◎あちこち神社◎
topimage

2017-10

▼椿岸神社▼ - 2011.11.13 Sun

椿岸神社01椿岸神社02椿岸神社03椿岸神社04


ナナモリ(楽2)s椿大神社本殿手前を右手に入ると椿大神社別宮・椿岸神社が見えてきます。

猿田彦大神の妻神・天之鈿女命が主祭神として祀られており、全国の天之鈿女命の総本宮になります。
椿岸神社縁起」によれば、この別宮を猿田彦大神を祀る本社「上椿社」に対し「下椿社」と称し、垂仁天皇の御代二十七年本社御創建と共に奉斎された延喜式内の古社です。

椿岸神社05椿岸神社06椿岸神社07椿岸神社08

ナナモリ(喜2)s御祭神は主祭神として天之鈿女命
相殿には太玉命天之児屋根命が奉られています。

主祭神の天之鈿女命は天の岩戸開きの神話の中で御活躍された神様として知られ、
鎮魂の神、芸道の神として、芸能を始め茶道、華道、書道と凡ゆる技招ぎの向上、また縁結び、夫婦円満の御守導、の霊験あらたかで古来より信仰されております。

椿岸神社09椿岸神社10椿岸神社11椿岸神社12


ナナモリ(楽2手2)s社殿横にある「かなえ滝」は、この奥にある金龍明神の滝からの流れで、清く柔らかく昔より万病に効く神水とされています。
 
また境内には「扇塚」もあり、古来より神を招ぎ奉るものとして、扇は芸道を志す方の心のよりどころとされ、古くなった扇を感謝の心を込めて、この塚に納めて常に新たな気分で芸の修行・稽古に励むことができるようにさらなる上達を願って参拝します。


椿岸神社13椿岸神社14椿岸神社15椿岸神社16

ナナモリ(笑)s当社には聖武天皇勅願による日本最古の獅子神御祈祷神事(獅子舞)が伝承され、神面は猿田彦大神、獅子頭は天之鈿女命の化身として、三年に一度各地を巡舞し奈良朝以来千三百年の伝統を今に伝えております。

また室町時代謡曲「鈿女」が当社に伝わり演能されておりましたが途中で途絶え、四百年ぶりに金剛流宗家によって神事能「鈿女」として復曲され、毎年春の例大祭に演能されています。

質素な猿田彦大神の本殿に対して、ここ椿岸神社は女神様の神社らしく華やかな雰囲気がいたします。

椿岸神社17椿岸神社18椿岸神社19椿岸神社20


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは~(*´∀`*)

万病に効く『かなえ滝』ですか!!Σ(゚д゚lll)
十七枚目のお写真でしょうか!!
か、蛙さんが、いっぱい!!゚(゚´Д`゚)゚素敵!!
でっかい、蛙さんを見に行きたいです!!
神社の雰囲気も、またまた、マイマイの好みですが…
三重県は遠いので、今回も、七森さんのブログで

行ったつもり、妄想!!《゚Д゚》カッ!!

No title

 こんばんわ。
 狛犬の表情がキリッとしていて素晴らしいですね。それを縦アングルで撮られるセンスもなかなかですな。一笑一笑・・。

Re: こんにちは~(*´∀`*)

> ぶるぶるマイマイ さん

そうです♪
17枚目の写真が「かなえ滝」です(´ー`)
この周囲には、ぐるりといろいろなカエルの置物が置いてありました~
なんとなくありがたいかんじです(笑

まいまいさんのために、もっと神社写真を充実させるでありますっ(`・ω・´)シャキーン(笑

Re: No title

>  サムライ銅像研究会さん

こんばんわ~☆

ありがとうございまっす♪
狛犬は縦でちょい下から撮ると、威張ってるかんじで撮れて良いですね(人*´∀`*)(笑


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanamorinomiya.blog.fc2.com/tb.php/249-0349c807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とある日々の~132 «  | BLOG TOP |  » とある日々の~131

プロフィール

七森

Author:七森
あちこち出かけた先で撮影した
神社の写真です。

あと日常の写真も少々~♪

なぜかちょっぴりお菓子のレシピも(*´Д`)

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

神社・お寺巡り ブログランキングへ blogram投票ボタン

カウンター

カテゴリー

○義援金・募金のお願い○

募金のご協力お願いします。

クリックで救える命がある。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

(・∀・)人(・∀・)

この人とブロともになる

ブロとも募集中でっす♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

RSSリンクの表示