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

八柱と言うと・・・

それにしても・・・・三重には色々と散策・お詣り等には事欠かない素敵なスポットが
たくさんあるものですね。
「何も無いのが取柄の埼玉」に住んでいる者からすると何やら羨ましい話ではあります。
しかも、三重は来年はサミットが予定されているみたいで、そのあたりも来年にかけて
本当に話題に事欠かない感じになりそうですね。
さてさて・・今回の「ツヅラト峠」の散策記事も楽しく拝見させて貰っております。
何か「八柱」と言うと・・・
関東に住んでいると、ついつい千葉県松戸にある広大な「八柱霊園」をついつい連想してしまいます・・
ま・・・あれは・・・地元では何かと「幽霊話」のネタで満載のスポットという感じも
しますけどね・・・(苦笑・・)
それにしても、「ツヅラト」とはなにか言い伝えがありそうな名前ですね。何か少し気になったりもします。

そうそう・・・関係ないのですけど
最近の自分のブログ内の記事で浦和の「調神社」→ウサギが祀られ
大谷場氷川神社→雉が祀られていると書いたのですけど
全国には探せば、狛犬・お稲荷さん以外の動物が祀られている神社も色々とありそうですね・・
だけどこんな地元にまさか「キジ」が祀られているとは・・と思い、少し意外に
感じたものでした。

Re: 八柱と言うと・・・

> ぬくぬく先生さん

ほんとそうですよね~
三重には伊勢神宮や斎宮があったことで、
当時の文化の中心地てであった京都の文化がいち早く入ってきたために、
こういった信仰の場がいろいろあるようですね。

昭和に入ってからも都会のように、
大きく開発されなかったのも良かったのかもしれませんね~(o´ω`o)

ちなみに「ツヅラト」とは九十九折れのことで、
この峠の幾重にも折れ曲がった山道を表しているとのことです。

「何も無いのが取柄の埼玉」と仰いますけれど、
秩父三山や日本武尊が東征の足跡などいろいろあるじゃないですか(-_☆)
そういえば埼玉の三峯神社の狛犬は狼ですよ♪

いろんな狛犬を探して神社巡りも楽しそうですね☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1139-f73d8660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野古道を歩く 『ツヅラト峠2・八柱神社から登り口まで』 «  | BLOG TOP |  » 今日より長雨の候、六月です。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示