◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-09

▼清盛神社▼ - 2019.08.28 Wed

清盛神社01

ナナモリ(楽3)s厳島神社の西側、砂の突堤の先に鎮座する厳島神社境外摂社の清盛神社です。

この突堤は「西の松原」と呼ばれる防波堤で、
厳島神社の裏手を流れる御手洗川から流れ出した土砂や砂を築固め、
海辺に延長する形で積み上げたことによって徐々に延びて現在のような形に成りました。


清盛神社の位置まで埋め立てられたのは1739年(元文4年)の頃で、
その後、1945年(昭和25年)の枕崎台風による土石流の土砂を、
清盛神社の先に運び埋め立てのが現在の「西の松原」ですす。


清盛神社04


清盛神社02 />清盛神社03清盛神社05清盛神社07



ナナモリ(笑)s御祭神は平清盛

創建は新しく1954年(昭和29年)で、
1945年(昭和25年)の枕崎台風の土砂によって延長された「西の松原」の、
その守護として厳島神社の造営に関して功労者である平清盛をお祀りしたのが始まりです。


そして創建の前年より平清盛の遺徳を偲び、
“平家一門の嚴島神社参詣行列”を参考とした清盛祭が毎年3月に行われるようになりました。



清盛神社06

ちなみに清盛神社の裏手には「清盛茶屋」という茶屋があり、
宮島名物の「あなご御飯」や「ぜんざい」などがいただけます。


清盛神社08






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ




スポンサーサイト



● COMMENT ●

平清盛

固定化された日本史の概念としてはどうしても平清盛=平家一族の横暴=奢りみたいなちょっと気の毒なイメージが
あったりもするのですけど、平清盛の歴史的貢献度や何よりも厳島神社創建の最大の功労者という歴史的功績は
忘れてはいけないと思いますし、確かに歴史はまだ浅いのかもしれないですけど、
清盛神社が昭和の時代に創建されたというのはむしろ歴史的必然なのかもしれないですね。

東日本に比べると西日本沿岸ははるかに台風等の災害が起きやすいのかもしれないですし、特に最近の
中国地方の未曾有の豪雨被害があっても厳島神社は水没しないことは、この神社の創建から既に800年以上の
歳月が経過している事を考えると偉大さを感じずにはいられないですね。

こんにちは。。。
清盛神社・・・
私、2度参拝しておりますが、もしかしたら訪れていないかも?です・・・
最初の参拝が昔過ぎてチョッと思い出せないですが。。。
大変参考になります。。。

Re: 平清盛

> ぬくぬく先生 さん

平家についての悪評は後の世に書かれた「平家物語」での創作の部分が大半ですので、
物語の中では暴君であり非情なように書かれている平清盛は、
最近の歴史評価では敵対的だった人物や一族も流刑や仏門入りで許すなど、
今まで言われていたのとは逆に慈悲がある温厚な人物だったと評価されているようです(o´ω`o)

厳島神社は実質的に海の上ですから高潮以外に水没することは無いですし、
太平洋から来る台風に対しては島影で直接影響の受けない位置てすから結構平気なようです。
この位置に創建した昔の人の経験から来る知識の積み重ねというのは凄いものですね(*゚∀゚)=3

Re: タイトルなし

> ViVid Mr.K さん

こんにちはー♪

清盛神社は厳島神社本殿からは見えない位置で、ちょっと離れていますから、
表参道や町家通りを通って帰られた場合は気付き難いかもしれませんね。

また厳島へ行かれる機会がありましたらお参りしてみてくださいませ(人*´∀`*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1554-54261f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日より爽秋の候、9月です。 «  | BLOG TOP |  » 厳島神社の西回廊から出て、桃のかき氷。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示