◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2018-12

熊野古道を歩く 『馬越峠01・JR相賀駅から登り口まで』 - 2018.02.16 Fri

馬越峠道01-01

今回は熊野古道の中でも人気の峠「馬越峠」を歩きますヽ(´□`。)ノ

まずは公共交通機関を使った場合の出発点JR相賀駅から歩きまして、
道の駅「海山」近くにある登り口へと向かいます。


馬越峠道01-02

駅を出たら真っ直ぐ歩いて国道42号線へ~

馬越峠道01-04

馬越峠道01-05馬越峠道01-07

駅から相賀の集落の中心街を通り、
200mほどで国道42号線へ出られます。

国道42号線に出ましたら左手、熊野方面へ歩いていきます。

この丁字路の左手に相賀神社が鎮座していますので、
これからの旅の安全をお祈りしても良いでしょう(o´ω`o)わたしはしました♪

相賀神社で参拝した後に境内の写真を撮っていましたら、
掃除されていた神社の方が、わざわざ御案内してくださいまして、
神社の歴史や古い灯篭について教えてくださりとても助かりました、ありがたいことです。


馬越峠道01-09

しばらく歩きますと日本屈指の透明度を誇る「銚子川」と合流します(*゚∀゚)=3


馬越峠道01-10

川を橋の上から見てみると「ゆらゆら帯」がよく見えます☆

左のぼやけているように見えるのが海水で透明なのが淡水の部分で
境界がゆらゆらと揺らめいて見えるため「ゆらゆら帯」と呼ばれています。

どの川にでも汽水域はありますが一般的な川では河口部になりますと濁りが出てくるため、
見るのは困難な貴重な現象です(-_☆)b



馬越峠道01-11馬越峠道01-12馬越峠道01-13馬越峠道01-14

銚子川に架かる橋を渡り、しばらく国道42号線の道沿いに歩道を歩いていきますと、
遠くに道の駅「海山」が見えてくる頃、トンネルほ半分にしたような洞門「ごんべ洞門」というのがあり、
「♪ゴンベが種まきゃ~♪カラスがほじくる~♪」の歌で有名な種まき権兵衛さんの伝承のレリーフがあります(`・ω・´)


馬越峠道01-18

馬越峠道01-15馬越峠道01-16馬越峠道01-17

この民話に登場する権兵衛さんは当地の武士の家に生まれたが、
父の死後、武士の身分を捨て望みであった農家となり荒地の開墾をはじめ、
慣れない農作業に悪戦苦闘しますが諦めずに続け村一番の農家になります。

また鉄砲の腕にも秀でており、その評判は紀州藩主・徳川宗直の耳に届くほどで、
宗直の前で見事3発の弾を標的に命中させ宗直が褒美に田を与えようとしたところ、
権兵衛さんはこれを辞退し、代わりに村人の年貢を免じてもらって村人から喜ばれました。

その後、近隣の村人たちや旅人を襲っていた馬越峠に出るという大蛇の話を聞いた権兵衛さんは、
大蛇を退治するべく猟銃を持って山に入り見事大蛇を仕留めたものの、
自身も大蛇の毒液を浴びてしまい村人の介抱もむなしく1736年(元文元年)12月26日に死去したそうです。

そのことを村人たちはたいそう悲しみ碑を建てて弔い、
恩を忘れぬようにと権兵衛さんの活躍を今も言い伝えています。

馬越峠道01-19

馬越峠道01-20馬越峠道01-21馬越峠道01-23馬越峠道01-24

そんな感じで「ごんべ洞門」を過ぎると馬越峠最寄の道の駅「海山」に到着です(o´ω`o)ノ

この道の駅には近隣の観光案内所やレストランなどもあり、
馬越峠で食べる用のお弁当やオニギリ、飲み物などが買えますので、
手ぶらで来られた方はこちらでいろいろ買い揃えると良いかと思います。

または峠から帰ってきてこちらで食事というのも良いですね~
いろいろな地元の海の幸を使った定食など美味しそうでした☆

写真で見ると山奥のように見えますが、この山の反対側は海です(笑

馬越峠道01-25

この道の駅から登り口までは約600mほどですので、
お車で来られる方はこちらに駐車して熊野古道へ向かわれると良いと思います。

馬越峠道01-26

そして馬越峠の登り口に到着でっすヾ(@^▽^@)ノ
ここから反対側の尾鷲市まで約6.5キロの峠道となっています。


というわけで次回から順を追って馬越峠をご紹介していきます☆

馬越峠道01-27







○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

すてきな旅のはじまりですね~!

いつもこの「熊野古道を歩くシリーズ」の一連のシリーズは楽しみに拝見させて頂いております。
私のように埼玉在住でもこうしたすてきな古道を行かなくても、七森さんが毎回すてきなレポート記事を
書いて頂いておりますので、まるでそこに行ったかのような気持ちにさせて貰っていますので、
今回もここから先のレポートを楽しみにさせて頂きたいと思います。
また神社やその周辺の景色、その神社の伝説や建造物以外でも、毎回とてもおいしそうな食べ物も
ご紹介されているようですので、こちらも楽しみにさせて頂きたいと思います。

銚子川の透明感がとても印象的ですね~!

一般河川でここまで透明感溢れるのも珍しいとも思いますし、今では大変貴重な光景と言えそうですね。

何とも郷愁をそそる町の風情
熊野は私にとって必ず行かないといけない場所です。

熊野古道!いつかは行ってみたい場所ですが、今のところの優先順位は九州→北陸→北海道なので、来年ごろの参拝になるかもしれません。

今のうちに七森さんの記事で予習ですね。

これからの記事に期待しています。

Re: すてきな旅のはじまりですね~!

> ぬくぬく先生 さん

久しぶりの熊野古道シリーズです+.゚(*´∀`)b゚+.゚
実際に歩いた風に写真を撮って構成してみましたので、
熊野古道の雰囲気を感じていただけたのなら幸いです♪

今回も周辺の神社と美味しい食べ物ありますよ~(笑

銚子川はちょっと感動するほど透明感のある素敵な川でした。
これだけ河口部で綺麗なのは珍しいですよね(o´ω`o)

Re: タイトルなし

> sukunahikona さん

熊野古道の最寄の駅は殆どが無人駅でなのですが、
それがまた周辺の町並みを情感ある良い風景にしているような気がします(o´ω`o)

今回ご紹介する熊野古道・馬越峠は交通の便も良く、
歩きやすい道ですので機会があれば是非訪れてみてくださいませ♪

Re: タイトルなし

> ピックル さん

九州いいですね~(人*´∀`*)
高千穂や霧島に櫻島など面白そうですね♪
北陸ですと青森の岩木山や十和田湖へ行った事が思い出深いです。

しばらく熊野古道・馬越峠シリーズで続けて詳しくご紹介していきますので、
お楽しみくださいまし(-_☆)v


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1434-c3615d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

熊野古道を歩く 『馬越峠02・登り口から夜鳴き地蔵まで』 «  | BLOG TOP |  » ▼相賀神社▼

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示