◎あちこち神社◎
FC2ブログ
topimage

2021-04

▼伊勢神宮-子安神社・大山衹神社▼ - 2020.08.19 Wed

子安神社・大山衹神社01

子安神社・大山衹神社02子安神社・大山衹神社03


ナナモリ(普b)s内宮の表参道からすこし離れまして、
所轄社の子安神社と大山衹神社へ向かいます。

御鎮座地は宇治橋を渡って来た所からそのまま直進し、
衛士見張所を過ぎたところに両社並んで鎮座しています。



子安神社・大山衹神社04

子安神社・大山衹神社05子安神社・大山衹神社06子安神社・大山衹神社07



ナナモリ(普b-01)s両社とも創建は不詳であり、
延喜式神名帳や延暦儀式帳に記載がないことから、
古代には存在しなかったと考えられています。

明治5年に教部省は両古書に記載のない神社を一律に神宮所管から外されたため、
子安神社も大山祇神社も神宮所管から離れていましたが、

宮司庁からの要請と大山祇神社の氏子の復帰を願いにより、
大山祇神社と子安神社は明治33年に内宮に編入されました。



子安神社・大山衹神社08

子安神社・大山衹神社09子安神社・大山衹神社10


ナナモリ(楽2)s伊勢神宮内宮の所轄社・子安神社です。

御祭神は木花開耶姫神(このはなさくやひめのかみ)
元々は宇治館町の産土神であったとされ、
安産を願い神前に小さな鳥居が奉納する慣わしとなっています。


ちなみに、この小さな鳥居は宇治浦田一丁目にある「俵田屋」で販売されています。


子安神社・大山衹神社12

子安神社・大山衹神社11子安神社・大山衹神社13子安神社・大山衹神社15子安神社・大山衹神社14


ナナモリ(喜)sこちらも内宮の所管社・大山祇神社(おおやまつみじんじゃ)です。

御祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)
旧称では「山神社」と呼ばれ、
かつては神宮式年遷宮の最初の祭儀である「山口祭」は、
この神社で催行されていたといわれています。


伊勢神宮では通常、摂社・末社・所管社には賽銭箱は置かれていませんが、
こちらの大山祇神社と子安神社には置かれています。



子安神社・大山衹神社17




○いつもポチッと投票ありがとうございます(o´ω`o)励みになります♪○

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ









関連記事
スポンサーサイト



● COMMENT ●

お賽銭箱

伊勢神宮では通常、摂社・末社・所管社には賽銭箱は置かれていませんが、
大山祇神社と子安神社には賽銭箱は設置されているというのはとても面白い話だと思います。
最近は新型コロナの三密回避ということで、あえてお賽銭箱や鈴を設置せず、混雑を少しでも緩和させる
神社があるという話を耳した時は「それでは来年の初詣の際にはどうなっているのだろう・・」と
感じたものです。
一方で神社のデジタル化?みたいな動きもあるようで、賽銭箱のかわりにスマホからの自動決済の読み取り機を
設置し、現金ではなくて電子マネーとして奉納してもらう神社を先日埼玉でも発見した際は
「ここまで来たか・・」と妙に感心したものでもありました。

Re: お賽銭箱

ぬくぬく先生さん

こちらの神社にだけお賽銭箱が置かれているのは、
明治の頃に一度伊勢神宮の所轄社から離れて三重県の所管に移行し、
地元の産土神として祀られたいたからかも知れませんね。

お賽銭を電子マネーで決済してしまいますと、
お賽銭を投げるという行動の意味合いが変ってくるような気がするのですけれど…
でもまぁそういうのも面白いかもですね(o´ω`o)



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/1622-852ad9cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダイソーのメスティンで自動炊飯してみました(꒪˙꒳˙꒪ )♪ «  | BLOG TOP |  » ▼伊勢神宮ー忌火屋殿・御酒殿・由貴御倉▼

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

カウンター

カテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

スポンサードリンク

RSSリンクの表示