◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2019-12

▼立木神社(滋賀)-本殿▼ - 2018.09.11 Tue

立木神社01-01

立木神社01-02立木神社01-03立木神社01-04立木神社01-05



ナナモリ(普b-01)s滋賀草津市にある立木神社です。

今から約1250年ほど前に創建された古社で、
江戸時代の東海道五十三次の宿場町「草津宿」にあり、
東海道に面して鎮座する当社は草津宿の歴史絵巻物にもその姿が描かれ、
厄除けや交通安全の神社として親しまれてきました。




立木神社01-06立木神社01-07立木神社01-09立木神社01-10



立木神社01-16

立木神社01-11立木神社01-12立木神社01-13立木神社01-14



ナナモリ(楽)s御祭神は武甕槌命

社伝によりますと創建は神護景雲元年の767年、
御祭神である武甕槌命が常陸国(現・茨城県)の鹿島神宮を白鹿に乗り旅に出られ、
諸国を経てこの地に到着し手に持たれた柿の鞭を社殿近くに刺し、
「この木が生え付くならば吾永く大和国三笠の山(春日大社)に鎮まらん」と言ったところ、
鞭が根付き柿の木になり枝葉が茂ったため、
この木を崇め社殿を建て社名を立木神社と称したのが始まりと伝えられています。




立木神社01-20


立木神社01-15立木神社01-17立木神社01-18立木神社01-19



ナナモリ(楽3)s当社で行なわれる「草津のサンヤレ踊り」も有名です。

毎年5月3日に行なわれる五穀豊穣と無病息災を願う祭礼にて踊る踊りで、
武甕槌命が鹿に乗ってこの地へと来た時に矢倉地区に先住していた人々が、
神をお迎えするにあたり踊りを以って迎えたのが始まりという踊りです。


踊りは花笠や襷をした子どもが踊りの中心で、
二列になった踊り手は踊り場に到着すると両列が向かい合ったり、コの字形に並んだりしながら、
太鼓やササラ、笛などを打ち鳴らして賑やかに囃し立てながら短い踊りを繰り返します。

ちなみに「サンヤレ」という言葉は「幸あれ」が転じた言葉とされています。



立木神社01-21






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

社殿改修

こちらの滋賀の草津の神社は壮観で神聖な雰囲気が漂っていますね。

現在大規模修繕中のようですけど、最近の神社改修の傾向として、それを専門的に手がけられる
宮大工さんの絶対的不足がありますので、
神社改修を施工されるのは全国的に大変な傾向があったりもします。
だけど改修後は参拝客も増えご利益もありそうですね。

サンヤレ踊りの語源が「幸あれ」というのもすてきなお話ですね・・

Re: 社殿改修

> ぬくぬく先生 さん

こちらの神社へ訪れた時はちょうど御鎮座1250年記念で大改修をされていましたので、
本殿はこのように工事中で全体は見られませんでした(´・ω・`)

それでも社殿の造りの雰囲気から立派な様子も窺え、
普段は見られないところもちらっと見えたので良かったです♪

宮大工さんは専門でやられている組もだいぶ少なくなったそうで、
ひとつの組が全国を巡っていろいろ手掛けられていると聞きました。
技術習得が大変な職種ですから職人を増やすのも難しい問題なのでしょうね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1480-9e6e2342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼立木神社(滋賀)-御神木・摂社など▼ «  | BLOG TOP |  » ■東海道52番目・草津宿散歩■

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示