◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2020-08

▼伊勢神宮ー風日祈宮▼ - 2020.07.06 Mon

伊勢神宮・風日祈宮01

伊勢神宮・風日祈宮02伊勢神宮・風日祈宮03伊勢神宮・風日祈宮04伊勢神宮・風日祈宮05


ナナモリ(楽3)s三重県伊勢市宇治館町にある内宮の境内別宮・風日祈宮(かざひのみのみや)です。

内宮神楽殿授与所の向い側の参道を進み、
五十鈴川支流である島路川に架かる風日祈宮橋を渡りますと、
右手に鎮座しています。


古くにはこの島路川が五十鈴川本流とされ、
そのことからこの橋を五十鈴川橋とも呼んだそうで、
この橋の南端の擬宝珠には、
「太神宮風宮 五十鈴川御橋明応七年戊午本願観阿弥 敬白」
と刻まれています。


伊勢神宮・風日祈宮08

伊勢神宮・風日祈宮06伊勢神宮・風日祈宮07伊勢神宮・風日祈宮09伊勢神宮・風日祈宮10


ナナモリ(笑)s御祭神は級長津彦命(しなつひこのみこと)級長戸辺命(しなとべのみこと)

風日祈宮の由緒は定かではありませんが、
804年(延暦23年)の『皇太神宮儀式帳』に「風神社」とあり、
当初はは現在の末社に相当する格であり、
現在の摂社以下の扱いでありました。

末社相当でありましたが御祭神が農耕に重要な風雨をもたらす神であったことから、
神嘗祭では懸税(かけちから、稲穂)が供えられるなど重視された社ではありました。


伊勢神宮・風日祈宮11伊勢神宮・風日祈宮12伊勢神宮・風日祈宮13伊勢神宮・風日祈宮14

ナナモリ(普b)s現在の別宮という格になったのは1281年(弘安4年)の元寇によるものです。

当時、朝廷より二条為氏大納言が勅使として神宮に派遣され、
日本に押し寄せた元軍に対し風神社と風社で祈祷を行なったそうで、
後に日本が勝利し元軍が退却した事を神風による勝利とし、
1293年(正応6年)に風神社と風社は別宮に昇格され、風日祈宮と風宮となりました。




伊勢神宮・風日祈宮15






○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ









関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

元寇

鎌倉時代の史実の元寇が現在の神社にも足跡を残しているものなのですね!

風神社と風社は別宮に昇格され、風日祈宮と風宮となったというのも神社サイドにとっては
「神風が吹いた」という感じなのかもしれないです。
神風は多分ですけど台風によるものだと推察されますけど、現代においても台風の被害は毎年深刻さを
増していますし、時代が変っても台風被害の甚大さは大変なのだと思います。
今年に関してはなんとか神風的ななにやら奇跡が起こり、この新型コロナウイルスが早いうちに終息
してほしいものです・・

Re: 元寇

ぬくぬく先生さん


神風で勝利となったのは、
そこまで力を合わせて船まで押し返した武士達の団結によるものだったように、
現在のこの状況もみんなで力を合わせて人事を尽くし、
収束を待たねばなりませんね٩( 'ω' )و


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1614-1ea83767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020年の七夕素麺はこんなかんじで~ «  | BLOG TOP |  » 今日より大暑の候、七月です。

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示