◎あちこち神社◎
topimage

2017-07

日本三名園の兼六園で散歩した。~その3~ - 2015.08.03 Mon

兼六園-83

兼六園の中央広場の辺りまで来ました(( っ'∀')っ
このまま真っ直ぐ進みますと最初に入園した桂坂の入口です。

それでは兼六園特集最後の名所を見て参りましょう(o´ω`o)ノ

兼六園-82


庭園内を流れる曲水沿い雪見橋の先にある七福神山(しちふくじんやま)です。

12代藩主・斉広(なりなが)が造営した竹沢御殿に附帯していた庭園の一部で、
曲水、築山、雪見灯籠など、当時の雰囲気をそのままに伝え、
この小山には七福神になぞらえた七つの自然石がそのままの配置してあり、
左から恵比寿・大黒天・寿老人・福禄寿・布袋・毘沙門・弁財天となっています。

こう小さくギュッと庭園が凝縮されたかんじ(-_☆)良いですね♪

兼六園-85

兼六園のほぼ中心部に位置する霞ヶ池(かすみがいけ)です。

園内で最も大きな池で面積は約5800m2、
深さは最も深いところで1.5mあります。

栄螺山、内橋亭、徽軫灯籠、虹橋、唐崎松、などの名勝がこの霞ヶ池の周辺に配され、
中央の島は蓬莱島と呼ばれています。


兼六園-86

蓬莱島に大きな白い鳥が休んでいました☆
なんとなく吉兆な気がしました(人*´∀`*)(笑

兼六園-90

兼六園-91兼六園-87兼六園-88兼六園-81

この大きな松は二代目の「初代姫小松」という松で、
初代姫小松は庭園一の枝振りと推定樹齢500年を誇っていましたが、
台風や老衰の影響により主幹の一部を残し伐採されました。

現在は二代目がこのように大きく育っています。

この他にも兼六園には琵琶湖畔から種子を取り寄せ育てた「唐崎松」という黒松があり、
兼六園のなかで最も枝ぶりの見事なこの松に冬に施される雪吊りは、
兼六園ならではの風物詩として趣深い風情があるそうです。

兼六園-93

でましたっ(-_☆)「水道の遺構」ですっ

庭園内を流れてきた辰巳用水が、
ここからサイフォンの原理で金沢城二の丸へと導かれた遺構で、
寛永9年に作られた時は木管でしたが天保15年の頃に石棺に作りかえられました。

兼六園-94

この先、金沢城へと繋がっています。

実はブラタモリという番組で金沢の用水の特集を見まして、
この辰巳用水のことを密かに楽しみにしていました(*´Д`)(笑

兼六園-89

このちょっと変わった並びの橋は雁行橋(がんこうばし)という橋で、
11枚の赤戸室石を使用し、雁が夕空に列をなして飛んでいく様を表しているそうです。

また石が亀の甲の形をしていることから亀甲橋とも言われ、
この橋を渡ると長生きするとされてきましたが、
現在は劣化が激しいため通行できなくなっています。

兼六園-95

兼六園-96兼六園-97兼六園-98兼六園-99

こちらの橋は虹橋という橋で傍らには徽軫灯籠(ことじとうろう)があり、
モミジの古木、曲水に架かる虹橋と一体となりまして、
この優れた風景は兼六園を代表する景観となっています。

たしかに見たことあるような気もする風景です(o´ω`o)

兼六園-100

兼六園-101兼六園-102兼六園-103

霞ヶ池を掘り広げたときの土を利用してつくった栄螺山(さざえやま)に登ってみましたヾ(@^▽^@)ノ

この山は霞ヶ池の北側にあり高さ9m、周囲約90mの大きさで、
山頂に「避雨亭(ひうてい)」と呼ばれる御亭を配しています。

頂上へ登る道は栄螺の殻を思わせる様な時計回りにぐるぐる回る道になっていました♪


兼六園-104

兼六園-105兼六園-106兼六園-107



栄螺山山腹が霞ヶ池の水際に迫り、
新潟県の親不知海岸を連想させる岩の荒々しい様子の場所で、
なかなか不穏な名前の場所ですが、
水辺に地数きますとコイ、フナ、ウグイなどが集まってきまして楽しいです(´ー`)


