◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-09

*山の辺の道を歩く02-峠の茶屋の『あわ餅』* - 2020.02.20 Thu

山之辺の道02-01

山の辺の道を歩く・その2っ!!ε=(ノ・∀・)ノ
前回の内山永久寺跡から歩いていきます。


山之辺の道02-02

「みかん一袋100円」(人*´∀`*)

山の辺の道にはこういった無人販売所が非常に多く設置してありまして、
そのバリエーションもいろいろあって楽しかったです♪

ちなみにこの古道沿いにはコンビニ・スーパーなど一切ありません(笑

山之辺の道02-05

この辺りはちょっとだけ山道っぽくなっていました。

かつての内山永久寺の規模と古地図からしますと、
この辺りはまだ境内って感じですね。

山之辺の道02-07

林道を抜け緩やかな坂を上っていったところの道端に歌碑があります。

「布留法樂卅首中月前鴈 月待て 嶺こへけりと 聞ままに あはれよふかき はつかりの聲 十市遠忠」
と戦国時代の武将・大和国龍王山城主の十市 遠忠が刻まれていました。

武勇に優れ、さらに三条西実隆の歌道に師事するほど文化面にも秀でた武将だったようです。

山之辺の道02-08

分岐点に出ました~

道のつながり的に右へ行きそうになりますが~

山之辺の道02-09

左が正解です(*´д`*)


山之辺の道02-10

ちょっとだけ遠景が見えました。

葛城山か金剛山かな?(o´ω`o)

山之辺の道02-11

変った組み方の石畳の道です。

山之辺の道02-12

なんとなく龍の背中の鱗のようですね( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )

結構角度のある道でしたので、
雨が降ったときは滑りそう……

山之辺の道02-13

石畳の道を降りたところです。

ここまで来てやっとかつての内山永久寺の敷地から出た感じで、
古地図からすると南門を出てところになるのかな?

山の辺の道は右手の道になります。

山之辺の道02-14

この左手の道は山の中に入っていくような感じになっていますが、
曲がり角を曲がってすぐの所に神社があります。


山之辺の道02-15


山之辺の道02-16山之辺の道02-17山之辺の道02-18山之辺の道02-19



奈良天理市園原町にある白山神社です。

御祭神は菊理姫命

奈良県で白山の名を持つ神社は多く22座あり、
天理市には杣之内庄町・吉田町・園原町・守目堂町4座があります。

由緒や創建などは不明ですが園原社とも呼ばれ、
本殿の裏に「奥の院跡」という石碑もあることから、
かつては内山永久寺の鎮守のひとつだったのかもしれません。


山之辺の道02-21

白山神社のあるところから少し歩いたところで、
峠道を抜けた感じになりました三(ง ˙˘˙ )ว


山之辺の道02-22

右手にお店つぽい建物とソフトクリームの看板が(꒪˙꒳˙꒪ )♪

道案内の地図の載っていた「峠の茶屋」というのはたぶんここです(笑


山之辺の道02-23

山之辺の道02-24山之辺の道02-25



ここは「天理観光農園」というところで、
みかん狩りや野外でBBQも出来、
カフェ「WAWA」が併設されています。

現代の茶屋(。・﹃・。)名物もあるそうなのでそれをいただきます☆

山之辺の道02-26

というわけで名物の「あわ餅」でっす♪
この日は天理ラーメンを食べようと思っていましたが、
お店が見つからなかったのでこれがお昼御飯になりました(笑

二種類の味から選べまして、
こちらは醤油味で香ばしく焼かれています。


山之辺の道02-27

「あわ餅」の名前の通り「粟(あわ)」を使って作ったお餅で、
粟のつぶつぶ感と餅のもちもち感があって美味しいです(*´艸`*)

昭和35年からずっと名物として変らぬ味であるそうです。



山之辺の道02-28

もちろん、もう一種類のきな粉もいただきましたよ(*´∀`)bこちらも美味しい♪

というかんじでエネルギー補給も完了しまして『山の辺の道を歩く・その三』につづきます。




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ





関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

あわ餅

古道沿いの歌碑や石畳はとても風情がありますし、こうしたすてきな光景を見ながらの古道散策は
歩くことの大変さはあるものの同時に楽しさもありそうだと思います。

峠の茶屋のあわ餅はきな粉がまぶされた方もおいしそうですけど、醤油で焼き上げたほうは
香ばしさがこちらにまで伝わってきそうです!
あわ餅のつぶつぶ感に魅了されそうですね~♪

天理ラーメンを今回は頂けなかったのは少し残念でしたけど、天理ラーメンは確か今現在もニュータッチの
凄麺シリーズとして今現在も販売されていますけど、
ピリ辛スープと具の白菜がとってもおいしかつたです。

Re: あわ餅

> ぬくぬく先生 さん

今回の古道ではこういった史跡や歌碑などのモニュメントが多くて、
さらに少し高い位置から眺める奈良の平地の景色がとても良く、
楽しく歩ける道でした♪

あわ餅のお醤油味のほうは表面がカリカリに焼かれていまして、
たまり醤油風の味付けで美味しかったですよ~( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )

そういえば各地の名物ラーメンのカップ麺いろいろ売ってますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1590-ccb75dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

*山の辺の道を歩く03-峠の茶屋から夜都伎神社まで* «  | BLOG TOP |  » *台湾カステラ的ななにか*

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示