◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2018-12

▼伊豆山神社-本殿▼ - 2017.10.15 Sun

伊豆山神社01-01

伊豆山神社01-02伊豆山神社01-03伊豆山神社01-04伊豆山神社01-05


ナナモリ(楽2手2)s静岡県熱海市伊豆山上野地にある伊豆山神社(いずさんじんじゃ)です。

温泉地であるJR熱海駅より東北へ約1.5km、
日金山や岩戸山に連なる伊豆の御山の海抜170mほどの地点に鎮座する、
全国各地にある伊豆山神社や伊豆神社(いずじんじゃ)、
走湯神社(そうとうじんじゃ、はしりゆじんじゃ)などの起源となった総本社格の神社です。


古くは伊豆御宮、伊豆大権現、走湯大権現、伊豆御宮とも走湯社とも称し、
創建の年代は不詳ですが社伝によりますと孝昭天皇の時代の頃と伝えられ、
当初は日金山の山上にあったそうで、その後について諸説ありますが、
本宮山を経て承和3年(836年)に甲斐国の僧・賢安により現在地へ遷座したと考えられています。


伊豆山神社01-06伊豆山神社01-07伊豆山神社01-09伊豆山神社01-08

伊豆山神社01-16

伊豆山神社01-10伊豆山神社01-11伊豆山神社01-12伊豆山神社01-13


ナナモリ(普b-01)s御祭神は正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊、拷幡千千姫尊、瓊瓊杵尊

本殿は熱海市街地や相模灘を一望できる海抜170mほどの地点に鎮座し、
ここよりさらに山を登った海抜380mほどの山中には本宮があり、
また本殿より階段を下った海抜50mの地点には下宮の跡地、
さらに伊豆浜に下りますと日本三大古泉のひとつ「走り湯」があります。

四国松山道後温泉・神戸六甲山有馬温泉と共に日本三大古泉のひとつである「走り湯」は、
699年(文武3年)頃、修験道の始祖とされる役小角が伊豆大島へ配流された折に、
伊豆山海岸から五色の湯煙があがっているのを見つけ湯滝を浴び修行したのが始まりで、
役行者が修行したことが切欠となり伊豆山に修験者たちが集まるようになったそうです。

一説によりますと伊豆の国名は「湯出づる」という言葉に由来するといわれています。

伊豆山神社01-14伊豆山神社01-18伊豆山神社01-19
伊豆山神社01-15


ナナモリ(楽2)s伊豆山の山岳信仰は当初、日金山を中心に修験者が集まっていましたが、
後に山を下り里に近い今の伊豆山神社がある場所が中心となり、
伊豆山を天に昇る龍に例え、富士山から入った龍が日金山から岩戸山までを胴体、
伊豆山権現の場所は目、現在の浜町内にある花水を鼻、走り湯が口で呼吸をしており、
富士山まで繋がっているという信仰が生まれました。


また「走湯山縁起」(鎌倉時代に成立)には、
「伊豆山の地下に赤白二龍交和して臥す。その尾を箱根の湖水(芦ノ湖)に漬け、
その頭は日金嶺(伊豆山ょの地底に在り、温泉の湧く所はこの龍の両目二耳並びに鼻穴口中なり」と記載があり、
赤龍と白龍の二龍が精気を吐き赤白海水に交わり二色浦(熱海の錦ヶ浦)の由来となっています。

この赤白二龍(せきびゃくにりゅう)は伊豆山神社のシンボルでもあり、
社殿の手前にある手水舎などに二龍をかたどった装飾がみられます。


伊豆山神社01-21




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

面白いですね!

琵琶湖の続き・・?と予想させて、今回は伊豆のお話と言うのもその意外さが楽しいと思います。

埼玉と静岡は意外と近いというのか、首都高と東名を使えば2時間半程度で着いてしまうエリアが多く、
熱海・伊東・熱川・東伊豆などの静岡の温泉は何度か行ったことがありますので、
今回のお話の「伊豆の国名は「湯出づる」という言葉に由来するという説もある」というお話は
なるほど!と感じたものです。

静岡というと、お茶・みかん・温泉というイメージもありますけど、あの温暖な気候とどこかおっとりとした県民の皆様の雰囲気は、隣国・山梨で暮らしていた者にとっては
「うらやましい」という感じもあったものでした。

富士山というとほとんどの方は「静岡」というイメージがあるのかもしれないですけど、
山梨の富士五湖からみた「裏富士」も私は結構大好きです!

Re: 面白いですね!

> ぬくぬく先生さん

フフーフ(*´Д`)それはもうブログのタイトル通りに、
あちこちうろうろいたします(笑

伊豆は静岡の中でも関東寄りですものね。
この辺りには熱海や伊東、神奈川の箱根など有名な温泉地や、
海の幸などの美味しいものが沢山あって良い観光地ですね(人*´∀`*)

静岡の富士宮辺りから見る富士も迫力あって良いですが、
山梨の富士五湖からの富士山の眺めも素敵だと思いますよ♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1401-44c6e582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼伊豆山神社-源頼朝と北条政子の腰掛石と摂末社▼ «  | BLOG TOP |  » 琵琶湖が(晴れていれば)一望できる天空のリゾート『びわ湖テラス』

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示