◎あちこち神社◎
topimage

2017-08

▼秋葉神社・下社▼ - 2017.08.11 Fri

秋葉神社・下社01

秋葉神社・下社02秋葉神社・下社03秋葉神社・下社04秋葉神社・下社05



ナナモリ(楽2手2)s静岡県浜松市春野町領家に鎮座する秋葉神社下社です。

秋葉山の南東麓に鎮座するこの下社と、
頂上に鎮座する本宮とあわせて秋葉山本宮秋葉神社と称する、
全国にある秋葉神社の総本宮です。



秋葉神社・下社06

秋葉神社・下社07秋葉神社・下社08秋葉神社・下社09秋葉神社・下社10



ナナモリ(普b)s御祭神は火之迦具土大神

下社は昭和十八年に山頂の秋葉山神社が焼失したため、
領家村社六所神社の境内地に創建したのが始まりです。



一般的に里宮である下社は荘厳な作りで、
奥宮、上社は質素な作りとなっていますが、
秋葉神社は逆に上社は豪華で下社が質素な作りの社殿となっています。


秋葉神社・下社12

秋葉神社・下社13秋葉神社・下社14秋葉神社・下社15秋葉神社・下社16


ナナモリ(普b-01)sまた当社は下社から上社へと続く秋葉山登山の出発点でもあります。

下社の左手へ数百メートル進みますと分岐があり、
そこを右手に入り道の先に見えてくる赤い九里橋を渡りますと、
秋葉神社本宮へと続く参道の山道になります。



登山道には「信玄岩」や「秋葉寺」など名所があり道も比較的登りやすくなっておりますが、
秋葉山は標高866mで上社はほぼ頂上の地点に鎮座している為、
この参道を歩くにはそれなりの登山用の準備と時間(約三時間ほど)が必要となります。



秋葉神社・下社19

秋葉神社・下社17秋葉神社・下社18秋葉神社・下社20秋葉神社・下社22


ナナモリ(驚)s拝殿左手にある日本最大の「十能」と「火箸」です。

「十能(じゅうのう)」とは炭を運ぶ為の道具で「火箸」も同じく鍛冶に使われます。

これらは火の神である秋葉神社へ技能向上・作業安全を祈願して、
昭和29年9月静岡県島田市の鉄工所より寄贈されたものだそうです。




秋葉神社・下社23







秋葉神社・下社24

秋葉神社下社おみやげ屋さんにいたちゃんです。




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



スポンサーサイト

● COMMENT ●

逆なんですね・・

秋葉と聞くとついつい「え・・あの電気街とオタクの街・・?」みたいなイメージを持ってしまいますけど(笑)
浜松にもこうした鄙びた素敵な神社もあるものなのですね!

秋葉神社は逆に上社は豪華で下社が質素な作りの社殿という辺りは
ユニークにも感じますし「どういう経緯があったのかな・・?」みたいな興味をもちそうですね。
信玄岩というと武田信玄公との関わりを含めてその由来もなんだか気になってしまいそうです。

猫ちゃんが可愛いですね!

Re: 逆なんですね・・

>ぬくぬく先生さん

その秋葉原の名の由来となったのがこの神社なのです(-_☆)v

現在の秋葉原のある場所に、この神社の分社を勧請し祀ったことから、
その地を「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼んだことで「秋葉原」の地名が誕生しました。

当初この下社は大火によって焼失した秋葉神社の仮地のような形で創建されましたから、
後に復興した頂上の上社が豪華な作りになったのだと思います(o´ω`o)

「信玄岩」というのは、
武田信玄が光明山に陣取る徳川家康に向けて此の岩に足を掛け強弓を放ったと云う伝説があるそうです。

秋葉神社

ワタクシが浜松に住むようになったのはいまからほぼ半世紀前でした。
住みついて一番初めに行ったのが静岡、丸子の宿とろろ汁から吐月峰柴屋寺。2番目が静岡県と愛知県の県境の山脈縦走。そして3番目が(山の方の)秋葉神社でした。
バスに乗ってユラユラ終点まで行って、降りた所がかわいい猫チャンの一つ前の写真の場所。
この写真よりももう少しさびれているような感じだったけれども、よく似ております。
登山道はかなり草ボウボウで、蛇が出そうで怖かったことばかり覚えております。
久しぶりで秋葉神社の(山の方の)写真を見ました。
ワタクシの住んでいる町(三組町と言いますが)には、秋葉神社の分社がありまして、浜松名物の凧揚げのお祭りの時には、出発前にはこちらの秋葉神社に祈願をしてから出かけます。
年末のお祭りの時には、豊凶の占いの神事も行われます。

Re: 秋葉神社

> ヨリックさん


ヨリックさんのブログの記事でも以前この周辺の事を書かれていましたね(o´ω`o)

ヨリックさんが秋葉神社を訪れた頃より、
現在でもさほど変わりの無い様子とのことで、
こういった場所が変わらずあるというのは嬉しいものですね♪

今回は時間の関係で登山道へは行きませんでしたが、
聞くところによりますと現在はよく整備され、
といも歩きやすい道になっているようでした(人*´∀`*)

浜松周辺地域は古い街道がいくつも通っていた場所ですので、
昔の名残がそこかしこに残されていて興味深く面白いです☆


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1385-1018ed35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

残暑お見舞い申し上げます、と三輪素麺。 «  | BLOG TOP |  » 二回目の土用の丑の日は「うし」でステーキ丼♪

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

☆PR☆

ソーシャルミュージックサイト OKMusic 音楽に参加しよう! ワクワクを世界に届けよう♪ サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示