◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-12

▼吉野神宮▼ - 2018.05.09 Wed

吉野神宮01

奈良吉野吉野吉野山に鎮座する吉野神宮です。
大きな鳥居のある最寄り駅の近鉄吉野神宮駅からは国道169号を歩いて約30分ほどです。


吉野神宮02

吉野神宮03吉野神宮04吉野神宮05吉野神宮06


ナナモリ(普b-01)s
吉野神宮は建武中興十五社の一社で、旧社名 吉野宮。
明治22年に後醍醐天皇を祀る官幣中社吉野宮の創建が明治天皇の意向で決定し、
明治25年に社殿が竣工、吉水神社から後醍醐天皇像を移して遷座祭が斎行されました。



吉野神宮07

吉野神宮08吉野神宮09吉野神宮10吉野神宮11



ナナモリ(楽)s御祭神は後醍醐天皇

南朝の後、村上天皇は父の後醍醐天皇が延元4年(1339年)に崩御した後、
その像を吉水院に安置し、仏教式の供養が行われていましたが、
明治時代の神仏分離により明治6年(1873年)に吉水院を後醍醐天皇社という神社に改め、
後に吉水神社と改称して後醍醐天皇を祭神とする神社となり、大正時代に吉野神宮と改称されました。




吉野神宮12吉野神宮13吉野神宮14吉野神宮15




吉野神宮17

吉野神宮18吉野神宮19吉野神宮24




ナナモリ(楽2手2)s本殿・拝殿・神門は、後醍醐天皇が京都の御所へ帰還される事を熱望されていた心情を汲み、
京都の方角を向き、北向きに建てられた総檜造で近代神社建築の代表とされています。


2010年に本殿、祝詞舎及び楽舎など22件の建造物が国の登録有形文化財に登録されました。


吉野神宮23

吉野神宮20吉野神宮21吉野神宮22


ナナモリ(喜2)sこちらは境内摂社の御影・船岡・滝桜の3社です。

それぞれ御祭神として南北朝時代に南朝方で活躍した、
日野資朝、日野俊基、児島範長、児島高徳、桜山茲俊、土居通益、得能通綱、
いづれも後醍醐天皇に忠節を励んで倒れた7人の功臣たちをお祀りしています。



吉野神宮25


境内は吉野山の桜の隠れた名所でもあり、ここから金剛山・葛城山などが遠く望めます。






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ






スポンサーサイト



● COMMENT ●

後醍醐天皇の想いがつまった神社ですね!

今回は吉野神社という私でも耳にした事があるメジャーな神社のご紹介でしたね!

本殿・拝殿・神門はかつて後醍醐天皇が京都の御所へ帰還される事を熱望されていた心情を汲んで、京
都の方角を向き、北向きに建てられているエピソードに示唆される通り、五醍醐天皇の「想い」がつまった神社であり、日野資朝たち功臣たちの慰霊する神社でもありそうだと思います。

日野資朝はそう言えば徒然草にもその名が登場していましたね。

日野資朝にとっては自身の処刑というのも本望という感じの熱い方だったのかもしれないですね。

Re: 後醍醐天皇の想いがつまった神社ですね!

> ぬくぬく先生さん

吉野山は南朝を樹立した場所ですから、
お祀りされた後醍醐天皇と7人の功臣たちが、
この場所から望んだ志を慮ることができそうですね(o´ω`o)

そういえば一説には南北朝時代のことを書いた「太平記」は、
ここにお祀りされている児島高徳が著作者の一人である話もあるそうですね。
歴史ロマンというかんじですねぇ(人*´∀`*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1453-f202d917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼吉水神社-本殿▼ «  | BLOG TOP |  » 今年も春のタケノコを

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示