◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-09

▼石上神宮-本殿▼ - 2020.01.12 Sun

石上神宮・本殿03

石上神宮・本殿01石上神宮・本殿02石上神宮・本殿04石上神宮・本殿05



ナナモリ(楽2手2)s奈良天理市布留町にある石上神宮(いそのかみじんぐう)です。

日本最古の神社の一つとされる非常に歴史の古い神社で、
古くは「古事記」「日本書紀」にも記され、
当時「神宮」と記されていたのはここと伊勢神宮のみでした。


古代の山辺郡石上郷に属する布留山の北西麓の高台に鎮座し、
北方には布留川が流れ、周辺は古墳密集地帯として知られています。



石上神宮・本殿06石上神宮・本殿07石上神宮・本殿08石上神宮・本殿09


石上神宮・本殿11


石上神宮・本殿10石上神宮・本殿12石上神宮・本殿13石上神宮・本殿14



ナナモリ(楽2)s御祭神は布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)

布都御魂大神は布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)に宿る神霊で、
他に配神として天羽々斬剣に宿る神霊・布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)、
十種神宝に宿る神霊・布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)も祀られています。


社伝によりますと葦原中国平定を行った武甕槌・経津主二神に使われた布都御魂剣が、
神武東征で熊野において神武天皇が危機に陥った時、
夢に天照大神、高木神、建御雷神が現れ天皇の元に渡り、
その後、宮中で祀られていた剣を勅命により物部氏の伊香色雄命が現在地に遷し、
崇神天皇7年に「石上大神」として祀ったのが当社の創建とされています。

かつて当社には本殿は存在せず、
2つの神宝が埋斎されていると伝えられている拝殿の奥の聖地(禁足地)を、
「布留高庭」「御本地」と称し祀るのが本来の姿でありましたが、
1874年(明治7年)の発掘で出土した剣(布都御魂剣)や、
1878年(明治11年)の禁足地再発掘で出土した剣(天羽々斬剣)を、
奉斎するために現在の本殿が建造されました。


石上神宮・本殿15

石上神宮・本殿16石上神宮・本殿17石上神宮・本殿18石上神宮・本殿19



ナナモリ(笑)s当社には国宝「七支刀(しちしとう・ななつさやのたち)」が納められているとこも有名です。

この剣は古墳時代の西暦369年頃の作といわれており、
鉄製の剣の全面は鉄銹(てつさび)により覆われ、
両刃の剣の左右に3つずつの鉤を突出させたような特異な形状をしています。


かつては「六叉鉾(ろくさのほこ)」 と称されていましたが、
現在では刀身に記された銘文の解明により「七支刀」と称されるようになっています。




石上神宮・本殿20石上神宮・本殿21石上神宮・本殿22石上神宮・本殿23

石上神宮・本殿24









○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

由緒正しき神社ですね!

古事記・日本書紀にも登場しているとはその歴史の古さや重さを感じさせる由緒正しき正統派神社と
いえそうです。
国宝「七支刀」がおさめられているというのに長い間本殿が建立されていなかったというのも少し意外なものも
感じたりもします。

布都御魂剣と聞くと、山岸涼子先生の歴史ロマン漫画の「日出処天子」に出てくる石上斎宮の物部布都姫を
ついつい連想してしまいそうです。

こんにちわ!
かつて伊勢神宮と並ぶ神宮だったというなんて凄いですね!
日本書紀にも出てくる程最古の神社の一つなんて、
本当に長い間護られているんですね。
近くではないですが、いつか一度は訪れてみたいです。
ありがとうございます。

Re: 由緒正しき神社ですね!

> ぬくぬく先生 さん

「日出処の天子」デラックス版で全巻持ってます(*´∀`)b

石上神宮もかつては伊勢神宮と同じく斎王がおられた神社でしたので、
漫画に出てくる物部氏の石上斎宮の物部布都姫はこの神社の斎王がモデルですね。

武器に関する御祭神が多くお祀りされているのは、
ここがヤマト政権の武器庫としての役割もあったようで、
軍事を司る氏族の物部氏が祭祀していたからのようです(o´ω`o)

Re: タイトルなし

> ネコシバ さん

こんにちはー♪

最古の神社というのは全国にいつくかありますけれど、
「神宮」といいますと伊勢と石上が最古のようです(o´ω`o)

伊勢神宮ほど広い神社ではありませんが、
落ち着いた雰囲気のよい感じの神社でした。

石上神宮の名所にはイチョウの大木もありますので、
秋頃に訪れるのをオススメしますわ☆


はじめまして

いつも「わにまろブログ」にお越しいただいているようで、ありがとうございます。一応、飼育係りの社長です。

以前、石上神宮には烏骨鶏まがいの鶏が沢山いたように思いますが、今も居るのでしょうか?尾長鶏もいたような・・・。鳴き声が長いヤツやったような気がします。

もう三十年以上も前のこと、会社員として勤務していた当時付き合っていた彼女が、この近くに住んでいましたので、度々、境内を散策したものです。懐かしい思い出です。

わにまろには内緒で伺いました。では、失礼します。

Re: はじめまして

> 浅田 純一さん

はじめまして~
コメントありがとうございます。

鳴き声の長い神鶏居ましたよ(o´ω`o)
池の辺に鳥小屋が3つほど設置してありまして、
尾長鳥や小鳥、そのほかの成鳥が十数匹ほど買われていました。

境内の道は広く紅葉する樹木も多いですし、
山之辺の道も通っていますから散策に良い感じですね♪

早速にお返事をいただきました

ありがとうございます。

最近、石上神宮は参拝していませんので、来月はわにまろを連れて伺おうかと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1582-527b3e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▼石上神宮-布留社や摂社など▼ «  | BLOG TOP |  » 令和二年の七草粥は、芹たっぷり。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示