兼六園-109

兼六園-108兼六園-110兼六園-111兼六園-112

蓮池庭にあった四亭の一つ夕顔亭(ゆうがおてい)です。

かつて兼六園の正門とされていました蓮池門近くにあり、
安永3年(1774)に建てられた当時のままの姿を今に伝えています。

この夕顔亭という名はこの茶室内の壁にしつらえられた夕顔の透彫りから名付けられました。


兼六園-113

瓢池(ひさごいけ)という池とそこ落ちる翠滝(みどりたき)です。

霞ヶ池から流れ出て、瓢池に注ぎ込む翠滝は水量が豊富、滝音も大きく、
目と耳を同時に楽しませてくれる兼六園のなかの優れた庭景の一つとされています。

また瓢池周辺はかつて蓮池庭(れんちてい)と呼ばれ、
兼六園の作庭はこの辺りから始まったと言われています。



兼六園-114

さて、この瓢池で兼六園をぐるっとだいたい一周ですヽ(´ー`)ノ

だいたいの見どころは見てきたましたが、
あとで調べてみますと肝心な金沢神社へ行くのは忘れていました(ノ∀`)(笑

ほかにもいくつか見落としはありますが、
そこはまたの機会の楽しみといたしましょう♪

兼六園-116

というかんじで兼六園の正門・蓮池門旧址(れんちもんきゅうし)より兼六園を出まして、
見どころ沢山でとても楽しめた兼六園散歩は終了です☆

朝からいっぱい歩いてお腹がすいてしまった(*´Д`)そんな兼六園でした(笑




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

七森様、暑中見舞い申し上げます。

ブラタモリの兼六園、見ました!
高低差を利用して、水を引く様子が紹介されてましたね。
私は、冬に行ったので、余りまわらなかったので、次回、行ったときは、その辺もじっくり見たいです。

さて、今日は、沖縄の波上宮に行きました。
琉球の雰囲気がある神社でした。
ちょうど、結婚式が始まるところでしたが、花嫁さんがウエディングドレスだったのは沖縄流?
ご朱印は、もちろんいただきました。

Re: タイトルなし

> どんどんパパ さん

暑中お見舞いをいただきまして、
厚く御礼申し上げます♪((o´ω`o)

ブラタモリはたまたま日曜のお昼にチラッと見ただけでしたが、
この金沢の用水の話がとても面白かったので覚えていました。

冬の兼六園も雪が積もって趣深そうですね。


おぉ!沖縄ですか(゚▽゚*)いいですね♪
わたしは沖縄には行ったことが無いので羨ましいです。

波上宮は崖の切り立った所に鎮座されていまして、
面白そうな神社さんですね~シーサーっぽい狛犬も良い感じですね☆


これだけ歩けば・・・・

引き続いての素敵な「金沢・兼六園」レポートですね!!
正直・・・現地に行かなくても七森さんの素晴らしい記事を読んだだけで
自分自身がそこに行ってきたような錯覚すら感じてしまいます・・・
伝え方も上手いし、写真も綺麗だし、行った事が無い人に対する「伝え方のツボ」を心得ていらっしゃるのが
改めて実感させられたものです。
ホント、毎回その伝え方は素晴らしいですよね!!
これは・・・私も是非是非見習わないと・・・

神社の境内も何か気持ちが引き締まるものですけど
兼六園も実際に見てみたら、その「凛とした空気」に気持ちが引き締まりそうな
雰囲気ですね。
七福神山と霞ヶ池が特に印象的でした。

ま・・朝からこれだけ歩けば・・・そりゃ、お腹も減りますよね・・・(笑)

この後の記事の「兼六園で朝食を」での美味しそうな様子が目に浮かびそうです。

Re: これだけ歩けば・・・・

> ぬくぬく先生さん

ありがとうございます♪
そんなに褒めていただけますと照れてしまいます(ノ∀`)(笑

最初、兼六園へ行った時はさらっと見回って帰ろうと思っていのですが、
庭園のいろいろ工夫を凝らされた造形や配置を見ていましたら、
随分長居をしてしまいました(o´ω`o)さすが日本三大庭園(笑

朝の兼六園はツアーなどの観光客がまだ来る前ですから、
庭園そのものの雰囲気や空気を感じられて良いですよ♪
もし兼六園へ行かれるのでしたらちょっと早起きして朝に行くのがオススメです☆

そしてもちろん散歩の後の兼六園の朝食は最高でした(*´艸`*)
いろいろ金沢の名物が料理に使われていまして言うこと無しです♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1162-765781d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

散歩の後は、兼六園で朝食を «  | BLOG TOP |  » 今日より盛夏の候、八月です。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示