◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-08

*友ヶ島へゆく・その6「第2砲台跡・旅館跡」  - 2018.08.06 Mon

友ヶ島06-01

友ヶ島灯台から第2砲台跡へやってきました(o´ω`o)ノ

灯台から約300mほど北へ下りていきますと見えてきます。


友ヶ島06-02

友ヶ島06-03友ヶ島06-04友ヶ島06-05友ヶ島06-06




第2砲台跡は高台にある他の砲台跡とは違い海岸線にあり、
海峡に差し掛かった敵船を待ち伏せ、真横から砲撃することを目的としたため、
敵からの攻撃にさらされる想定で造られこの第2砲台跡は強固な造りとなっていたようです。

かつてはここに27インチカノン砲が四門備え付けられていました。


友ヶ島06-11

友ヶ島06-07友ヶ島06-09友ヶ島06-08友ヶ島06-12



友ヶ島の砲台は大戦中にも使用されることはありませんでしたが、
戦後になり使用を禁ずる目的で第2砲台と第5砲台はアメリカ軍により爆破されました。

ですが全体として当時の原型をよく留めており、
明治の頃の要塞の姿を今に伝えております。



友ヶ島06-13

現在は崩壊が進み危険なため中への進入は禁止されていますが、
外からでも十分見ごたえのある第2砲台跡でした(人*´∀`*)




友ヶ島06-14

野尻キャンプ場の北側まで来ました。

手前の池が「蛇ヶ池」で遠くにポツンと山裾に飛び出して見える木が前々回の「孝助松」、
右の山へ登っていくと灯台や第一・第二砲台跡があります。

そういえば以前この島を観光開発していた南海電鉄グループの「南汽観光」により、
島内の蛇の駆除のために孔雀が数羽放たれ現在も生息しているそうです。
残念ながらなかなか人前にはその姿を現さないそうですが(´・ω・`)


友ヶ島06-15

友ヶ島06-16友ヶ島06-17友ヶ島06-18

そして、野奈浦桟橋へと戻る道を歩いていきますと、
かつての旅館や海の家の廃墟群が見えてきます。

この廃墟は十数年前まで南汽観光により友ヶ島観光事業が行なわれていた頃のもので、
かつてはキャンプ場やバンガロー村として夏場は賑わっていたそうですが、
2000年代に入ると観光客数が最盛期の1/5まで減少したため2002年3月末に事業から撤退しました。

その為、今でも島内の電灯柱に「南海」の表記が看板などに残されています。


ちなみに現在は加太漁業協同組合が人員や船などを引き継いだ法人を設立し、
「友ヶ島汽船(株)」として運行されています。


友ヶ島06-19

今回はちょっと時間が無かったので行けませんでしたが、
この建物の奥の山に「第5砲台跡」があるようです。

砲台に行ける道は別にあるかも?(;´Д`)

友ヶ島06-20

神島と野奈浦桟橋が見えてきました、
次でゴールです(*´Д`)というわけであと1回だけ続きます(笑








○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

blogram投票ボタンにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

歴史ですね・・

第2砲台の頑強さは見ているだけでもよく伝わってきますね。
27インチカノン砲が四門装備されている事からもその位置的な重要性が伝わってきますね。
アメリカ軍によりこうした素晴らしい砲台が破壊され、現在も生々しい痕跡が残っているのは大変痛ましいですけど、それもまた歴史の真実なのかもしれないですね。

友ヶ島のキャンプ場やバンガロー村といった観光地も現在では撤退され寂れているとの事ですけど、
これも歴史の姿としての現在のありのままの姿という事なのかもしれないですが、
南汽観光が放った孔雀が今現在もまだ生息し元気でいてくれたら、それはそれで嬉しいものが
ありそうですね。

Re: 歴史ですね・・

> ぬくぬく先生さん

大きい島とは言えない友ヶ島ですが、
その立地からこうして利用される島となり、
現在に歴史を伝えているというのは感慨深いものですね。

ここに放たれた孔雀も鹿も野生化して元気に暮らしいてるそうですよ(o´ω`o)(笑


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1473-49c5d780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*友ヶ島へゆく・その7「友ヶ島神社・再び野奈浦桟橋へ」* «  | BLOG TOP |  » 今日より季夏の候、八月です。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示